リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

手のひら先生の治療日誌 11年05月28日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「手のひら先生の治療日誌」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ~手のひら先生の独り言~」と「リウマチの広場(by 手のひら先生)」もありますのでこちらもよろしくお願いいたします 。

本日のテーマ「地震予知は出来ない 」

地震予知は「不可能」、国民は想定外の準備を=東大教授 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20609820110414 崩れた地震学、学者ら予測できず 「歴史の空白」盲点に MSN産経ニュースより http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110414/dst11041417240047-n1.htm 確かに科学的と言われる地震予知は不可能かもしれません。 しかし多額の税金を使って災害も避けられないとしたら、何ら価値のない学問ではないのか。 単なる地質学でも良いし、地球物理学でも良いのではないだろうか。 何しろ今ネットを見れば、地震予知をそれも3か月前から当日まで、様々な方達が予知し的中されていました。 これら特異能力とでもいうべき方達を使って、それこそ国家研究対象にした方が良いと思う。 かずさんの地震予知 不思議生活 http://littleumi.blog.so-net.ne.jp/archive/20110527 ここでは地震雲と、気象衛星からみた地震に関係する雲、そしてご自身の体感を基礎にして予知を行っています。 みゆ吉さんの~地震予知になっているかな? http://ameblo.jp/miyukichikun/ こちらはご自身の体感、おもに耳鳴りを予測の基本にしています。 日本はこのような能力を大切にしていない国なのではないでしょうか。 人間という精密機械よりより高度な有機体は、かなりの情報を察知する能力があると思うのです。 何も地震の前に犬やナマズやその他の生物が騒ぐことだけが、予知能力を持つのではなく人間にも敏感な方達がいても、何ら不思議ではないと思います。 むしろそのような特異能力を引き出し、いわゆる科学的と言われる方法で研究する方が、今の我々には有益なことと考えるのですが。 果たして皆さんはどうお考えになるのでしょうか? 我々目に見えない「気」と言うものを診断や治療に使うものにとって、それらが許容されるか否か、これからも受け入れられる存在でありうるか、と言う問題にもつながっているのです。
042-365-9781