リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

リウマチ診断

最近リウマチの治療に、早期診断の重要性が注目されています。それは西洋医学だけでなく、東洋医学では昔から早期治療は行われた来ました。では現代ではどのような検査でリウマチと診断されるのでしょうか。

最近はリウマチにも早期発見さらに超早期発見と、早くから診断し治療を開始することで、リウマチの諸症状を重くさせないようになっています。リウマチの早期診断基準を以下に紹介いたします。

[Ⅰ]リウマチ診断基準 アメリカ・ヨーロッパリウマチ学会の新診断基準 従来の基準を2009年に改訂されました。

関節病変

  • 中・大関節に1つ以下の腫脹または疼痛関節あり 0点
  • 中・大関節に2~10個の腫脹または疼痛関節あり 1点
  • 小関節に1~3個の腫脹または疼痛関節あり 2点
  • 小関節に4~10個の腫脹または疼痛関節あり 3点
  • 少なくとも1つ以上の小関節領域に10個を超える腫脹または疼痛関節あり 5点

血清学的因子

  • RF、ACPAともに陰性 0点
  • RF、ACPAの少なくとも1つが陽性で低力価 2点
  • RF、ACPAの少なくとも1つが陽性で高力価 3点

滑膜炎持続期間

  • 6週未満 0点
  • 6週以上 1点

炎症マーカー

  • CRP、ESRともに正常 0点
  • CRP、ESRのいずれかが異常 1点

以上の点数の合計が6点以上であれば、リウマチと診断されることになります

(注) 1、RFとは血液検査で判明するリウマチ因子と呼ばれるものです。2、ACPAとは抗環状シトルリン化ペプチド抗体と呼ばれ、通常は抗CCP抗体と呼ばれます。80%の確率でリウマチの早期判定が出来るとされているようです。3、CRP 以前から使われている炎症度を測るものです。4、ESR これも以前から使われている、血沈と呼ばれる炎症度の判定に用いられます。これでどのような病気であると断定はできません。

血液検査による判定

ここでは代表的なリウマチ判定をする血液検査数値を説明いたします。なお正常範囲の数値などは、各検査機関で異なるため概算値として捉えるのが良いでしょう。数値の細かい判定は主治医に相談されてください。

  • RF リウマトイド因子と呼ばれるものです。これのみでリウマチと判定はできません。しかし慢性関節リウマチ患者からは、80%でこの数値が高くなります。免疫グロブリンに対する抗体です。手元ある本では、RAテスト 0~20IU/mlが正常範囲とされています。
  • 赤沈 赤血球沈降速度 血液中の中の赤血球と血漿が分離していくときの1時間後の測定値を計測します。正常値は男性、10mm/h 女性 15mm/h位下 なお中年以降は20mm/hまで正常とされます。異常が特定の疾患と結びつくことはないのですが、簡便なスクリーニングとして使われています。
  • CRP C-reactive protein の略。C反応性蛋白は組織破壊や炎症があるときに現れるタンパク質です。リウマチだけでなく炎症は起きるので、この値が高いからといってリウマチと診断することはありません。しかしこの値が高いと炎症性の痛みがますことも確かです。正常値は0.5以下になります。
  • 抗ガラクトース欠損IgG抗体 リウマチ患者の血清中のIgG糖鎖のガラクトースが、健常者に比べ顕著に欠損していることから、早期のリウマチ判定に用いられてきた。正常値は60AU/ml未満です。
  • 抗CCP抗体 抗シトルリン化ペプチドのこと。 リウマチ患者の関節滑膜に存在しており、血清中にはこれを抗原とする自己抗体が発生しています。高感度でリウマチと判定できる数値として用いられています。正常値 4.5U/mlになっています。

検査機器によるリウマチ診断

検査機器を使う場合は、骨や関節滑膜の状態でリウウマチの進行度を診断するために使われてきました。リウマチも従来よりもよりより早く治療開始の必要性が生じ、超早期診断の必要が生じています。そのための診断にも使われるようになりました。

