リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

「ようこそ手のひら先生スタイル高麗手指鍼の左室肥大不整脈治療の世界へ!」

ここでは独自の研究で進化させた韓国の鍼「高麗手指鍼」を、手のひら先生スタイルとしてその効果をご紹介いたします。

高麗手指鍼自体が日本では珍しいことと思います。

手のひらだけで治療できる簡便さはありました。

また手のひらと脳が密接な関係であることを、ペンフィールド教授の研究から説明いたしました。ホムンクルスとして広く知られています。

この科学的な説明から伝統的な日本の鍼や中国鍼そのほかよりも、より高い効果を出せるのが高麗手指鍼である可能性を証明いたしました。

しかし現在までその効果は限定的でした。

韓国人金成万師が私の先生でした。先生はがん治療で有名でしたが、その治療方法は「気」を使う名人の技術でした。

私がここ10年間自らの脳溢血後遺症を治そうとして研究を深めた結果、世界の何処にもない高麗手指鍼の理論と技術を極めました。

世界中の鍼灸師でこれを理解できる方は、今のところほとんどいらっしゃらないでしょうが。

高麗手指鍼をなんとかして進化させ、自らの病気も完治させたいと研究してきました。

その突破口としてフランス人の開発した、耳鍼の理論に出会ったのです。

フランス人医師で耳鍼の創始者ポール・ノジェ博士の研究は、今までにない独創的な理論でした。しかし博士のディメンション理論は、それまでは誰も何を意味していたのか理解できませんでした。

もしかすると博士ご自身もディメンション(位相)の意味するところは、本当は理解していなかったかもしれません。

私は検証重ねることで位相とそのツボの真の意味をすべて読み解きました。

きっかけになったのは元東京芸術大学三木成夫教授の「生命形態学序説」に出会ったことでした。

その意味するところは次のことです。

人間の祖先は4億年前魚の時代でした、それが進化して鳥の時代になり、進化して人間になったということです。

それぞれの時代にそれぞれ進化した脳と臓器が出来て、それに対応するツボが出現しました。

それぞれの時代に作られ進化してきた脳と臓器、それを効果的に調整するにはディメンションを考え、効果的にツボの刺激をしなければなりません。しかし二千年前に作られた鍼灸のツボと理論は、それ以上には発展できませんでした。

それで現代の鍼灸の中心は、腰痛肩こり治療になっているのです。

なぜそうなっているかと言えば、進化していく過程で脳・免疫・臓器に対応するツボ、それは最初に現れたツボ(さかなの時代のツボ)の下に隠れることとなったからです。

このことを明らかにしたことで、それまでは治療不可能であった、免疫疾患・脳疾患・肺・子宮・心臓疾患の治療も可能になりました。

(博士はディメンション6まであるとご著書の中では書かれています。もしかすると進化の過程では6段階ぐらいの変化を、人間はしてきたかもしれません。しかし治療についてはこの3段階で十分です。ちなみに博士のご著書では、ディメンション3までのツボしか描かれていません)

これらのことが左室肥大不整脈治療で、十分に生かされ成果を上げられることとなったのです。

ではその効果と成果をご覧ください。

左室肥大原因・治療

脳溢血を4年弱前に起こし、幸いにも運動麻痺はなかったものの、痙縮がひどく苦しみました。それも自ら開発したサウンド・アキュパンクチャという、音で治すという画期的な方法で九割方快方に向かっています。そうなるといよいよリハビリを本格的に開始です。その前に健康診断を行ったところ、昔から指摘されている左室肥大が気になり始めました。

20数年前40歳になってから、働きながら鍼灸学校に通うことになりました。その時から無理をしたので、まず高血圧になりそれが心臓に影響し、ついに左室肥大になりました。心電図を撮ると必ずST波の異常を指摘されていました。

麻痺も治りそうですし、この際左室肥大の治療に掛かろうと思いました。幸い組織プレパラートを使い、心臓の右心房右心室左心房左心室と、四つの部屋に対応するツボも発見していますので、あとは気の調整をどのようにするかだけが問題となっています。

