リハビリしようぜ|東洋医学 手のひら先生のリウマチ相談室

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

脳卒中後のリハビリを考えましょう

10年以上前に脳溢血で入院しました。2019年は脳梗塞で入院しました。脳梗塞はすぐ病院で手当てをしてもらったので、後遺症もなく退院できました。ただそれまでの身体が正常でなかったのか、1,2週間で退院できるはずが6週間と長期入院になりました。退院後気が付くと、脳溢血の後遺症で回復していたはずのものが出てきたことです。左手の痺れ 足の筋力の衰えなどです。
 自分のことはなかなか気が付かないもので、この症状はなぜ起きるのかは自分で原因を探らなければなりません。その中で筋肉の衰えを回復するものもあります。

この10年以上と現に行っているリハビリ運動ほかを、行動しながらどれが自分に有っているのかをお見せしながら、考えてゆきましょう。

川平式促通反復療法

鹿児島大学川平和美教授の促通法です。入院してすぐ気が付いたのが複視でした。1メーター前は問題がないのですが、それ以上になると物が二重に見えるのです。
我々の視覚は左右の目で光を取り込み、脳の視覚野に信号を送り左右の情報を合体させて認識するのです。左目の動きが右と連動しないので、一直線は途中から2本に分かれて見えるのです。病院では脳神経外科としては評判のところですが、リハビリは理学療法士が担当するので、複視のリハビリは全く行われませんでした。

退院してからネットで検索し本を取り寄せてから毎日自分でリハビリを行いました。3か月ぐらいだったでしょうか、何とか日常生活に支障がない程度に回復しました。
理論的で納得できるものでしたので、辛くきついリハビリもかなせたのです。

その後「奇跡のリハビり法」のような紹介をNHK番組で取り上げられました。確かに今までのリハビリテーションとは効果の出方が違うようです。しかし何でも治せるわけではなく、ご自身も仰っていますが、まったく動かない手足を動かすことは出来ないようです。

しかしほんの少しでも動かせるなら根気よく試す価値のあるリハビリ療法でしょう。

きくち体操と胴体力

紹介するのは、きくち体操 と胴体力です。一見異質なものと見えますが、どちらもリハビリから考えると、自分のペースで出来るお勧めのリハビリ体操と考えます。さらにきくち体操の優れているところは、呼吸や脳との関係を意識しながら体操を行うことです。胴体力も呼吸は重要な要素になっています。

スロートレーニング

東大石井直方教授の進める、ゆっくり行うスクワットなどを基本とする方法です。そのほかスローとつくものに、スロージョギングがありますが、ゆっくりした動作にもかかわらず、実は負荷が掛かっておりまさにリハビリ運動には最適と考えています。

日本の古武道をとりいれる

古武道そのものもそうですが、古武道を解析し研究されている、甲野善紀親子の方法をお勧めいたします。古くて新しいがピッタリな、甲野式の動作がリハビリにはうってつけではないでしょうか。立つと

出版しました

以下の図書は「手のひら先生スタイルの高麗手指鍼療法」がどのようにして生まれたのかを書いたものです。
他の鍼灸書のようにこのツボを使えば治るというような本ではありません。手のひらのツボのことや治療法については
「高麗手指鍼講座」柳泰佑著 たにぐち書店 刊 日本語訳がありますのでご覧ください。鍼灸は見たり読んだりしても身につくものではありません。

手のひら先生の高麗手指鍼療法 - 和正, 長谷川
手のひら先生の高麗手指鍼療法 – 和正, 長谷川

手のひら先生の治療日誌

Seesaa ブログ「手のひら先生の治療日誌」としてリハビリの紹介をしています。詳しくはそちらをご覧いただけたら幸いです。

脳卒中後のリハビリを考えましょう

10年以上前に脳溢血で入院しました。2019年は脳梗塞で入院しました。脳梗塞はすぐ病院で手当てをしてもらったので、後遺症もなく退院できました。ただそれまでの身体が正常でなかったのか、1,2週間で退院できるはずが6週間と長期入院になりました。退院後気が付くと、脳溢血の後遺症で回復していたはずのものが出てきたことです。左手の痺れ 足の筋力の衰えなどです。
 自分のことはなかなか気が付かないもので、この症状はなぜ起きるのかは自分で原因を探らなければなりません。その中で筋肉の衰えを回復するものもあります。

この10年以上と現に行っているリハビリ運動ほかを、行動しながらどれが自分に有っているのかをお見せしながら、考えてゆきましょう。

川平式促通反復療法

鹿児島大学川平和美教授の促通法です。入院してすぐ気が付いたのが複視でした。1メーター前は問題がないのですが、それ以上になると物が二重に見えるのです。
我々の視覚は左右の目で光を取り込み、脳の視覚野に信号を送り左右の情報を合体させて認識するのです。左目の動きが右と連動しないので、一直線は途中から2本に分かれて見えるのです。病院では脳神経外科としては評判のところですが、リハビリは理学療法士が担当するので、複視のリハビリは全く行われませんでした。

退院してからネットで検索し本を取り寄せてから毎日自分でリハビリを行いました。3か月ぐらいだったでしょうか、何とか日常生活に支障がない程度に回復しました。
理論的で納得できるものでしたので、辛くきついリハビリもかなせたのです。

