黄斑変性症治療|韓国鍼 良くなる手のひら先生のリウマチ相談室

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

手のひら先生の加齢黄斑変性症治療


手のひら先生の高麗手指鍼療法の黄斑変性症治療は、目の難病にも効果が出ます。

いままで手のひら先生は目の治療法を研究する時間がありませんでした。
関節リウマチやパーキンソン病の方が大きな問題でした。

「手のひら先生の高麗手指鍼治療法」を出版し、理論も治療法も完成したところで自分の左目が像の歪みを感じるようになりました。

眼底写真を撮ると網膜が周囲より少し濃いところがありました。医師が「ここに少し問題が生じているので、線が歪んで見えるのです」と説明されました。

12年前に脳溢血を発症し順調に回復していました。飛蚊症が時々出るものの、温灸で対処出来ていました。それが1昨年の2019年に脳梗塞を発症しました。後遺症はなかったのですが、脳溢血の後遺症も影響しているのか、体温差が1度近く左右でありました。

それが大きく影響していたのか年齢からくる黄斑変性症かは判断できませんが、事実として像や直線が一部歪み始めました。

本をお読みいただければご理解いただけるかもしれませんが、私の理論では目の治療個所は3か所になります。フェーズⅠ Ⅱ Ⅲです。

フェーズごとに網膜 視神経 角膜など6か所ほどツボがあります。

症例2 は私自身の治療を公開しています。初めは自分でも自信はありませんでした。2か月前の治療では鍼を抜いた後黒い血がツボから出たので、血行が悪くなっていたことが分かりました。

それから2か月経過しましたが大きな変化が起きていないので、次はどのような治療方法を考えなければと考えていました。

なんとなく左目が良くなっているように感じたので、左目だけで縦線横線を調べてみました。

蛍光灯の縦の紐は途中がオワン状に何か所もへこんで見えていたのが、多少波打つのですが線が途切れることはなくなってきました。

横線はところどころ丸くへこみますが数は大幅に減りました。引き戸の枠のヘリは2センチ幅で縦200センチあります。目を上下させると左右のヘリにへこみは5,6か所出ていたのが、3か所ぐらいに減りへこみもオワンから多少へこみがあるくらいになりました。

ツボや治療方法は間違いがなかったようなので、刺激度に関する鍼の本数を検証してみようと考えています。(2012年2月12日現在)

「加齢黄斑変性症」の原因・病状・治療

黄斑変性症のは加齢のほか喫煙が原因とされています。一部は遺伝も疑われていますが、確実な原因とはされていません。この病気は2つの方に分けられます。一つは黄斑部が委縮し徐々に視力低下を招く委縮型です。いま1つは黄斑部に血液の中の水分がにじみ出し、黄斑部が腫れて像が歪んで見えるようになります。この滲出型は新生血管と呼ばれる未熟な血管ができ、出血することもあります。症状は個々でかなり異なります。多くは視力低下、像の歪み、視野欠損などが起こります。

手のひら先生の高麗手指鍼療法

これはいままで行われてきた且つ今も行われている、高麗手指鍼を独自に発展進化させたものです。下記に紹介しております書籍では全貌は難しいので、発想の原点から鍼治療とはどのようなものかを書いて居ります。

端的に言えば「進化の歴史が刻まれている手のひらに、それぞれのツボを見つけ出し治療を行います。難病と言われるものは基本各臓器の3か所のツボが重要な治療箇所になります。」

我々の祖先は魚・鳥・人間とたどってきたのですが、その3世代にツボが現れます。治療にはこの3か所のツボを治療することで、劇的に効果が出るのです。

治療費

初診料 3,000円
個人専用鍼代 2,100円(治療10回毎にお支払いただきます)
治療費 7,000円
ニードルキーパー使用料 30,000円(初回のみのお支払です)
難病とされるリウマチ・ガン・眼底出血などの治療に使用します。