  • レントゲン撮影 従来から使用されてきた、リウマチの関節や骨破壊の診断に用いられてきました。
  • MRIリウマチ診断で骨の診断には、レントゲンでの骨破壊が中心であるようですが、滑膜の診断にはMRIが優れているとのことです。
  • 超音波診断滑膜の炎症を診断するのに優れている機器です。NHKテレビ番組「ためしてガッテン」で紹介された、リウマチの超早期発見に役立つ機器としても紹介されたものです。リウマチ患者のQOLを落とさないためにも、より早く治療を開始することでリウマチの進行を抑えるということでした。

リウマチの治療は現在のところ、根本から治せる治療はありません。近年使われる生物製剤も様々な副作用があり、誰でもに使えるものではないようです。打開策として従来からの診断では後手に回ったいた治療を、さらに2段階ほど早くはじめるために基準や診断方法が改定されています。それが早期診断より早い超早期診断と呼ばれているものです。

手のひら先生スタイルの早期リウマチ診断

リウマチの診断は難しいもののようです。西洋医学ではハッキリとした基準に基づき、または基準に従わないと「リウマチ診断」は出来ません。
東洋医学ではこのような基準はありませんが、昔からの経験で「恐らくリウマチに属するものであろう」と診断し、治療を始めたのです。

リウマチと診断されるまで、かなりの期間を費すので症状はかなり進んでしまっている場合がほとんどでした。
その為最近では早期発見に務めるようになり、免疫抑制 抗リウマチ薬も早い段階から処方されて効果を出しているとも聞きます。

手のひら先生スタイルの診断では、3箇所の免疫診断点が設定されています。
その1箇所の研究が進み、ある器具を使うことによって、リウマチ診断ができるようになりました。

断って置かなければなりませんが、あくまでも診断権は医師もものなのです。

しかし早期にリウマチと診断し免疫調整の手法を施すことによって、症状の軽いうちに治癒していくことになります。
まだ実験段階と言った経過ですが、次の症例を掲載いたしましょう。

初期段階前の診断即治療例

和太鼓などを趣味にされていて、指関節が痛むと治療にこられました。
第2回目変化なく前回と同じ処方で治療を行いました。
第4回目今回は免疫診断点でリウマチ反応が有るか否かを見ました。するとなんと反応がでたのでした。そこで免疫調整を今回から行いました。初期の段階でしたのでニードルキーパーの使用はありませんでした。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ(リュウマチ)
シェーグレン症候群 治療
全身性エリトマトーデス 治療
自己免疫性肝炎 治療
橋本病 治療
アレルギー
アトピー性皮膚炎 治療
アトピーと蕁麻疹の合併症
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息 治療
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療
脊椎すべり症 治療
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰 治療
三叉神経痛 治療
肋間神経痛 治療
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)
目の病気
網膜色素変性症 治療
眼底出血 治療
飛蚊症 治療
緑内障 治療
網膜中心静脈閉塞症 治療
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療
角膜潰瘍 治療
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎
加齢黄斑変性症 治療
耳の病気
耳鳴り・難聴 治療
耳鳴り
突発性難聴 治療
メニエール病
がん・癌・ガン治療
がん治療
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病 治療
進行性核上麻痺
骨折・捻挫・肉離れ
骨折 治療
疲労性骨折 治療
捻挫・肉離れ治療
循環器の病気
不整脈 治療
高血圧 治療
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症
冷え性 治療
つわり(悪阻) 治療
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎
C型肝炎
ヘルペス(帯状疱疹)
脊髄炎 治療
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症 治療
遊走腎
腎臓疾患 治療
血尿
痛風 治療
呼吸器疾患
肺気腫 治療
間質性肺炎
消化器疾患
クローン病 潰瘍性大腸炎 治療
手術後の癒着 痛み
逆流性胃炎・逆流性食道炎
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療
舌痛症 治療
ミオクローヌス
顔面痙攣 治療
パニック障害・不安神経障害 治療
不眠症
麻痺
ベル麻痺
脳卒中(脳溢血・脳梗塞)後遺症 治療
関節症
顎関節症 治療
変形性膝関節症 治療
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化(黄縦靭帯骨化症) 治療
四十肩・五十肩 治療
手根管症候群 治療
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療
慢性疲労症候群 治療
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療
042-365-9781