リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

「ようこそ手のひら先生スタイル高麗手指鍼の糖尿病性網膜症治療の世界へ!」

ここでは独自の研究で進化させた韓国の鍼「高麗手指鍼」を、手のひら先生スタイルとしてその効果をご紹介いたします。

高麗手指鍼自体が日本では珍しいことと思います。

手のひらだけで治療できる簡便さはありました。

また手のひらと脳が密接な関係であることを、ペンフィールド教授の研究から説明いたしました。ホムンクルスとして広く知られています。

この科学的な説明から伝統的な日本の鍼や中国鍼そのほかよりも、より高い効果を出せるのが高麗手指鍼である可能性を証明いたしました。

しかし現在までその効果は限定的でした。

韓国人金成万師が私の先生でした。先生はがん治療で有名でしたが、その治療方法は「気」を使う名人の技術でした。

私がここ10年間自らの脳溢血後遺症を治そうとして研究を深めた結果、世界の何処にもない高麗手指鍼の理論と技術を極めました。

世界中の鍼灸師でこれを理解できる方は、今のところほとんどいらっしゃらないでしょうが。

高麗手指鍼をなんとかして進化させ、自らの病気も完治させたいと研究してきました。

その突破口としてフランス人の開発した、耳鍼の理論に出会ったのです。

フランス人医師で耳鍼の創始者ポール・ノジェ博士の研究は、今までにない独創的な理論でした。しかし博士のディメンション理論は、それまでは誰も何を意味していたのか理解できませんでした。

もしかすると博士ご自身もディメンション(位相)の意味するところは、本当は理解していなかったかもしれません。

私は検証重ねることで位相とそのツボの真の意味をすべて読み解きました。

きっかけになったのは元東京芸術大学三木成夫教授の「生命形態学序説」に出会ったことでした。

その意味するところは次のことです。

人間の祖先は4億年前魚の時代でした、それが進化して鳥の時代になり、進化して人間になったということです。

それぞれの時代にそれぞれ進化した脳と臓器が出来て、それに対応するツボが出現しました。

それぞれの時代に作られ進化してきた脳と臓器、それを効果的に調整するにはディメンションを考え、効果的にツボの刺激をしなければなりません。しかし二千年前に作られた鍼灸のツボと理論は、それ以上には発展できませんでした。

それで現代の鍼灸の中心は、腰痛肩こり治療になっているのです。

なぜそうなっているかと言えば、進化していく過程で脳・免疫・臓器に対応するツボ、それは最初に現れたツボ(さかなの時代のツボ)の下に隠れることとなったからです。

このことを明らかにしたことで、それまでは治療不可能であった、免疫疾患・脳疾患・肺・子宮・心臓疾患の治療も可能になりました。

(博士はディメンション6まであるとご著書の中では書かれています。もしかすると進化の過程では6段階ぐらいの変化を、人間はしてきたかもしれません。しかし治療についてはこの3段階で十分です。ちなみに博士のご著書では、ディメンション3までのツボしか描かれていません)

これらのことが糖尿病性網膜症治療で、十分に生かされ成果を上げられることとなったのです。

ではその効果と成果をご覧ください。

「糖尿病性網膜症」の原因・病状・治療

糖尿病で併発する合併症で患者の半数に発症し、進行すると失明という悲惨な結末になるのがこの疾患です。

糖尿病は痛みもないため患者さん自体が、ややもすると病気自体を軽くみているうちに、病状が進行して行くのです。往々にして気が付いた時は、かなり進行していることが多いのです。

治療は血管が増殖(新生)し、それがもろい血管であるため出血を伴います。

網膜症は進行度によって、次の3段階に分類されている。

第1段階 単純性糖尿病性網膜症(SDR) 毛細血管内が閉塞し瘤ができ、少量の出血が見られる段階。

第2段階 前増殖性糖尿病性網膜症(Pe-PDR) 斑状やシミ上の出血が、白斑や線状の出血が見られる。

第3段階 増殖性糖尿病性網膜症(PDR) ほとんどの血管が閉塞し酸素が送られなくなるので、特別なホルモン(生体活性物質)などが出て、その刺激で新生血管が出現する。

この血管は非常に出血しやすく壊れやすい特徴がある。この出血や増殖膜の成長が失明を招くことになる。

出血の初期では、眼球内のマクロファージが処理を受け持つが、進行が早いとそれも役割を果たせなくなる。

現在はこの治療にはレーザーで焼いて治す方法と、硝子体手術が取られています。しかし根本治療ではないため、やがては失明にいたってしまうのが現実です。

治療費

初診料 2,000円
個人専用鍼代 2,100円(治療10回毎にお支払いただきます)
治療費 6,000円
ニードルキーパー使用料 26,000円(初回のみのお支払です)
難病とされるリウマチ・ガン・眼底出血などの治療に使用します。