それではまずお医者さんで計測していただいた心電図、その次にここで購入したオムロン製携帯心電計、3M Littman聴診器、やる気満々の体勢を整えています。

7月10日 市の健康診断で検査した、心電図をコピーしていただきました。スキャナーしたあとの処理がうまくできないので、見にくいですがまずここから出発です。

自分の体は意外とわからないのが本音です。もうそろそろ脳溢血後遺症のリハビリを本格的にしても良いだろうと、7月下旬からサイクリングをはじめました。1週に1度と軽い負荷と思っていたのです。ところが8月に入ってバテバテとひどく疲れたのを境に、心電計で計測をし自分の心臓とまっすぐに向き合うことにしました。結構現実を知ることから逃げていたのですね。実際に見てみると心電図はギザギザの波形を示し、やはり疲れを感じていたときはP波の山もなくなり、S波の谷が大きくなっていました。如実に心臓が反応していたのでした。ここから真面目にかつ必死に心臓疾患の治療をはじめました。

1枚目は7月29日撮影。R波とR波の間に乱れが起こり、上がったり下がったりが見えます。

2枚目はサイクリングを始めて本当に疲れきってしまった8月6日の図です。見るのも恐ろしいくらい、R波の間に多く乱れが見えます。

2枚目を見て本格的に治療を始めて1ヶ月ほどの9月15日の図です。大きな山から谷になリますが、この谷の深さが戻ってきました。谷にならないのが正常ですがかなり戻ってきました。ます目盛で言うと、悪い時が25程だったのが15になりました。悪いなりに全体が同じ波形になりました。

R波とR波の間の波形がギザギザしていますが、以前ほど変化していません。このことでなんとなく体が揺れるような違和感がほとんどなくなりました。

心臓の部屋は4つあります。その各部屋に対応するつぼも4つあるのです。このツボの刺激調整だけでは、このような効果をもたらせません。自分で試しましたが、ツボ刺激で治るほど体は単純ではありませんでした。気の調整をすることで始めて効果が出るのです。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ(リュウマチ)
シェーグレン症候群 治療
全身性エリトマトーデス 治療
自己免疫性肝炎 治療
橋本病 治療
アレルギー
アトピー性皮膚炎 治療
アトピーと蕁麻疹の合併症
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息 治療
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療
脊椎すべり症 治療
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰 治療
三叉神経痛 治療
肋間神経痛 治療
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)
目の病気
網膜色素変性症 治療
眼底出血 治療
飛蚊症 治療
緑内障 治療
網膜中心静脈閉塞症 治療
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療
角膜潰瘍 治療
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎
加齢黄斑変性症 治療
耳の病気
耳鳴り・難聴 治療
耳鳴り
突発性難聴 治療
メニエール病
がん・癌・ガン治療
がん治療
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病 治療
進行性核上麻痺
骨折・捻挫・肉離れ
骨折 治療
疲労性骨折 治療
捻挫・肉離れ治療
循環器の病気
不整脈 治療
高血圧 治療
左室肥大不整脈 治療
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症
冷え性 治療
つわり(悪阻) 治療
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎
C型肝炎
ヘルペス(帯状疱疹)
脊髄炎 治療
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症 治療
遊走腎
腎臓疾患 治療
血尿
痛風 治療
呼吸器疾患
肺気腫 治療
間質性肺炎
消化器疾患
クローン病 潰瘍性大腸炎 治療
手術後の癒着 痛み
逆流性胃炎・逆流性食道炎
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療
舌痛症 治療
ミオクローヌス
顔面痙攣 治療
パニック障害・不安神経障害 治療
不眠症
麻痺
ベル麻痺
脳卒中(脳溢血・脳卒中・脳梗塞)後遺症 治療
関節症
顎関節症 治療
変形性膝関節症 治療
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化症 治療
四十肩・五十肩 治療
手根管症候群 治療
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療
慢性疲労症候群 治療
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療
042-365-9781