リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

リウマチの広場ブログ 11年01月10日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「リウマチの広場ブログ」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生の治療日誌」と「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ」もありますのでこちらもよろしくお願いたします 。

リウマチの広場/本日のテーマ「高麗手指鍼のリウマチ治療効果」

高麗手指鍼のリウマチ治療効果 「手のひら先生の高麗手指鍼」によるリウマチ治療は、どの程度効果があるのか良い症例がありましたので報告します。 1昨年私の不注意で体調を崩し休養した為、個々の状況で治療が中断された患者さんです。 お一人目は、出産後にリウマチを発症された方です。 二人目目が欲しいと言うことで治療を受け、無事第2子を出産されました。 そしてこの度の事態です。ご親戚の強い勧めで大病院のリウマチ科を受診されたそうです。 処方されたのは、抗リウマチ薬で免疫抑制剤のリウマレックスでした。 それが効いたのか、少しだけ残っていた手の腫れやむくみが消失してしまいました。 それを見て医師が「なんだ大したリウマチじゃないじゃない」と言ったそうです。 もうお一方は、数年通って来てくださる方で、起業した方の忙しさが重なって休んでいます。 その方は一時はステロイドを13ミリも飲んでいました。その影響か胃がんも発症し内視鏡手術もしましたが完全には取りきれませんでした。 リウマチと胃がん治療を同時に行って、胃がんの再発はありません。リウマチも徐々に良くなっています。 ステロイドもこの1年ほどの間に、1.75mg 1.5mg 1.25mg そして今は1.0mg で過ごしています。やや痛みなどは感じますが、日常には問題が無いと言うことです。 鍼治療は自分のもつ治癒力を引き出すものです。一度その力が戻ってくれば、簡単に元に戻ることはありません。 高麗手指に独自の工夫を加えた「手のひら先生の高麗手指鍼」によるリウマチ治療は、図らずもそのような効果があることを証明してくれた次第です。
042-365-9781