「糖尿病性網膜症」の治療・実績

症例1 女性

1998年8月 初診 インシュリン注射を行なっており、もとどおりになることは望めません。腎機能も低下しています。視力は約3メートル離れたところで、縦25ミリ、横45ミリのカレンダーの日にちが読めます。70センチメートル離れた私の顔が、ぼんやりと見えます。視力としては、0.2程度あるようです。角膜が傷害されやすく、コンタクトレンズを常時装着しているので、角度によってものは見ずらいようです。ただし片方の目は失明しています。 99/10/家ではベットでほぼ1日中寝ていたのですが、現在はその上に座っています。疲れなくなって来ました。 00/03/治療効果が出て、鍼を痛がるようになりました。病院での視力検査の結果もよいようです。顔色も良好です。常時装着していたコンタクトレンズを身体の状態が良いので、一時はずす事となりました。 00/4/コンタクト再び装着。この前後で患者さんの顔がふっくらして来ました。体調が良かったので、つい手元のお菓子を食べ過ぎてしまったようです。この後は不整脈も再び出始めました。 00/06/全体として光が感じられなくなってきました。 01/01/ 患者さんが「随分と通ってきたけれど、だんだん目が悪くなって周りが暗くなってきた。治療効果が出ないので、止めようと思う」私はそちらの判断でかまいませんと答えました。息子さんにこの事を話したところ「いえいえ治療効果はあります。病院ではとうに失明していても不思議はないのに、視力も変わらないのでお医者さんは、何でなのかと思っているようです。」と言う答えが返ってきました。 01/10/病院で測る視力は、以前と変わらないようです。しかし70センチ前の私の顔はぼんやりしているそうです。 ただびっくりしたのは、風呂場の鏡で自分の顔を見て「こんなおばあちゃん顔になってしまって」と息子さんに言ったそうです。私は思わず「エッ、自分の顔が見えるのですか?」現在63回目の治療が終了したところです

症例 2 60歳代

ヘモグロビンは1月検査時点、5.4です。 白内障のため水晶体は取っています。眼底出血あり。 05/01/12 初診血行障害度をトロンボキサンを資料として、 アプライドキネシオロジーテストを行うと、術後は400ngでした。治療は手指鍼、耳鍼、頭部のつぼの運用、で行いました。 05/01/24 第6回目トロンボキサン値は1ngとなり、正常と認められます。 05/01/26 体に痒みが出ました。全身に血液が回り始めたため、このような症状が出たようです。 05/02/02 第10回目手の黄色味が薄くなりました。術後顔が真っ赤になり、血流が相当改善したことが分かります。術後に2mほど離れたポスターを読んでもらいました。大きな漢字の半分ほどが見えるそうです。 05/02/05 耳鍼に少し工夫を加えました。 05/02/07 術後ポスターの漢字はすべてはっきり読めるようになりました。細かい絵柄はぼんやりと見える程度、文字はまだ見えません。

症例 3 TM

血糖値のコントロールは、厳格に保たれているそうです。 08/08/20 初診耳鍼も併用です。術後血行障害度をオーリングテスト試料、トロンボキサンB2を使って計測しました。1050ngと高い値でした。08/09/03術後のトロンボキサン値は500ngでした。 08/09/08術後のトロンボキサン値は、170ngと急速に回復しています。まだ出血の鬱陶しさはあります 08/09/12術後のトロンボキサン値は、45ngでした。マグレインを使いました。 08/09/16術後のトロンボキサン値は、6ngでした。日によって目の霞の状態は変化します。 08/09/20術後のトロンボキサン値は、2ngでした。オーリングテストで左目の周辺を検査、眉毛目の横でクローズ、目の下でややオープンでした。全体としては良くなっているが、目の奥が腫れているので、像が歪んで見える。 08/10/01 術後のトロンボキサン値は、1ngに下がりました。08/10/01 最近は全体が黒くなっていたのが消え、見えるところとと見えないところが、斑点のようになっている。今日はもやが掛かったようになっている。 08/10/06 膜が掛かったような感じはあるが、徐々に改善している実感があります 08/10/14 08/10/27 ヘモグロビンA1Cは 6.5です。すこしづつ改善しているようです。 08/11/07 耳鳴りがあるということでその治療も行ないました。 08/11/14 緩やかな歩みですが、徐々に出血は引いています。 08/11/22 順調に回復過程にあります

