リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

手のひら先生のトレーナーズセミナー

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。

このたび主にトレーナーの皆様を対象に、セミナーを開催いたします。

日本古来から伝わり、その技術が中々伝えられることがなかった「あんまの技術」が中心になります。

その上に「手のひら先生の高麗手指鍼」それを進化させたニードルキーパーを使った鍼灸技術をお教えいたします。

セミナー内容は「捻挫・肉離れ」治療です。これをマスターすれば、運動器疾患の治療は飛躍的に進歩するはずです。工夫次第で様々な形で応用が図れるのではないでしょうか。

セミナー内容

サッカーや野球で選手が捻挫や打撲をした時、トレーナーがコールドスプレーをかけて冷やしています。

私の尊敬する師は、「捻挫なら5分で元のプレーに戻させることが出来る」と仰っていました。「あんま」の技術ならそれが可能です。

捻挫なら腫れさせないことが予後を決定します。「あんま」の技術があればそれは可能なのです。

しかしそれは簡単に伝承されてはきませんでしたし、教えてはもらえない技術でした。

肉離れの治療はどうでしょうか。昔プロ野球の現役選手が来院されました。そのとき仰ったのが「トレーナーや医者に言えば、3週間安静にしていろ」と言われるだけだということでした。プロ選手の怪我は即収入や仕事の安定に関係します。切実な問題です。

一般人の障害とプロのものとは治療時間、回数は異なります。傷害の程度が異なるからです。しかし通常の場合は治療は1回です。重症でも3回程度で治療は終了します。

3日ほど安静にしてもらい、1週間後からリハビリに入ることが過去の例からは可能です。

患者がプロスポーツ選手なら、なおさらこの技術は求められるはずです。そこでメインにトレーナーの方たちを対象にセミナーを開催いたします。(もちろん興味をもたれた治療家もどうぞ)

捻挫・肉離れ治療」セミナー

第1回目 あんまの基本技術 捻挫の腫れをその場で止める技術。

第2回目 肉離れ鍼治療技術の修得。

第3回目 捻挫・肉離れの腫れを、ニードルキーパーを使ってその場で引かせる治療。

セミナーは3時間とします。短時間内での実技が中心となります。またほとんどが感覚を伝えるものなので、録音や撮影は禁止です。これはご本人のためです。集中して感覚を会得してください。おそらくこのことは、どこでも教えてはくれないはずです。ここで修得される「あんま・鍼・気の高め方」はあなた独自の技術であり、他との品質差別化も図れることとなるはずです。

第1回目と第2回目の間隔は、最低1ヶ月は空けます。自宅で自習することがあるからです。3回目については1ヶ月後を予定していますが、参加された方の希望で日にちを空けないで行なうことも可能です。

参加資格

鍼灸資格取得者(必須)

鍼灸資格は最低限必要です。ないとは思いますが、もし資格が無い場合はその場でお帰りいただきます。当然鍼灸学校生徒も参加はできません。その場合セミナー料金はお返しいたしません。ご注意ください。

セミナー料金

30万円 (1括払い)

支払い後の返却は事情の如何にかかわらずいたしません。ただし後日のセミナーへの変更は、双方の調整のうえ認める場合もあります。参加は熟慮の上お申し込みください。

なおセミナー内容の案内は作成しておりません。セミナー開催時のレジメ等はありますが、これは公開しません。

セミナー開催日・定員

2010年4月より随時開催とします。 3名以上5名程度まで。

参加ご希望の方は、メールでまず問合せください。プロのトレーナーの方たちですと、日曜日は忙しいと思います。そこで日程を調整します。

お申し込みの際ご希望の曜日をお知らせください。

参加申込必要事項

  1. お名前・ご住所
  2. 電話・ファクシミリ番号
  3. メールアドレス
  4. 取得資格
  5. お仕事の形態(仕事の内容、勤務先など。どのように仕事をされているか、セミナー内容に反映させたいので知りたいため)
  6. セミナー開催希望の曜日(なるべくご希望される順番に3つほどお知らせください)

仮申し込み連絡先

FAXでお申込みください。

なお電話での問合せ等はご遠慮ください。もしいただいてもお答えいたしかねます。

参加の決定のお知らせ

参加人数、日程が決定しましたら該当者にご連絡し、受講料振込後日時・会場等をご連絡いたします。

その他について

セミナーにはどのような方たちが参加されるかはわかりませんが、終了後是非交流会を開かれることをお勧めいたします。

セミナーは3時間で終了いたしますが、一期一会の言葉があるようにせっかくの出会いです。それもプロフェッショナルが参加されるはずですから、是非交流会を開くことをお勧めいたします。

そこから輸入物ではない、日本発オリジナルなメディカルトレニングが出来るのではないか。それを持ってすれば、日本人のメディカルトレーナーが、独自技術をもって外国で華々しく活躍する日も、近いのではないかと私は考えております。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ(リュウマチ)
シェーグレン症候群
全身性エリトマトーデス
自己免疫性肝炎
橋本病
アレルギー
アトピー性皮膚炎
アトピーと蕁麻疹の合併症
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛
脊椎すべり症
坐骨神経痛手術後遺症
慢性腰痛
ぎっくり腰
三叉神経痛
肋間神経痛
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)
目の病気
網膜色素変性症
眼底出血
飛蚊症
緑内障
網膜中心静脈閉塞症
糖尿病性網膜症
視神経萎縮症
角膜潰瘍
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎
加齢黄斑変性症
耳の病気
耳鳴り・難聴
耳鳴り
突発性難聴
メニエール病
がん・癌・ガン治療
ガン治療
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病 治療
進行性核上麻痺
骨折・捻挫・肉離れ
骨折
疲労性骨折
捻挫・肉離れ
循環器の病気
不整脈
高血圧
左室肥大
婦人病
子宮筋腫
不妊症
冷え性 治療
つわり(悪阻)
更年期障害
ウィルス性疾患
B型肝炎
C型肝炎
ヘルペス(帯状疱疹)
脊髄炎
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症 治療
遊走腎
腎臓疾患
血尿
痛風
呼吸器疾患
肺気腫
間質性肺炎
消化器疾患
クローン病
手術後の癒着 痛み
逆流性胃炎・逆流性食道炎
糖尿病
様々な神経症
線維筋痛症
舌痛症
ミオクローヌス
顔面痙攣
パニック障害・不安神経症
不眠症
麻痺
ベル麻痺
脳卒中(脳溢血・脳卒中・脳梗塞)後遺症
関節症
顎関節症
変形性膝関節症
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化症
四十肩・五十肩
手根管症候群
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯
各種症状
めまい
味覚障害
慢性疲労症候群
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気
042-365-9781