リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

「近視」の原因・病状・説明

日本人は近視が多いの世界的に有名でした。しかし余り知られていないのが、鍼で近視を治療できることです。もっともただツボを探して鍼を打てば、近視が簡単に治るわけではありません。

まず気の調整を行ってから、近視を調整するツボを刺激する事となります。それと同じくして色盲や色弱と従来から呼ばれている色覚異常も治療が出来ますが、このことはほとんど知れれていないか、または治療から忘れられてしまっている技術です。

もっとも最近ではメガネの価格が下がってきており、治療にかかる費用と時間を比べれば安い方をとるほうが自然かもしれません。

最近の鍼灸技術を習得する中で、まず気の調整が鍼灸師にとって難しい問題になっています。これを調整できないと、単に目の疾患に効くツボを探しても効果は出ません。

そして「秘伝」なるコツを教えてもらわないと、また効果が出ないのです。

いわゆる勉強会では公開される技術ではありません。それで一般化されてこなかったのでしょう。一部の方達に伝わっている技術です。それで患者さんたちも、ごく幸運に近視治療の出来る鍼灸師に他の疾患治療に行って、ついでに近視調整も受けると言うのが現状ではないでしょうか。

年齢に係わらず効果があがるのかというと、答えはイエスです。症例としては取っていないのですが、友人が免許書き換えと言う事だったので鍼をしました。良い方の目は0.3ぐらいはすぐ調整できました。

ただ仕事で負荷をかけると元には戻りませんが、0.1ぐらいは戻ってしまいます。40歳ぐらいから老眼鏡が要るようになるので、治療費と効果を考えても、30歳代前半までが治療の限界ではないでしょうか。

治療費

初診料 3,000円
個人専用鍼代 2,100円(治療10回毎にお支払いただきます)
治療費 7,000円
ニードルキーパー使用料 30,000円(初回のみのお支払です)
難病とされるリウマチ・ガン・眼底出血などの治療に使用します。

「近視」の治療・実績

(1)男性 中学生 アレルギー疾患で治療に来られたのですが、最近視力の低下も激しいと言うので、目の治療も同時におこなうことといたしました。受験勉強の時期で、中々治療は進まないところもありましたが一定の成果は出ました。人間は利き目というのがあるのをご存知と思います。左右どちらか一方の目が主になってものを見ています。もう片方は補助的に働き、左右差を使って距離感をつかんだりしているのです。この利き目のほうはどうしても使いすぎになって、視力は反対側より低い度数になっています。したがって治療が進んでも、回復度に左右差が生じることとなります。 初診 術前術後の順になります。(左)0.1→0.1 (右)0.5→1.2 これが成人になりますと(30歳ぐらいでも)、良い方は 0.3程度の視力は改善します。 2回目(左)0.1→0.2 (右)1.2→1.2 3回目(左)0.2→0.3 (右)1.2→1.2 4回目(左)0.2→0.2 (右)1.5→1.5 試験勉強をしたらしく、左目は視力が上がりませんでした。右は理由がつかない で改善しています。 6回目(左)0.5→0.7 (右)1.2→1.5 その後は勉学に忙しくなったため治療は断続しがちでした。結局治療は15回ほどでしたが、もし治療が集中して行えれば、個人差があるでしょうが、メガネは不用になったはずと考えています。個人差の中には、過去の目の疾患を意味します。

(2)30歳代 他の治療の間に近視治療も行うことにいたしました。 1回目 (左)0.1→0.1+ (右)0.1 →0.2 2回目 (左) (右)→0.2 3回目 (左) →0.3 (右) →0.2+ と変化しています。(02/07/08)

(3)男性20歳代 二十歳代前半の方。他の疾患で来られましたが、問診をすると色盲と言う事でした。そこでこの治療も行う事にいたしました。 初診 色覚異常検査表 医学博士 石原 忍 考案 株式会社 半田屋商店 を使って調べました。 これは1ページから10ページまであり、数字の25,2,.5,8,3,9,6,4と不明、58が様々な色の中に巧みに組み込まれています。 初回 すべての数字が判読不能。 2回目25が8に見えるようになった。 3回目8が8の形になった 5回目2が読めるようになりました。5は3にみえるようです。3も少しその形に見え始めました。 結局この後は断続的に治療が行われ、計8回で終わってしまった。他の疾患がそこで完治となったためです。 連続して治療が進めば、色覚異常は治ったはずです。色覚異常は治せる病気です。しかし治せない西洋医学が治らないと言ったため、それが世間の常識となっているのです。それと治そうと言う意識は、子供のうちに親が強く持っています。そのときに治療が出来れば、最善です。小学校四年生前に治療が終われば、この時期に行われる色覚検査で正常の判定となります。この後ですと、途中で変更するのが大変です。以前より状況が変化しているとはいえ、進学進路が狭められてくるのは否定できないところです。