「加齢黄斑変性症」の治療・実績

  • 症例 1
  • 右目は黄斑部の穿孔があり、手術を行っています。像に歪みがあり視野の狭窄もあります。左目も乱視もあるせいか、像がはっきりとしません。

    10/09/14 初診前2回は脊柱管狭窄症の治療を行っているので、術後の血流障害度をオーリングテスト試料トロンボキサン値を使って計測すると210ngでした。治療はニードルキーパーを使用しました。そのほか目に効果のあるツボ、新山元式頭皮針療法、ノジェ式耳鍼を使い処方しました。 10/09/22前回の治療後目の症状が良くなりました。遠路お越しのため帰宅時は午後8時ごろになりました。運転時に見えた信号や看板が、いつになくはっきりとしたのでびっくりしたそうです。術後のトロンボキサン値は110ngでした。10/09/22YNSA(山元式新頭針療法)ノジェ式耳鍼、CD1の併用です。術後のトロンボキサン値は50ngでした。10/10/13一時物が二重に見えたのであわてましたが、しばらくすると元に戻りました。好転反応と呼ばれるものだったかもしれません。10/11/17術後のトロンボキサン値は23ngでした。10/11/24視力検査をしたところ、1ポイント程度下がっていたそうです。しかし今は身体が変化しているところなので、好転反応と思って心配することなく治療を受けるようにアドバイスしました。治療を受ける時は悪くなった細かいことに目を向けるより、良くなったことを探す人の方が早く治ります。これは前向きや明るい考えの持ち主は、身体がいつもリラックスして免疫や血流も良い状態を保つからです。これらのことはオーリングテストを使えば、簡単に証明がつきます。101208今日は細かい字が見えるようになったと仰っていました。歪みの改善はまだありません。

    症例 2 私自身の治療です。

  • 20/o8/26
  • 10年以上前に脳溢血になったあと、時々左目の視野が抜け落ちることがありました。その時は手のひらの温灸を熱くなるまでおこないました。
    1年に何回か特に冬の季節に何回かしていました。飛蚊症になることの方が多かった気がします。
    昨年今度は脳梗塞になり入院しました。その後療養していると気が付いたことがありました。タブレットを起動した時、検索窓に現れる左から右に進む線が、ところどころ波打つのです。加齢黄斑変性症の初期段階になってしまったようです。この夏は結膜炎になって眼科受診したのですが、検査の時も何も言われなかったので、まだそれほどの進行はしていない状態なのでしょう。しかし悪化したら困ると考え、昨日鍼治療をしました。手のひら先生の最新治療です。フェーズⅠ~Ⅲまでの網膜のツボは3か所左右計6か所あります。そのツボの状態を診断すると鍼は2本づつ刺さねばならないと出ました。本日ばブレットを何回起動しましたが、歪みはなく一直線に線は描かれていました。「手のひら先生スタイルの高麗手指鍼療法」は完成したことがまた一つ証明されました。

  • 20/09/07
  • フェーズⅠからⅢまでの、網膜と視神経のツボを調整しました。自律神経の調整、免疫調整、経絡調整を行ったほか朝晩に温灸を処方しました。タブレットを開いた時ヤフーの検索窓が開く時、横に走るバーが途中で丸く歪んでいましたが、それが出なくなりました。蛍光灯のひもを見ると、縦線の場合は途中が歪んでいます。これは脳溢血後の血流障害で網膜の一部が欠損したことによるものと考えています。

  • 20/09/22
  • フェーズⅠからⅢまでの網膜と視神経のツボに鍼の本数を診断し刺します。鍼を抜くと結構黒ずんだ血液が出ます。これは網膜の血流が良くないことを示しています。毎日治療ししているので、徐々にその量は減ってきました。窓枠の横の線を見ていくと、歪んでいるところが無くなってきた感じです。縦の線をなぞるようにすると、途中で消えたりポコンと出っ張ったりするところがあります。そう簡単には改善しません。眼底写真撮影で網膜が濁って見えた箇所が原因なのでしょう。日常の生活と治療には支障はありませんが、是非治したいものです。

  • 20/12/19
  • 2週間ほど前にツボに何本刺せば適正なのか考えて治療しました。最初は1か所のツボから黒い血がかなり出ました。毎日治療したわけではなのですが、本日まで5回ほど治療しました。昨日の治療では血は少し出た程度です。本日検査してみました。柱の角の直線を上から下へとなぞると、早く目を動かすと時々波を打ちますが、ゆっくり動かすときはところどころ少し丸が混じるかなと、かなり改善してきました。

  • 20/12/25
  • 自分のことなので気が付いた時に、実験も兼ねて鍼を打ちました。フェーズⅠ~Ⅲまでのつぼです。黄斑変性症を治すとなると、ツボはフェーズごと7か所、フェーズはⅢまであるので合計21か所のツボをとります。その1か所当たり2本の鍼を刺さないと、効果が出ないとなっているので合計42本でした。蛍光灯の紐と柱の角の一直線を判断基準にしています。上から下へ左目だけを動かします。ひもは3か所柱は4か所で直線が波打ちます。前は小さいオワンのように、ポコンとへこんでいました。治療後の今日は変形度合いが少なくなってきました。この方法が他の疾患と同じく、完治にまで持っていける自信が湧いてきました。

