リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

リウマチの広場ブログ 11年9月7日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「リウマチの広場ブログ」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生の治療日誌」と「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ」もありますのでこちらもよろしくお願いたします 。

リウマチの広場/本日のテーマ「脳卒中治療日誌 第22回目」

昨日は気候も良くなったのでウォーキングを30分ほど行いました。 夏前と比べると格段に足の動きがスムーズになっていることを実感しました。 特に足の蹴りができるようになっていたのに気がつきました。 腰まわりすなわち骨盤を支える筋肉が解けてきたようで、無駄な力が入らなくなりました。 楽しんでウォーキングを終了しました。 本日は身体がとても軽くなっています。少々筋肉痛もあります。 それだけ運動不足だったのでしょう。 買い物に自転車を使ったのですが、踏み込む力が弱かった左足も元に戻りつつあるのを確認しました。 また今タイプしている左手も指の動きが良くなっています。 あらゆるところに発見があります。 脳がよみがえる ?脳卒中・リハビリ革命? http://www.nhk.or.jp/special/onair/110904.html 鹿児島大学川平和美教授の促通反復療法を放送していました。 私も退院後に複視があったので、本を購入しリハビリを行い回復しました。 やられている内容はは承知して効果も体感しているので興味をもって見ました。 特に興味が湧いたのが脳との関連です。 私が東洋医学から考えた音による治療法も、音振動による脳の刺激治療なのでこの点は関心が湧きました。 また外国でも脳刺激に対する点では、何らかの体に与えられるまたは脳へ与えられる刺激波が、脳卒中後遺症回復の鍵であると気がついているようです。 これを経絡という音の波、振動に変えたのが私が創造したCDであると、改めて今回の番組を見て得心した次第です。
042-365-9781