リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

澤田健

略歴

  • 明治10年6月12日(1883年)河内の国(今の東大阪あたり)に生まれる。
  • 武道を学び整骨術を修めていた。
  • 韓国にわたり釜山で接骨院を開業した。
  • 韓国内で20数年研究を重ね、鍼灸院を開業した。この期間に韓国で何かを得た、または学んだところがあったようです。
  • 大正11年(1922年)帰国し東京にて開業した。その後関東大震災に合い、転居して小石川区雑司が谷に開業した。
  • 昭和13年4月26日没す。享年62歳。

以上は代田文誌著「沢田流聞書 鍼灸真髄」医道の日本社刊から抜粋したものです。

  • 読み聞きしたところでは、澤田健師はそれほど有名な治療家ではなかったがせ、名文家代田文誌師によって一気に世間に知られることになったようです。
  • 特に有名なところは鍼灸真髄69ページの、「リューマチス」の項である。しかし治療の真髄を書き漏らした、理解不足で最も重要な治療箇所を見落とした、敢えて重要箇所は書かなかった、ことにより後世の鍼灸師たちは小腸兪の灸に惑わされ続けているのです。
  • 何しろ澤田健師ご自身で残された物がないため、真の実力が推し量れないのは残念です。なんとか知りたいと20年以上前に調べたところ、「漢方の臨床」を購入した際付録として付いていた、確か「東方医学」に澤田健師の講演会の広告が載っていたと思います。いま手元にないので確認できないのですが、その後講演会の内容を記事にしたものもあったようですが、読む機会が出来ませんでした。
  • 代田文誌師が未熟なときに書き始めた、見学記は思わない程に澤田健の名声をあげ同時に自身の評価もあげたようです。
  • 名人の治療はもとより普通の鍼灸師でさえ、敢えて治療内容を事細かに聞かなければ、手元で何をしているかなぞ知る由もありません。
  • したがって澤田健師の頭の中にある、理論や治療技術、診断技術、整骨術を併用していたので、それらのことすべてを聞き書き漏らさないようにしなければ、真髄にはたどり着けないことになるはずです。
  • 代田文誌師の治療風景がネットで見られますが、刺針における弾入は人差し指のトンカチ刺鍼で、経絡治療家でないことが分かりました。
  • 最も経絡治療の本山とも言える、経絡学会の総帥だった故医師岡部素明が母校の文化祭で、喘息の実技を見せてくれましたが、その時も人差し指トンカチで刺入されていました。見たとき「あっ!トンカチと心の中で叫んでしまいました。
  • さて、澤田健師が朝鮮半島に20年以上滞在した時に、朝鮮国内をさまよったと書かれています。おそらくこの時に何かを知り掴んだものがあるのでしょう。
  • これは我が母校東洋鍼灸専門学校創立者柳家素霊が、朝鮮半島に渡って帰国したあと、経絡治療を標榜し弟子たちに研究させたのと、何か符号が合うような気がしています。
  • 日本では経絡治療は未だ未完成です。素霊師がヒントを得たのは、高麗手指鍼でも気の調整理論として使っている「舎岩五行鍼」ではないかと思います。
  • 日本や中国でも完成しなかったきの調整理論を、500年前の僧侶舎岩が完成させていたのです。
  • 素霊師は韓国の鍼灸師 ソン・ウゲの鍼灸書を、時代背景も顧みず評価していたことは、韓国にある理論治療も熟知していた証拠です。
  • 帰国して経絡治療の研究を指示したとき、何か様々な環境の成約が有り、自ら先頭を切って行わなかったのは、このような背景があったのではないかと、勝手に私は考えています。
  • 何はともあれ鍼灸真髄を読めば、博識であり内容を読めばすべてを自分の治療に取り入れられなくても、かなり参考になるはずです。
  • 項を改めて紹介する、深谷伊三郎師とは明治大正昭和の時代にそびえる、文豪鴎外漱石のような灸世界のに2大巨頭であることま間違いはありません。
膠原病 免疫疾患
関節リウマチ(リュウマチ)
シェーグレン症候群 治療
全身性エリトマトーデス 治療
自己免疫性肝炎 治療
橋本病 治療
アレルギー
アトピー性皮膚炎 治療
アトピーと蕁麻疹の合併症
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息 治療
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療
脊椎すべり症 治療
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰 治療
三叉神経痛 治療
肋間神経痛 治療
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)
目の病気
網膜色素変性症 治療
眼底出血 治療
飛蚊症 治療
緑内障 治療
網膜中心静脈閉塞症 治療
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療
角膜潰瘍 治療
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎
加齢黄斑変性症 治療
耳の病気
耳鳴り・難聴 治療
耳鳴り
突発性難聴 治療
メニエール病
がん・癌・ガン治療
がん治療
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病 治療
進行性核上麻痺
骨折・捻挫・肉離れ
骨折 治療
疲労性骨折 治療
捻挫・肉離れ治療
循環器の病気
不整脈 治療
高血圧 治療
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症
冷え性 治療
つわり(悪阻) 治療
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎
C型肝炎
ヘルペス(帯状疱疹)
脊髄炎 治療
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症 治療
遊走腎
腎臓疾患 治療
血尿
痛風 治療
呼吸器疾患
肺気腫 治療
間質性肺炎
消化器疾患
クローン病 潰瘍性大腸炎 治療
手術後の癒着 痛み
逆流性胃炎・逆流性食道炎
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療
舌痛症 治療
ミオクローヌス
顔面痙攣 治療
パニック障害・不安神経障害 治療
不眠症
麻痺
ベル麻痺
脳卒中(脳溢血・脳梗塞)後遺症 治療
関節症
顎関節症 治療
変形性膝関節症 治療
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化(黄縦靭帯骨化症) 治療
四十肩・五十肩 治療
手根管症候群 治療
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療
慢性疲労症候群 治療
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療
042-365-9781