リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

手のひら先生の治療日誌08年02月18日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「手のひら先生の治療日誌」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ~手のひら先生の独り言~」と「リウマチの広場(by 手のひら先生)」もありますのでこちらもよろしくお願いいたします 。

本日のテーマ「第19回高麗手指鍼学術大会」

本日の患者さんは、リウマチ、リンパ腫、顔面痙攣でした。今日は患者さんが少ない日でした。

しかしこのところ色々と忙しく、特に今日は5月22、23日にお招きいただいている、第19回韓日瑞金療法学術大会の発表論文を作成していました.

今回の統一テーマは「高麗手指鍼と環境」がテーマになっています。鍼の世界にも環境問題が話題にされることになりました。これだけ世界レベルの問題が身近になっているわけです。

私は「リウマチ」を発表論文のテーマにいたしました。これは高麗手指鍼が難治として取り上げている病気を、ひとつずつ突き崩していくためです。3年前の大会ではまず「糖尿病」治療を発表し、柳泰佑会長から大いなる評価をしていただきました。今回はそれに続く第2弾です。第3弾は次回「高麗手指鍼によるがん治療」を課題としています。

042-365-9781