(4)20歳代 体調優れず、午前中に突然眠くなると治療に見えました。これは1回目の治療でなくなり、第2回目から近視治療に切り替えました。IT技術者ですので、1日中目を酷使しています。 02/12/0702/12/21 第3回目 術前→術後 左 0.7 →0.7+0.8→1.0 (コンタクトレンズ使用) 02/12/27 0.5+→0.7+1.0+→1.2 03/01/11 今回は裸眼での検査です。左 0.1→0.10.1→0.1 今週はコンタクトの着脱を繰り返したため、治療による視力の回復は思わしくありませんでした。いま少し度の改善をしてから、コンタクトをはずしていきましょうと言うことになりました。メガネやコンタクトの着脱は目の疲れがは激しいので、避けたほうが無難です。 03/01/18 0.6→0.60.8 →0.9 03/02/010.5→0.7-0.9 → 1.2- 乱視があるので見難い印のものがあります。 02/02/08 0.5→0.9 0.9 →1.0 03/02/15 0.8→0.60.9→0.8 03/02/22  左0.7→0.70.8→1.2 03/03/15 左 0.9 右 0.5 03/03/220.9 →0.7 0.5 →1.0 このときから他の疾患に用いている新技術を適用。03/03/29 1.2→1.20.7→1.0 前回から比べ左目の視力が格段に上がりました。このところ視力が上がったのを実感されているそうです。 03/04/051.0→1.50.9→0.5~0.9 幅があるのは乱視があるので、読めるものと読めないものが判断しきれないためです。 03/04/12 1.2→0.81.00.9 今回は悪い方の右目を重点に治療を行いました。治療直後の視力の低下はありますが、その時々体調によるもので、2,3日のうちに目は回復します。このところ視力は良くなって来ており、見えるようになってきたと患者さんはおっしゃっています。頭部の目の周囲の筋肉の凝り、これがまだ硬いので今しばらく治療はかかりそうです。

(5)20歳代 パイロット志望の学生です。4月頃は、視力が就職試験の合否判定に、大変関係する方の問い合わせが多くあります。 04/04/20 今月末にペーパーテスト、次週は視力検査があります。現在は強めのコンタクトを装着しています。試験では度の弱いもので、1.0無いと合格しないそうです。左 1.0 →1.51.0 →1.5(2.0も4つのうち1つは読めます)。治療中から視力が上がったように感じていました。「1回でこんなに視力が上がるんですか」と昂奮して話されていました。私も上記の症例とは別の、新しい視点での治療方法を考えた結果でしたので、私自信も少々昂奮を覚えたことでした。 04/04/211.2(1.5は4つのうち3つは見えます) 2.0 1.2 →2.0 翌日と連続治療なのでさらに結果は良くなりました。 04/04/23 2.0 →2.01.0 →1.5(2.0も4つのうち2つは見えます) 試験前に度の弱いコンタクトを作るとのことでした。

(6)20歳代 この度はスチュワーデス(フライトアテンダント)志望の方です。裸眼で0.1が目標ですが、試験は1週間後です。 04/05/08 コンタクトレンズでの計測です。左 0.8→0.91.0→1.2 04/05/15 0.7→1.0(1部1.2まで) 右1.0→1.2 04/05/181.2→1.51.2→1.5 今回は日を置かずに治療したため、良い結果が出ました。もう1度治療予約があったのですが、風邪でキャンセルでした。

(7)色覚異常 30歳代(色弱) ほかの症状での治療中に、このホームページをご覧になり興味をもたれたので、平行して色覚異常の治療も行うことにいたしました。 04/11/15 初診 整理整頓がだめなため、検査表が見つからなかったので、術前術後の検査が出来ませんでした。 04/12/02 第4回目。検査表は石原忍医学博士考案のものを使います。25,2、5,8,3,9,6,4、*、58、*、*です。なお*は読めると異常を表す表です。今回は術前25,8,58 術後に9が判読できるようになりました。 04/12/08 術後です。25,8,3,9,58。04/12/18 術後です。25,8,3,9,58. 04/12/24 術後です。25,8,3,9,58、*、*。今回判読できないものを理解できました。それまでは数字に見えていました。なおこれは、前が尺取虫のような形、後者は+です。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室
シェーグレン症候群|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
全身性エリトマトーデス|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
自己免疫性肝炎 治療
橋本病|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
アレルギー
アトピー性皮膚炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室
アトピーと蕁麻疹の合併症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息 治療
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
脊椎すべり症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
三叉神経痛 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
肋間神経痛 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
目の病気
網膜色素変性症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
眼底出血 治療
飛蚊症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
緑内障 治療
網膜中心静脈閉塞症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療
角膜潰瘍 治療
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
加齢黄斑変性症 治療
耳の病気
耳鳴り・難聴 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
耳鳴り
突発性難聴 治療
メニエール病|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
がん・癌・ガン治療
がん治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室
進行性核上麻痺|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
骨折・捻挫・肉離れ
骨折|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
疲労性骨折治療法
捻挫肉離れ治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
循環器の病気
不整脈治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
高血圧|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
冷え性 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
つわり(悪阻)|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
C型肝炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
ヘルペス(帯状疱疹)治療法|シェーグレン症候群|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
脊髄炎 治療
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室 
遊走腎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
腎臓疾患 治療
血尿
痛風 治療
呼吸器疾患
肺気腫 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
間質性肺炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
消化器疾患
クローン病潰瘍性大腸炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室 
癒着が必ず良くなる治療方法|難病治療なら手のひら先生鍼灸治療
逆流性胃炎・逆流性食道炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療
舌痛症 治療
ミオクローヌス
顔面痙攣|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
パニック障害|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室
不眠症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
麻痺
ベル麻痺|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
脳卒中(脳溢血・脳梗塞)後遺症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
関節症
顎関節症治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
変形性膝関節症 治療
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化症(黄縦靭帯骨化症) 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
四十肩・五十肩 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
手根管症候群治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療
慢性疲労症候群 治療
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療
042-365-9781