リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

手のひら先生の治療日誌08年01月21日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「手のひら先生の治療日誌」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ~手のひら先生の独り言~」と「リウマチの広場(by 手のひら先生)」もありますのでこちらもよろしくお願いいたします 。

本日のテーマ「リウマチほか」

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「手のひら先生の治療日誌」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。

本日は冬寒もあり患者さんも少ない日でした。今日はリウマチ、手術の後遺症である癒着、そして飛蚊症の患者さんでした。

最近やっと自家製のびわの葉エキスが完成しました。市販のエキスを昔購入したことがありましたが、それよりも抽出液は色が濃いようです。何人かにこれを試していただきましたが、評判は良いようです。びわの葉の効用は以前から言われています。その使用方法は、いくつかあります。

1、びわの葉を患部に置きその上に手ぬぐいなどを当て、線香の束のようにした棒灸を押し当てて温め治療します。

2、この棒灸の中身をびわの葉で作成したものを使います。

3、びわの葉の抽出エキスを、器具に装着して温める方法。 などがあります。

当院ではエキスを患部に塗って、そこをドライヤーで温める簡便法を試してもらっています。そんな方法でも、手の痛み腫れに有効でした。

042-365-9781