鍼灸師のための気の修行|鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

鍼灸師もあんま師も気を使って病気を治している

鍼灸師が病気を治すには気(功)を習わなければなりません。

鍼灸師もあんま師も気を使って病気を治しているのですが、学校では気を教えてもらえません。卒業後自分で学ぼうとしてもどれを学べばよいのか判断できません。ここで紹介しているものは私が習ってきた気の修行です。簡単にならえますし習えば必ず結果が伴うものです。

弟子入りが難しい鍼灸師の卵でも、習えば必ず成果が得られるはずです。

紀元前に書かれた東洋医学の源典「黄帝内経素問霊枢経十八巻」に書かれているのは気のことです。
どこのツボに鍼を刺すことも重要ですが、最も重要なのが治療家がだす「気」です。

病気を治せる治療家が言うのはこの気の重要性です。しかし気は見えないこともあって、患者さんはもちろん鍼灸学校生でも分からないでしょう。

鍼灸学校生2年せいぐらいから気に目覚めてくると、気のを身に着けるにはどのようにしたら良いのかを考え始めます。

その最初が「弟子入り」をすることなのです。

 弟子入りとは

弟子入りとは先生について一定の期間学ぶ制度です。むかしなら住み込みや従業員として働くことを指すのでしょうが、今は1週間に一度通って先生の無報酬でお手伝いをしながら、弟子にしてよいと許可を得ると2年ぐらいの間様々なことを見聞き習うことが出来ます。

これが一般の弟子入りへの知識だと思いますが、私が発見したのは「弟子入りとは期間中に先生の持つ治療家の気を譲り受けること」だという事です。

先生に治療してもらった時は良かったのに従業員の方の時は良くなかったと聞くことがあります。ベテランの従業員なら先生の使うツボ治療方法と大きく変わることはありません。どこが違うのでしょうか?

そう!使う気が違うからです。

弟子入りは「達人になる早道」「名人になる早道」と言われるのはなぜでしょうか?卒業した人たちが病気を治せるようになるからです。

気というのは実に治療の重要部分なのですが、未だ気とは何かと言う決定的な答えがないので、様々な方法様々な理論説明があるのです。

しかし言えることは、治せる治療家が言うのは「私は気を使えるから」です。

韓国人の金成万先生は「私が癌を治療できるのは1本1本きを込めて刺すからだ」とおしゃっていました。また漢方医学部で教えいらっしゃるやはり金講師も「若い頃は1日患者を200人診ていました。それは私が気を使えたからです」とお二人とも気を強調されていました。

わが師金成万先生は実は韓国では気を使っていたことはなかったそうです。野村克也監督に招かれて来日してから、日本のどこかで気を身に着けたようなのです。先生が不慮の事故で亡くなってしまった後は聞く術がありませんので謎となっています。

鍼治療もあんまも気が重要であることを理解するまで

何も知らずに入学した私でしたが、幸いなことに昭和の鍼灸界を牽引したお一人の、柳谷素霊師の学校であったため時に触れて気の重要性を説かれました。

気功を学ぶ

気について何かという本を何冊も読みました。神田神保町の本屋に通い気に関する本を置いてある本屋を何軒も回りました。その頃目にした中国人気功師が後に裁判沙汰になっていたこともありました。

何とかしてとうとうたどり着いたのが鳥居隆篤先生の気功教室でした。先生は武道家として知られた存在でしたが私は全く知りませんでした。幸いだったのは気功のブームが起こり、武道の中から気功だけを教えることを先生が始めたことでした。

先生は「埼玉県大宮市にある八光流と言う古武道で修行をされ、当時四天王のお一人と呼ばれた達人だったそうです。その方に最初から気を学ぶことが出来た幸運に出会えたのです。

毎週の授業と訓練のお蔭で3か月後にオーラを見ることが出来るようになり、鍼灸師が手元で何をやって言うのか分かってしまいました。

鍼灸師はこんなことやっているのかという事です。患者の身体に気を送りこんでいるのです。

この体験を通し私は鍼灸を10年学んだぐらい進歩したと思いました。

先生のところで学んでよかったことは、鳥居先生が母校の先輩であったことです。気功師武道家のほかに治療家の気を備えた方から指導されていたのです。

単なる気功を学んでいたのではなかったのです。

レイキ体験

卒業後もっと気に関するものを学びたいと探していた中で、三井美意子?さんの「レイキ」の書籍に出会い学ぶことになりました。

彼女のセミナーではセカンドと言われるレベルまでしか体験できませんでしたが、そこで出会った方からレイキマラソン参加することになり、後にレイキマスターの受講も出来ました。

ですから現在では自身で霊気治療も行い、霊授またはイニシエーションと言う人に気を出させることが出来るティーチャーの資格も持っています。

直伝霊気との出会い

さらに気について学びたいと願っていた時、ネットで知り合った方から「直伝霊気」という日本で生まれ消えてしまったと思われていた霊気が出てきたことを教えていただきました。それが「直伝霊気」でした。

