リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

手のひら先生の治療日誌08年02月08日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「手のひら先生の治療日誌」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ~手のひら先生の独り言~」と「リウマチの広場(by 手のひら先生)」もありますのでこちらもよろしくお願いいたします 。

本日のテーマ「080208がんについて」

本日の患者さんは、がん、不整脈、脳梗塞、癒着でした。

がんは死亡率第1位を争う病気です。でも現在は切るほかは確実な治療方法がないそうです。まず切るそれからどうするか、そこが分岐点になるようです。

それは自分が健康なとき、判断力が健全なとき考えるのが良いと私は考えているのです。しかし現実にはそうはいかないようになっています。自分がこのような病気になるとは考えていないからです。

世の中にはわれわれの東洋医学を代替医療として扱っています。でも明治時代に戦争に行くために医師法ができてから、西洋医学が正式な医学として扱われるようになったわけです。100年あまり前のことでした。

でも私のところで聞く限り、西洋医学に黙らせるだけの資格がなく、代替医療として扱れてもしょうがないような治療家がいるのは、嘆かわしいことです。相手が老人や女性だとかなり無責任なことを言っているようです。

「がんは良くなっているよ」と言うものだから「ではどのように計測しているのですか?」と聞いたら怒った。こちらの質問に誠実に答えないようなら、それは自信のない証拠です。以前聞いたのは、坐骨神経痛で行ったらいきなり「がんも治るから、周りにいるならつれてきなさい」と言われたそうです。観光バスで遠くからもそこには来ているそうです。患者の多さが、その人間の尊大さを助長してしまうのでしょうか?

そんなに自信があるなら、きちっとまとめてみなの前で発表すれば、それこそ彼の自尊心も富みも満足できるはずなのにそれをしない。プンプンにおいますね、いかがわしいにおいが。患者をみくびっていますよね。この患者さんはいかがわしさを感じたので帰ってきたそうです。正解でしょう。

042-365-9781