リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

リウマチの広場ブログ 10年12月03日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「リウマチの広場ブログ」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生の治療日誌」と「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ」もありますのでこちらもよろしくお願いたします 。

リウマチの広場/本日のテーマ「リウマチを聴いて治す その3」

リウマチを聴いて治す その3 人間には様々な能力があり、それが突出していると、超能力者のように扱われたりします。 指先で文字を読んだり、色を識別したりする人がいたりします。 また数年前来日したロシア女性は、透視して内臓の悪いところを診断していました。 これらを無視する人はいますが、この世の中様々なことは起こるもので、まだまだ現代科学で分析できるほど単純ではありません。 指先のツボに当たるところに、サインペンで色を付けたり、または様々な色を塗った紙を付けるなどして、病気治療をされる方が居ます。 以前テレビで見たのですが、アメリカの女性で声で治療をする方を紹介していました。「世界丸見えテレビでしたでしょうか?」 患者が来ると症状を聴き、1週間後に来るように伝えます。その間彼女は症状にあった音を選別し、それをテープに録音し患者に渡すのです。 患者はそのテープを半信半疑ながら受け取って聴いていると、腰痛が見事治ると言ったものでした。 色や音を振動や波長として捉えると、人間の身体はそれに反応すると考えられます。 私はオーラが見えるのです。と言ってもレベルでは最も低い方のです。鍼灸師の能力としてはこの程度で良いと、その後の努力を怠ったので進歩がないのですが。 患者のオーラを見ていると、オーラは波打つことがあったり、頭の上大きくなったり伸びたり知人だりしているように見えます。 オーラは現代科学ではまだ解明されていませんが、これを波動の一種として捉えると、理解できるのです。 我々は生きているので、呼吸をし血液を循環させています。これらによってオーラなる波動が生じるのだと考えると、オーラの動きは納得できるのです。 音楽療法で紹介されている様々な効果は、脳の活性化が図られていることを示しています。それは音と言う振動が、耳を通したり身体を通して脳の活性化をした結果と捉えます。 私がリウマチに特化して発見した、今回の音が結果を出せるか否か。まだ緒に就いたところですが、なるべく早く成果が出るよう努力している最中です。
042-365-9781