直ぐ電話をかけ京都のセミナー参加を決めました。
その時電話に出た方が山口千代子さんでした。直伝霊気セミナー主催されている山口忠夫さんおお母さんでした。

消えてしまったと思われていた臼井霊気療法を伝えていた方でした。東京からくるという事で特別にセミナー参加を許可していただいたのですが、1か月後に参加した時に亡くなられていたと聞いた時は本当に残念でした。

直伝霊気は逆輸入のレイキとは違い、とてもシンプルで日本人には理解しやすいものでした。
シンプルアンドパワフルと表現できる物でした。

ここでの収穫は遠隔と呼ばれる、遠隔地にいても気を送れる技でした。

過去に2回使いました。1度は東京から九州まで送り、腸の癒着に効果がありました。一度は東京ですが、手術後の回復に効果が出ました。

気と手のひら先生の高麗手指鍼療法との融合

2019年に「手のひら先生の高麗手指鍼療法」を出版いたしました。

この中では人間が進化してきた記憶が手のひらの記憶として刻まれており、その記憶がツボに残されていることを発見いたしました。そのツボを使い気を送りこむことで今までは効果が出しにくかった、治せなかった病気にも効果が出せることになりました。

「手のひら先生の高麗手指鍼療法」

本を見て治療ができるというマニュアル本ではありません。人間の進化とともに様々なツボが現れ、今まで治療困難な病気にも対応できることを説明しております。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ治療|韓国鍼 必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
シェーグレン症候群治療|東洋医学、鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
全身性エリトマトーデス治療|東洋医学 鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
自己免疫性肝炎 治療
橋本病治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
アレルギー
アトピー性皮膚炎|東洋医学 鍼治療なら必ず良くなる手のひら先のリウマチ相談室
アトピーと蕁麻疹の合併症|東洋医学、鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
喘息治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
花粉症|東洋医学、手のひら先生のリウマチ相談室
様々な神経痛
坐骨神経痛治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
脊椎がずれて神経を圧迫し痛みが起こる脊椎すべり症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰治療法|東洋医学 鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
三叉神経痛 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
肋間神経痛 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
目の病気
網膜色素変性症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
眼底出血治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
飛蚊症治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
緑内障治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ相談室
網膜中心静脈閉塞症治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
角膜潰瘍 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
近視治すなら|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
ぶどう膜炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
アレルギー性結膜炎|東洋医学、鍼治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
黄斑変性症治療|韓国鍼 良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
耳の病気
耳鳴り|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
耳鳴り|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
突発性難聴 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
メニエール病|東洋医学 鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
がん・癌・ガン治療
がんの鍼治療|鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
リンパ浮腫|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
神経性難病
パーキンソン病治療|東洋医学、鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
進行性核上麻痺|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
骨折・捻挫・肉離れ
骨折後療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
疲労性骨折治療法|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
捻挫肉離れ治療|東洋医学 鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
循環器の病気
不整脈治療法|東洋医学 鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
高血圧治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
婦人病
子宮筋腫治療|東洋医学、鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
不妊症治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
冷え性治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
つわり(悪阻)|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
更年期障害治療|東洋医学、鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
ウィルス性疾患
B型肝炎|東洋医学、鍼治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
C型肝炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
ヘルペス(帯状疱疹)治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
脊髄炎治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
微熱
インフルエンザ|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
泌尿器疾患
前立腺肥大症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室 
遊走腎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
腎臓疾患 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談
血尿
痛風治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
呼吸器疾患
肺気腫治療|東洋医学 鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
間質性肺炎治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
消化器疾患
クローン病(潰瘍性大腸炎)治療|東洋医学 鍼治療なら必ず良くなる手のひら先のリウマチ相談室 
手術後の腸癒着の痛み|鍼治療で良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
逆流性胃炎・逆流性食道炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
糖尿病治療|東洋医学、鍼治療なら手のひら先生のリウマチ相談室
様々な神経症
線維筋痛症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
舌痛症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談
ミオクローヌス
顔面痙攣|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
不安神経症治療|東洋医学 鍼治療なら必ず良くなる手のひら先のリウマチ相談室
不眠症治療|東洋医学 鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
麻痺
ベル麻痺|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
脳卒中(脳溢血・脳梗塞)後遺症治療法|東洋医学、鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
関節症
顎関節症治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
変形性膝関節症治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化症(黄縦靭帯骨化症) 治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
四十肩・五十肩 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
手根管症候群治療|東洋医学 鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
肩の痛み
脊柱側弯症治療|東洋医学 鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
各種症状
めまい
味覚障害治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ相談室
慢性疲労症候群治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
寝違い治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
042-365-9781