リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

リウマチの広場ブログ 08年12月28日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「リウマチの広場ブログ」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生の治療日誌」と「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ」もありますのでこちらもよろしくお願いたします 。

本日のテーマ「深谷伊三郎 5」

深谷伊三郎師のお話も最終回にいたしましょう。

ある時何気なくNHKラジオを聴いました。すると立川志らくと言う落語家が出演していました。

彼がこのような話をしていました。「私は疲れたりするとお灸をしてもらいに行くのです。するとお灸の先生は『お若いのにお灸をするとは感心だね』と言います。私のおじいちゃんが昔お灸の先生で、よく私に据えてくれていたのですよ。」『何と言う先生ですか』「深谷伊三郎と言いました」『深谷先生のお孫さんでしたか』と言われて、深々とお辞儀をされてしまいます。

これを聞いて、私も「立川志らくのシネマ落語」と言う言葉は知っていましたが、彼が深谷師のお孫さんとは、この時初めて知った次第です。

親や家の職業を継ぐことも大事なことはありますが、このように別の才能を開花させるのも良いものだと思っています。2代目、3代目で成功した例は少ないのが、どの道でもあるのですから。

今回は少々リウマチの話題からそれてしまいました。

042-365-9781