リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

「インフルエンザ」の原因・病状・説明

インフルエンザについては、季節がら世の中では話題となっていることのようです。昨今は養老院等でお年寄りが多く亡くなり、毎年新聞を賑わす事となっております。ワクチンさえあれば事足りる、ということもとり沙汰されますが、所詮毎年ウィルスとのいたちごっこになってしまいます。

このページを書き始めて、はて高麗手指鍼または東洋医学的見地から、皆様にアドバイスなり現代西洋医学的説明をなせるか。

このページを覗かれた方には申し訳ありませんが、当面インフルエンザにかかった場合は、安静が一番としか言えません。ただし、来年はかかりたくない、そう思われるならば是非高麗手指鍼、お近くに見つからないなら伝統的日本の鍼で、本治法をされている鍼灸の治療をシーズンの前から、予防的に受けられることをお勧めいたします。

漢方薬を処方される先生も、風邪の治療は難しいとおっしゃります。風邪の原因は漢方2千余年の歴史でも、解き明かされていません。西洋医学はなおさらです。風邪薬はというと、症状を押さえるもので風邪全体を治すものではありません。これは定説です。

インフルエンザ、これは原因がウィルスであると判明しています。しかし中々これという薬はありません。昨今外国で発明された薬が効果的との報道がありますが、いかがでしょうか。

というわけで、風邪に対しては「引かない」「かからない」予防が一番です。東洋医学で言う「気血栄衛」の「衛」で表される、免疫力強化が一番の対処法です。家族で1人がインフルエンザになると、全員が引いてしまう。これがインフルエンザの特徴ではないですか。感染力がそれだけ強いのです。ここからは宣伝になってしまうのですが、高麗手指鍼を続けている患者さんは、インフルエンザにかかりません。特別な治療を施しているわけでなく、他の疾患を治療している内、家族が全員インフルエンザに感染していた。家族の中では今まで一番虚弱だったものが、元気であったと言う話には暇がありません。我が治療院最高年齢は92歳ですが、今年娘さんとお嫁さんと言っても、どちらも50台後半ですが、インフルエンザにかかってしまった。しかし彼の女は元気でした。おととしは暮れに風邪を引いて往診をしたことがある。その3ヶ月ぐらい前から治療を休んでいた。去年から今年にかけては、月2回のペースで治療継続をしています。これが免疫を強めているのです。

友人2人の治療院でも、インフルエンザの患者さんはいないとの報告です。東洋医学の真髄「未病を治す」(まだ病気になっていない状態で治してしまうと言うことの意味)はまずこんなところにあるのではないでしょうか。

伝統的日本の鍼灸、「本治法」と言って、12経の体全体の気のバランスをとる方法をされているところなら、きっとこのような患者さんはいらっしゃらないと思います。ワクチンより薬より、副作用のない鍼灸を改めて見直してくれる時代がくればと思います。

ご注意

1)インフルエンザにかかったら、極力安静にし、体を温めて体力の回復を待ちます。部屋の加湿と温度に注意しましょう。

2)葛根湯は風邪薬ではありません。小柴胡湯が肝臓の薬でないのに、肝臓疾患の患者に投与し殺してしまった例がありましたが。漢方薬は手軽に手に入りますが、処方は経験と努力がいるものです。どうしても葛根湯を購入したければ、専門知識のある薬剤師に相談するのが得策です。このようなことは鍼灸師の私が言うことではないのですが、一言添えます。

3)あとは、風邪になったら信頼できる医者の見立てを仰ぐこと。軽ければ昔から民間療法が良いのではないでしょうか。副作用も気にならないでしょうし。お勧めです。

何はともあれ、風邪は免疫力を含め、体力のバロメーターです。ご養生ください。

治療費

初診料 2,000円
個人専用鍼代 2,100円(治療10回毎にお支払いただきます)
治療費 6,000円
ニードルキーパー使用料 26,000円(初回のみのお支払です)
難病とされるリウマチ・ガン・眼底出血などの治療に使用します。

「インフルエンザ」の治療・実績

※作成中です
膠原病 免疫疾患
関節リウマチ(リュウマチ)
シェーグレン症候群 治療
全身性エリトマトーデス 治療
自己免疫性肝炎 治療
橋本病 治療
アレルギー
アトピー性皮膚炎 治療
アトピーと蕁麻疹の合併症
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息 治療
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療
脊椎すべり症 治療
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰 治療
三叉神経痛 治療
肋間神経痛 治療
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)
目の病気
網膜色素変性症 治療
眼底出血 治療
飛蚊症 治療
緑内障 治療
網膜中心静脈閉塞症 治療
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療
角膜潰瘍 治療
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎
加齢黄斑変性症 治療
耳の病気
耳鳴り・難聴 治療
耳鳴り
突発性難聴 治療
メニエール病
がん・癌・ガン治療
がん治療
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病 治療
進行性核上麻痺
骨折・捻挫・肉離れ
骨折 治療
疲労性骨折 治療
捻挫・肉離れ治療
循環器の病気
不整脈 治療
高血圧 治療
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症
冷え性 治療
つわり(悪阻) 治療
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎
C型肝炎
ヘルペス(帯状疱疹)
脊髄炎 治療
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症 治療
遊走腎
腎臓疾患 治療
血尿
痛風 治療
呼吸器疾患
肺気腫 治療
間質性肺炎
消化器疾患
クローン病 潰瘍性大腸炎 治療
手術後の癒着 痛み
逆流性胃炎・逆流性食道炎
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療
舌痛症 治療
ミオクローヌス
顔面痙攣 治療
パニック障害・不安神経障害 治療
不眠症
麻痺
ベル麻痺
脳卒中(脳溢血・脳梗塞)後遺症 治療
関節症
顎関節症 治療
変形性膝関節症 治療
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化(黄縦靭帯骨化症) 治療
四十肩・五十肩 治療
手根管症候群 治療
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療
慢性疲労症候群 治療
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療
042-365-9781