リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

リウマチの広場ブログ 11年8月21日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「リウマチの広場ブログ」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生の治療日誌」と「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ」もありますのでこちらもよろしくお願いたします 。

リウマチの広場/本日のテーマ「LED電球は素晴らしい」

LEDを使い始めましたが素晴らしいですね。光が柔らかい感じがします。 いまLEDを制作している企業は何社あるのでしょうか? LED製造会社 ザビジネスモールより http://www.b-mall.ne.jp/CompanySearch_gyoshu273.aspx ここの登録数は75社です。 いまLED製造会社は中小入り乱れた状態のようです。 価格も様々ですし規格も異なっているので、購入する時に用途を見極め無いと無駄な買い物になってしまいます。 何しろ寿命が40000時間と長いので、使い方によっては20年以上と私の寿命より長くなりそうです。 近くのホームセンターにも大型家電量販店にも、LED電球は販売されています。 我が青春時代に秋葉原でアルバイトしたおかげで、仕入れに関して注意を払うようになりました。 家電量販店ケーズデンキのチラシに人感センサーLED電球の広告が有りました。 これはトイレなどにとても便利なので、いくつか備えたいと思いましたので出かけてみました。 その前にメーカーを見ると、アイリスオオヤマが製造会社になっていました。 アイリスオオヤマというのはご存知のように、メタルラックや収納ボックスなど幅広い家庭用品を製造しています。 そこでちょっと待てよと道路隔てた島忠ホームセンターに寄ってみることにしました。 なんと家電量販店より500円も安く販売していました。 仕入れルートが違うと2980円対2480円と500円も差が生じてしまうのです。 最近は810lm lmはルーメンと言う明るさの単位だそうですが、大企業とほぼ遜色ない明るさの電球が、3,4割安く購入できました。 一時の電卓の競争を思い出しました。 日本の技術革新を追った名番組NHKの「電子立国日本の自叙伝」のように、また日本企業が熾烈な企業間競争に勝ち残る、そのような場にLEDがなるのでしょうか。 電子立国日本の自叙伝 ユーチューブより http://www.woopie.jp/video/watch/f1f811929f130a33 少し期待して見ています。
042-365-9781