症例 4 HK

糖尿病と高血圧(最高血圧180)があり、眼底出血をしています。手術は3回行なわれたが、完治はしていません。 09/09/28 初診術後のトロンボキサン値は、1100ngでした。耳鍼、YNSA、頭皮鍼の併用です。09/10/03術後のトロンボキサン値は、430ngでした。 09/10/10術後のトロンボキサン値は、180ngでした。本日は長尾正人氏の、目に効くつぼを試してみました。 09/10/17術後のトロンボキサン値は、40ngでした。本日も長尾式を行ないました。血流は改善されて、あと少しになってきました。次回はこのところ工夫した方法が、効果を出しています。それを行なう予定です。09/10/31眼底出血は止まっています。本日はIP-S装置を使って治療をしました。目の治療効果は高いので、次回は成果が出るはずです。09/12/12治療間隔が開いたときに少々出血がありましたが、すぐ止まりました。回復力が出てきた様です。

症例 5 IJ

糖尿病が根底にあり、緑内障も併発しています。そのほか足や肩の症状も出ています。鍼なども試しましたが、今までは全く効果がありませんでした。 現在目の状態は、景色の色が失われています。光は見えていますが、極端にまぶしさを感じています。 09/09/25 初診術後のトロンボキサン値は、1070ngでした。耳鍼、YNSA、頭皮鍼などの併用です。 09/09/29術後のトロンボキサン値は、400ngでした。 09/10/02術後のトロンボキサン値は、110ngでした。 09/10/06術後のトロンボキサン値は、15ngでした。09/10/10術後のトロンボキサン値は、4ngでした。本日は長尾式を行ないました。 09/10/13術後のトロンボキサン値は、2ngでした。長尾式併用です。 09/10/16術後のトロンボキサン値は、2ngでした。長尾式併用です。 09/10/19術後のトロンボキサン値は、1ngでした。長尾式は当方の治療には合わないので、併用しません。本日はつぼの電気的な障害を取り除く方法を加えてみました。術後顔色が白から赤みを帯びてきたので、鏡を渡すと「顔がはっきり見えた」そうです。 09/10/23前回の治療後、その日一日状態は良かったそうです。 09/10/27先日の治療後は、半日ぐらいしか効果は持続しなかったそうです。本日は効果を持続させるよう、治療器具を施しました。09/10/30前回の治療後良いのが1日弱とのことです。ただし血行障害を伴う糖尿病であるのに、薄着であるのを注意しました。また身体を温めるためのいくつかの対処法をアドバイスしました。暑さを感じることがあっても、それは嘘の熱虚熱であって、根底は血流障害である。そこを注意しないと病気を治せません。IP-Sと名付けたこの方法は、ほかでも効果が出ているので、あとは患者の注意と努力です。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ(リュウマチ)
シェーグレン症候群 治療
全身性エリトマトーデス 治療
自己免疫性肝炎 治療
橋本病 治療
アレルギー
アトピー性皮膚炎 治療
アトピーと蕁麻疹の合併症
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息 治療
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療
脊椎すべり症 治療
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰 治療
三叉神経痛 治療
肋間神経痛 治療
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)
目の病気
網膜色素変性症 治療
眼底出血 治療
飛蚊症 治療
緑内障 治療
網膜中心静脈閉塞症 治療
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療
角膜潰瘍 治療
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎
加齢黄斑変性症 治療
耳の病気
耳鳴り・難聴 治療
耳鳴り
突発性難聴 治療
メニエール病
がん・癌・ガン治療
がん治療
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病 治療
進行性核上麻痺
骨折・捻挫・肉離れ
骨折 治療
疲労性骨折 治療
捻挫・肉離れ治療
循環器の病気
不整脈 治療
高血圧 治療
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症
冷え性 治療
つわり(悪阻) 治療
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎
C型肝炎
ヘルペス(帯状疱疹)
脊髄炎 治療
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症 治療
遊走腎
腎臓疾患 治療
血尿
痛風 治療
呼吸器疾患
肺気腫 治療
間質性肺炎
消化器疾患
クローン病 潰瘍性大腸炎 治療
手術後の癒着 痛み
逆流性胃炎・逆流性食道炎
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療
舌痛症 治療
ミオクローヌス
顔面痙攣 治療
パニック障害・不安神経障害 治療
不眠症
麻痺
ベル麻痺
脳卒中(脳溢血・脳梗塞)後遺症 治療
関節症
顎関節症 治療
変形性膝関節症 治療
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化(黄縦靭帯骨化症) 治療
四十肩・五十肩 治療
手根管症候群 治療
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療
慢性疲労症候群 治療
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療
042-365-9781