リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

リウマチの広場ブログ 08年12月23日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「リウマチの広場ブログ」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生の治療日誌」と「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ」もありますのでこちらもよろしくお願いたします 。

本日のテーマ「澤田健リウマチを治す」

明治大正昭和の時代にそびえる、偉大なる銘灸師のお一人です。

リウマチは難病であったのを、「小腸に熱があるから起こるのだ」として、治療成果を上げていたそうである。

このことは代田文誌著「鍼灸真髄」に書かれています。しかしその真の治療法が欠落しており、後世に伝わったのは「小腸愈」のツボに灸をするということだけであった。その前に行なわれていたはずの、整体や灸で気を整える方法がここには書かれていないので、その成果を追試できない状態が現在も続いていることは、残念なことである。

042-365-9781