その後「奇跡のリハビり法」のような紹介をNHK番組で取り上げられました。確かに今までのリハビリテーションとは効果の出方が違うようです。しかし何でも治せるわけではなく、ご自身も仰っていますが、まったく動かない手足を動かすことは出来ないようです。

しかしほんの少しでも動かせるなら根気よく試す価値のあるリハビリ療法でしょう。

きくち体操と胴体力

紹介するのは、きくち体操 と胴体力です。一見異質なものと見えますが、どちらもリハビリから考えると、自分のペースで出来るお勧めのリハビリ体操と考えます。さらにきくち体操の優れているところは、呼吸や脳との関係を意識しながら体操を行うことです。胴体力も呼吸は重要な要素になっています。

スロートレーニング

東大石井直方教授の進める、ゆっくり行うスクワットなどを基本とする方法です。そのほかスローとつくものに、スロージョギングがありますが、ゆっくりした動作にもかかわらず、実は負荷が掛かっておりまさにリハビリ運動には最適と考えています。

日本の古武道をとりいれる

古武道そのものもそうですが、古武道を解析し研究されている、甲野善紀親子の方法をお勧めいたします。古くて新しいがピッタリな、甲野式の動作がリハビリにはうってつけではないでしょうか。
1、立ちあがって歩き始めると不安定でしたが、かかとに意識を集中したら安定し始めました。(06/may/2020)

ヨーガに学ぼう

過去にカルチャーセンターでヨーガをほんのちょっとかじったことがありました。なんでもかじりかけで終わってしまうのが何でしたが。この度のリハビリを考えることで手元にある本から、「手のカタチで、身体が変わる!」を読み始めました。ヨガ秘法”ムドラ”の不思議 類家俊明 著 BAB JAPAN 刊 を読み始めました。
早速今朝左薬指がつりました。そこで右手のひらを動かすと、つった指が緩んでいくのを目の当たりにしました。ヨーガおそるべし!これからリハビリの観点から読み解いていきます。(02/may/2020)
1、ムドラートは(手のカタチ)

出版しました

以下の図書は「手のひら先生スタイルの高麗手指鍼療法」がどのようにして生まれたのかを書いたものです。
他の鍼灸書のようにこのツボを使えば治るというような本ではありません。手のひらのツボのことや治療法については
「高麗手指鍼講座」柳泰佑著 たにぐち書店 刊 日本語訳がありますのでご覧ください。鍼灸は見たり読んだりしても身につくものではありません。

手のひら先生の高麗手指鍼療法 - 和正, 長谷川
手のひら先生の高麗手指鍼療法 – 和正, 長谷川

手のひら先生の治療日誌

Seesaa ブログ「手のひら先生の治療日誌」としてリハビリの紹介をしています。詳しくはそちらをご覧いただけたら幸いです。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ治療|東洋医学、手のひら先生のリウマチ相談室
シェーグレン症候群治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
全身性エリトマトーデス|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
自己免疫性肝炎 治療
橋本病|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
アレルギー
アトピー性皮膚炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室
アトピーと蕁麻疹の合併症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
喘息 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
花粉症|東洋医学、手のひら先生のリウマチ相談室
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
脊椎がずれて神経を圧迫し痛みが起こる脊椎すべり症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
三叉神経痛 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
肋間神経痛 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
目の病気
網膜色素変性症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
眼底出血 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
飛蚊症治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
緑内障 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
網膜中心静脈閉塞症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
角膜潰瘍 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
近視治すなら|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
ぶどう膜炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
アレルギー性結膜炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
加齢黄斑変性症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
耳の病気
耳鳴り・難聴 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
耳鳴り|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
突発性難聴 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
メニエール病|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
がん・癌・ガン治療
末期がん鍼治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
リンパ浮腫|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
神経性難病
パーキンソン病治療|東洋医学、手のひら先生のリウマチ相談室
進行性核上麻痺|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
骨折・捻挫・肉離れ
骨折後療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
疲労性骨折治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
捻挫肉離れ治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
循環器の病気
不整脈治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
高血圧治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
婦人病
子宮筋腫 治療|東洋医学 手のひら先生のリウマチ相談室
不妊症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
冷え性 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
つわり(悪阻)|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
更年期障害 治療|東洋医学 手のひら先生のリウマチ相談室
ウィルス性疾患
B型肝炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
C型肝炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
ヘルペス(帯状疱疹)治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
脊髄炎 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
微熱
インフルエンザ|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
泌尿器疾患
前立腺肥大症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室 
遊走腎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
腎臓疾患 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談
血尿
痛風 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
呼吸器疾患
東洋医学の肺気腫治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
東洋医学の間質性肺炎治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
消化器疾患
クローン病(潰瘍性大腸炎)治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室 
腸の癒着治療|東洋医学、手のひら先生のリウマチ相談室
逆流性胃炎・逆流性食道炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
舌痛症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談
ミオクローヌス
顔面痙攣|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
不安神経症治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室
不眠症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
麻痺
ベル麻痺|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
 脳卒中(脳溢血・脳梗塞)後遺症治療法|東洋医学、手のひら先生のリウマチ相談室
関節症
顎関節症治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
変形性膝関節症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化症(黄縦靭帯骨化症) 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
四十肩・五十肩 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
手根管症候群治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
慢性疲労症候群 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
寝違い|東洋医学 手のひら先生のリウマチ相談室
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
042-365-9781