リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

リウマチの広場ブログ 08年12月31日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「リウマチの広場ブログ」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生の治療日誌」と「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ」もありますのでこちらもよろしくお願いたします 。

本日のテーマ「病気予防 食事の2」

リウマチの食事を考えたら、リウマチになりやすい食事を考えるべきである。

今私たちの食事は危険な状態にあると言われています。化学肥料による野菜類は、含まれるビタミンは益々低下している。

また海外からの輸入品は、農薬汚染の危険がある。さらにコンビニなどでは、様々な添加物食品が売られている。その上これらはほとんど糖類と脂質が多く、ビタミンが全く欠けている。

さらに日本の土壌の問題があり、カルシューム不足は長い間叫ばれ続けています。

リウマチは血流障害を伴うので、まず身体を温める食事を取ることが重要です。

そこで重要なのが根菜類です。ミネラルなど微量元素といわれるものが含有されています。木の上のものも同じで、根菜類が取れなければ乾燥ナッツも応用できる。

次に地上で取れる野菜類について述べたい。人間は従来からその季節に取れるもの、露地物と呼ばれるものを長く食べてきた。ところが流通経路や輸入が盛んになり、さらに温室などが発達して季節が分からない状態で食事をすることになってしまっている。

リウマチに悪い冷えを呼ぶトマトを、真冬に食べるようなことが起きているのが現状です。

042-365-9781