リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

手のひら先生の治療日誌08年01月31日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「手のひら先生の治療日誌」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ~手のひら先生の独り言~」と「リウマチの広場(by 手のひら先生)」もありますのでこちらもよろしくお願いいたします 。

本日のテーマ「080131 心房細動」

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「手のひら先生の治療日誌」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。

本日の患者さんは、糖尿病、リウマチ、蕁麻疹、飛蚊症、脳梗塞、心房細動、がん、でした。

心房細動は西洋医学的には、肺循環の障害で起こると成書には書かれています。私の患者さんで心房細動や不整脈は、その多くが心臓よりも血液が流れていく先、そのところが何らかの不具合が生じている場合が多いと診断できます

。たとえば腸が癒着している、血流障害がおなかから下半身で起こっているなどです。

この患者さんは、転職して深夜まで働くことになってから始まったそうです。体はがっちりした体系なので、疲労からくるとは思えず、睡眠不足不規則な睡眠による脳のメカニズムが狂ってしまった結果かも知れません。健康な人でも1日に何回かは不整脈が起きているとのことです。しかし最近の経済情勢から、かなり心臓に負担がかかるようになってきているのではないでしょうか。

042-365-9781