リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

リウマチの広場ブログ 11年8月8日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「リウマチの広場ブログ」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生の治療日誌」と「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ」もありますのでこちらもよろしくお願いたします 。

リウマチの広場/本日のテーマ「花王の不買運動」

政治家介入・不買運動・離婚!? 拡大する”フジテレビ高岡騒動” http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=menscyzo_02Aug2011_7687 高岡蒼甫氏のフジテレビ批判が、とうとうデモに発展してしまいました。 おまけにスポンサーである花王の不買運動に広がってしまうい、この先どのように収拾していくのだろうと興味がわきます。 そもそもの発端は、彼がフジテレビが平日14時から16時に韓国ドラマをおびで流していることに、ツイッターで抗議したことが発端です。 週刊現代によると韓国ドラマはこの時間帯にしては、4パーセントの視聴率を稼いでいるそうです。 週刊現代 http://www.zassi.net/mag_index.php?id=230 この時間帯の視聴者は韓流ブームを支えている主婦なのでしょうから、当然そこにターゲットを絞る洗剤メーカーの花王が批判のターゲットになったということでしょう。 さらにネットではフジテレビの個人筆頭株主が孫正義氏であり、30パーセントの株主が韓国人株主であることへの批判も書かれています。 アマゾンには花王製品の不買を煽る書き込みもされているようで、匿名ネット社会の便利さと弊害も併せて危惧されます。 当事者には理不尽なことと思うでしょうね。 でもこれがネット社会の現実でもあるので、便利さと不自由さ中々問題は複雑です。 やがてはフェイスブックが主流になりそうで、匿名のツイッターは衰退するので、単なる誹謗中傷は少なくなっていくでしょう。 今はその過渡期にあるかも知れません。 何年か前クレーマーと言う言葉が話題になったことが有りました。 東芝のお客様相談室に執拗にクレームを付けた客に対し、限界が来た掛りのものが「あんたのような人をクレーマーと言うんだ」と答えた声をネットに流された事件です。 その後このクレーマー氏が過去にも悪質だったと週刊誌にばらされて収まった記憶があります。 またニコンのお客様相談室の人が話題になったことが有りました。 社長をだせ! 最後の戦い vs伝説のクレーマー [単行本] http://www.amazon.co.jp/%E7%A4%BE%E9%95%B7%E3%82%92%E3%81%A0%E3%81%9B-%E6%9C%80%E5%BE%8C%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84-vs%E4%BC%9D%E8%AA%AC%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC-%E5%B7%9D%E7%94%B0-%E8%8C%82%E9%9B%84/dp/479667571X その頃私は漢方薬に興味が有りました。 ある時鏡を覗くと髪が薄くなっていることに気づきました。 そこで自分で毛はえ薬ができないかと、チャレンジすることにしました。 漢方専門薬局へ行くと「毛はえ薬を作るのですか」と聞かれて驚きました。「どうして分かったのですか」と聞くと、「仲間がこの研究をしていて、その漢方成分が入っていたから分かりました」と答えが有りました。 彼の髪も薄くなっているので、なんとかしたいと自分でも研究したそうです。 そんなこんなで出来上がった自家製毛生え薬を患者さんにも試してもらいました。 抜け毛は減ったという報告も私も実感したのですが、残念ながら毛は生えてきませんでした。育毛効果はあったと思いますが。 「育毛」なんて言葉誰が考えたのか、うまい言葉じゃないですか。毛はえ薬だと詐欺になってしまいますものね。 でも毛が抜けないと言うのは良いことなので、数社にこのような物が出来ていますが研究しませんか?と手紙を出したのです。 別に何か期待したわけでなく、いかがでしょうかと言う提案をしたつもりでした。 ところがびっくりしましたね各社の回答に、こんなに差があるのかと。 以前特許申請をしたときに、関連会社に製品化の提案をしたことがあるので、その体験と比較してもこのような会社が存在するのが不思議でした。 P&Gはさすが一流会社でした。「本社に問い合わせ回答いたします」と早速返事が来て、こちらが驚きました。その後丁寧なお断りの手紙もいただきました。 資生堂やカネボウも丁寧なお断りをいただきました。日本の一流会社の対応と思いました。 びっくりしたのが花王でした。 「そんなにいいのなら自分で特許をとってみろ」と返事が来ました。「エッと思いました」考えてみると、サクセスと言う商品を売っていたので癇に触ったのだと思いますが、一流会社の相談窓口の対応とは思えませんでした。以来使っていたサクセスはもちろん、洗剤もライオンに変えました。 もっと驚いたチンピラ会社が有りました。マンダムでした。 こんな具合です。「おうおう!そんなにいいのならてめえで作って特許を取れよ!こんなもの送りやがって」とまるでチンピラ言葉でした。 こんなお客様窓口を置いているんだとその時知りました。 もう7年か8年前の記憶が蘇ってきました。
042-365-9781