リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

手のひら先生の治療日誌08年05月31日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「手のひら先生の治療日誌」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ~手のひら先生の独り言~」と「リウマチの広場(by 手のひら先生)」もありますのでこちらもよろしくお願いいたします 。

本日のテーマ「網膜色素変性症」

本日の患者さんは、前立腺肥大、網膜色素変性症、リウマチ、癒着、頚椎症、後縦靭帯骨化症、脳溢血後遺症、湿疹 でした。

網膜色素変性症と言うのは、いまだ原因も解明されず治療法も確率していません。高麗手指鍼を持ってしても、なかなか難敵な病気です。

本日の患者さんが、検査結果をお知らせくださいました。片方の目は改善し「良くなっている」と言われました。もう片方はやや悪いそうですが、それも「5年間は問題ない程度です」と診断されたそうです。

中国に行って治療を受けられて治りかけた方が本を出版し、評判になったことがありました。天安門事件で一時途絶えた中国行きも、今では自由になっています。しかしその後は目覚しい改善をかの地で見たという評判、うわさも聞こえないところを見ると、依然として難病になっているのでしょう。

最近発見したポイントが、どうやら特効穴になりそうです。考え抜いて考え抜いていて、ひょっと出たのがこのポイントでした。使ってみるといわゆる、特別な効果のある特効穴と呼ばれる、目覚しい効果がでるポイントでした。

ほんの1週間使ってみたのですが、リウマチ、後縦靭帯骨化症、糖尿病、がん、前立腺肥大、目の疾患など、使ったほぼ全疾患に大幅な血流改善と疾患の改善が見られました。

特効穴などと言うものは今まで使っても見なかったのですが、ある物はあるのですね。自分が見つけ出したと思うとまた格別な愛着が出そうです。

042-365-9781