リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

リウマチの広場ブログ 11年9月8日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「リウマチの広場ブログ」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生の治療日誌」と「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ」もありますのでこちらもよろしくお願いたします 。

リウマチの広場/本日のテーマ「脳卒中治療日誌 第23回目」

私以外に脳卒中用のCDを聞いているのは患者さんお一人です。 CDは作り直した2枚目の効果が2週間たらずで出始めました。 鍼治療では感覚が徐々に戻って来ていました。 その成果は料理の際やけどをしなくなったと言うことで証明されていましたが、足が上がらないなど歩行に問題が有りました。 それが脳卒中治療CDを2週間聞いただけで、ずっていたスリッパがしっかりと履けるようになって、ビデオで確かめると底が見えるようになってきました。 ご本人からすると「足にクッションが入ったように感じられるようになった」そうです。 義理の弟は私より1ヶ月後に脳溢血を起こしました。 歩行や手足の麻痺は起きなかったのですが、力が入らないと訴えています。 健常な時の4割しか力を入れることができないようです。 今回彼にもCDを作製するために来てもらいました。 どいうも他の疾患のように同一の経絡刺激では解決しないようで、個々人専用にCDをつくらないといけないようです。 彼にも患者さんの歩行ビデオを見てもらいましたが、その効果に驚いていました。 自身の体験からもCDに馴染むのに1ヶ月、本格的に聴き始め効果が加速するのにもう1ヶ月かかるようです。 さてあと1ヶ月でどこまで回復するか?それが今の私の治療経過です。
042-365-9781