リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

手のひら先生の治療日誌 10年07月04日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「手のひら先生の治療日誌」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ~手のひら先生の独り言~」と「リウマチの広場(by 手のひら先生)」もありますのでこちらもよろしくお願いいたします 。

本日のテーマ「私の整体体験 その6」

私の整体体験 その6 私の整体体験も今回で終了です。 結局カイロプラクティックは、私の治療には取り入れられないと思い始めた時、あるセミナー参加のダイレクトメールが舞い込んで来ました。 「重心バランス軸調整療法」と言うものでした。「気」を通して診断と治療を行う、それもカイロベットを使ってと言うところに魅かれました。鍼灸師なので、カイロ一辺倒よりとっつきやすいと考えました。 私の理解した限りにおいては、その理論は次の2つに集約できます。 1、脳は自分の身体のことを知っている。 2、人間は地球の上で生存している。常に地球の中から来る振動の波を受けている。その波が足底から受けて上にあがってくる。ところが関節などの障害があると、その波はそこで途切れたりして脳まで届かないことがある。それが病気を起こす原因になる。それを修正するため「気」を使って、どのようにしたら良いかを聞くことになります。 この作業を脳反射テストと名付けていました。これはこの治療だけでなく、さまざまに使える応用範囲の広いものでした。 講師が言うにはこれを鍼灸師が使えば診断に、占い師が使えば占いになるというものでした。 これも一見骨を動かすようですが、単に骨を介して気を入れ、結果身体を調整する治療です。 骨は曲がりません。筋肉にアンバランスが生じたり、歪が出たりするので骨が曲がります。筋肉は気で調整できます。 たとえば私の場合、足の長さなどは気功を使って調整出来るのです。 骨が曲がったから病気になるのは結果であって、根本原因ではありません。なぜ曲がってしまったのかその原因を突き止め、そこを治療していかないと完治にはなりません。 さてこのセミナーを受けている時、受講者の方たち(歯科医師が多かったのですが)に私から日頃のお礼として、股関節調整の一つ磯谷療法を披露しました。しかしそんなことならと、我も我もといろいろな技を見せてくれました。みな足は揃うこととなりました。気を使って様々な治療の形があることが分かりました。 このような「気」に関するセミナーには、すでにそのような素養や知識のある方たちが、自然と集まってくるのだと理解しました。意外とそれまでに参加した「鍼灸セミナー」の参加者の方が、気に関して無知だったのではなかったかと思い返しています。 整体に関して体験談は終了です。何か骨が曲がっていると悪いようですが、症状が出ていない限りそれは何ら心配ありません。 現在は背骨が曲がっている人が増加傾向にあります。その原因を日々の食事に含まれている、添加物質、環境ホルモン、洗剤などに含まれるいわゆる経皮毒などに求められるともいわれています。 こちらの方が重要な問題になると思います。
042-365-9781