リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

リウマチの広場ブログ 11年10月3日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「リウマチの広場ブログ」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生の治療日誌」と「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ」もありますのでこちらもよろしくお願いたします 。

リウマチの広場/本日のテーマ「脳卒中治療日誌 第24回目」

治療用CDの視聴はいよいよ3ヶ月を越え4ヶ月目に入りました。 元気が出てきたのでウォーキングを始めました。 今までも単発では行いましたが、どうも体力の回復が出来ていなかったようで、翌日の疲れが大きく出ました。 そこで15分程度の距離にして行うことにしました。 3日連続2日休みまた1日行いというふうに、体と相談しながらなるべく連続するように務めました。 すると排便が良くなり、それに伴って血圧もさらによくなりました。 また最大の効果は足に力がついたことです。 何しろ前の日からやっと自分の左足が戻ってきたことに気がついたことです。 ふくらはぎと太もも裏に、足を曲げると瘤のようにように感じられるところがあったのが、殆ど消えてしまいました。 ギア付きの自転車を乗っているのですが、また本日はそのギアが3段目を4段5段で踏み込むことができるようになってきました。 確実に私の左足が戻っていることを実感しました。 素晴らしいぞCD!! 自我自讃です。 昨年は一所懸命鍼治療していたにもかかわらず、このまま症状が固まってしまうのか弱気になっていたこともありました。 しかし今は違います。 まず元の私に完全に戻ることを確信しています。 さらにもう無理はしないことを心に決め、元の私を超えるぐらいの体になれると思っています。 この脳卒中後遺症リハビリCDをより確実にするため、いまプログラムを考えているところです。 その中に鹿児島大学川平教授の促通反復療法を取り入れたら、もっと治療効果が出ると思います。 またこのCDはもっと重症の場合もカバーできると思います。 いまCD治療を体験されている方は、私も含めて4名です。 全員に何らかの効果が出ています。 まだ視聴が1ヶ月未満なので大きな効果は出ていませんが、3ヶ月を超えれば目を見張るものが出てくるはずです。 楽しみな状況になってきました。
042-365-9781