    出版しました

    手のひら先生の高麗手指鍼療法 - 和正, 長谷川
    手のひら先生の高麗手指鍼療法 – 和正, 長谷川本を読めば高麗手指鍼を自分でさせる、そのような指南書ではありません。高評価いただきましたが、世界で初めてどのようにして鍼灸理論と進化論を融合させたか、その過程を書き記したものです。ご覧いただければ幸いです。

    膠原病 免疫疾患
    関節リウマチ治療|韓国鍼 必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    シェーグレン症候群治療|東洋医学、鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
    全身性エリトマトーデス治療|東洋医学 鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
    自己免疫性肝炎 治療
    橋本病治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    アレルギー
    アトピー性皮膚炎|東洋医学 鍼治療なら必ず良くなる手のひら先のリウマチ相談室
    アトピーと蕁麻疹の合併症|東洋医学、鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    喘息治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    花粉症|東洋医学、手のひら先生のリウマチ相談室
    様々な神経痛
    坐骨神経痛治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    脊椎がずれて神経を圧迫し痛みが起こる脊椎すべり症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    坐骨神経痛手術後遺症 治療
    慢性腰痛 治療
    ぎっくり腰治療法|東洋医学 鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
    三叉神経痛 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    肋間神経痛 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    頚椎症(頚椎ヘルニヤ)治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    目の病気
    網膜色素変性症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    眼底出血治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    飛蚊症治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    緑内障治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ相談室
    網膜中心静脈閉塞症治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    糖尿病性網膜症 治療
    視神経萎縮症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    角膜潰瘍 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    近視治すなら|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    ぶどう膜炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    アレルギー性結膜炎|東洋医学、鍼治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    黄斑変性症治療|韓国鍼 良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    耳の病気
    耳鳴り|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    耳鳴り|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    突発性難聴 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    メニエール病|東洋医学 鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
    がん・癌・ガン治療
    がんの鍼治療|鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
    リンパ浮腫|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    神経性難病
    パーキンソン病治療|東洋医学、鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    進行性核上麻痺|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    骨折・捻挫・肉離れ
    骨折後療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    疲労性骨折治療法|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    捻挫肉離れ治療|東洋医学 鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    循環器の病気
    不整脈治療法|東洋医学 鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
    高血圧治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    婦人病
    子宮筋腫治療|東洋医学、鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    不妊症治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    冷え性治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    つわり(悪阻)|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    更年期障害治療|東洋医学、鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    ウィルス性疾患
    B型肝炎|東洋医学、鍼治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    C型肝炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    ヘルペス(帯状疱疹)治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    脊髄炎治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    微熱
    インフルエンザ|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    泌尿器疾患
    前立腺肥大症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室 
    遊走腎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    腎臓疾患 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談
    血尿
    痛風治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    呼吸器疾患
    肺気腫治療|東洋医学 鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    間質性肺炎治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
    消化器疾患
    クローン病(潰瘍性大腸炎)治療|東洋医学 鍼治療なら必ず良くなる手のひら先のリウマチ相談室 
    手術後の腸癒着の痛み|鍼治療で良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    逆流性胃炎・逆流性食道炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    糖尿病治療|東洋医学、鍼治療なら手のひら先生のリウマチ相談室
    様々な神経症
    線維筋痛症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    舌痛症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談
    ミオクローヌス
    顔面痙攣|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    不安神経症治療|東洋医学 鍼治療なら必ず良くなる手のひら先のリウマチ相談室
    不眠症治療|東洋医学 鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
    麻痺
    ベル麻痺|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    脳卒中(脳溢血・脳梗塞)後遺症治療法|東洋医学、鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    関節症
    顎関節症治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    変形性膝関節症治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    手・肩・首・膝の障害
    後縦靭帯骨化症(黄縦靭帯骨化症) 治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    四十肩・五十肩 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    手根管症候群治療|東洋医学 鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    肩の痛み
    脊柱側弯症治療|東洋医学 鍼治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    各種症状
    めまい
    味覚障害治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ相談室
    慢性疲労症候群治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
    寝違い治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ相談室
    ほか
    病院で原因不明とされた病気 治療|東洋医学、鍼灸治療なら必ず良くなる手のひら先生のリウマチ治療相談室
    042-365-9781