リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

手のひら先生の治療日誌08年04月02日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「手のひら先生の治療日誌」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ~手のひら先生の独り言~」と「リウマチの広場(by 手のひら先生)」もありますのでこちらもよろしくお願いいたします 。

本日のテーマ「特許通知」

本日の患者さんは、リウマチ、糖尿病、頚椎症、花粉症、脳溢血の後遺症、蕁麻疹、癒着でした。

今日は私の発明品、ニードルキーパーに特許がおりる旨通知が届きました。最初のアイディアを形にするまで3年を費やしました。特許申請をしたのが平成11年でした。6年ほど据え置き期間がありました。そして審査請求後本日特許を認める通知が届きました。実に9年ほど何度も文章を書き直したりして、自分でもよくがんばったと思います。

弁理士に依頼すればもっと楽だったかもしれませんが、費用の関係もありまた自分の経験をつむことを目的としたため、様々なことをしました。これも人生勉強のひとつかも知れません。

次回もしこのような機会があったとしても、次は弁理士に依頼すると思います。特許庁の職員の方には、面接時アドバイスいただきお世話になりました。

これを期にさらにこの効果を高め、日本国に寄与できればと思っています。

042-365-9781