リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

「ようこそ手のひら先生スタイル高麗手指鍼高血圧治療の世界へ!」

ここでは独自の研究で進化させた韓国の鍼「高麗手指鍼」を、手のひら先生スタイルとしてその効果をご紹介いたします。

高麗手指鍼自体が日本では珍しいことと思います。

手のひらだけで治療できる簡便さはありました。

また手のひらと脳が密接な関係であることを、ペンフィールド教授の研究から説明いたしました。ホムンクルスとして広く知られています。

この科学的な説明から伝統的な日本の鍼や中国鍼そのほかよりも、より高い効果を出せるのが高麗手指鍼である可能性を証明いたしました。

しかし現在までその効果は限定的でした。

韓国人金成万師が私の先生でした。先生はがん治療で有名でしたが、その治療方法は「気」を使う名人の技術でした。

私がここ10年間自らの脳溢血後遺症を治そうとして研究を深めた結果、世界の何処にもない高麗手指鍼の理論と技術を極めました。

世界中の鍼灸師でこれを理解できる方は、今のところほとんどいらっしゃらないでしょうが。

高麗手指鍼をなんとかして進化させ、自らの病気も完治させたいと研究してきました。

その突破口としてフランス人の開発した、耳鍼の理論に出会ったのです。

フランス人医師で耳鍼の創始者ポール・ノジェ博士の研究は、今までにない独創的な理論でした。しかし博士のディメンション理論は、それまでは誰も何を意味していたのか理解できませんでした。

もしかすると博士ご自身もディメンション(位相)の意味するところは、本当は理解していなかったかもしれません。

私は検証重ねることで位相とそのツボの真の意味をすべて読み解きました。

きっかけになったのは元東京芸術大学三木成夫教授の「生命形態学序説」に出会ったことでした。

その意味するところは次のことです。

人間の祖先は4億年前魚の時代でした、それが進化して鳥の時代になり、進化して人間になったということです。

それぞれの時代にそれぞれ進化した脳と臓器が出来て、それに対応するツボが出現しました。

それぞれの時代に作られ進化してきた脳と臓器、それを効果的に調整するにはディメンションを考え、効果的にツボの刺激をしなければなりません。しかし二千年前に作られた鍼灸のツボと理論は、それ以上には発展できませんでした。

それで現代の鍼灸の中心は、腰痛肩こり治療になっているのです。

なぜそうなっているかと言えば、進化していく過程で脳・免疫・臓器に対応するツボ、それは最初に現れたツボ(さかなの時代のツボ)の下に隠れることとなったからです。

このことを明らかにしたことで、それまでは治療不可能であった、免疫疾患・脳疾患・肺・子宮・心臓疾患の治療も可能になりました。

(博士はディメンション6まであるとご著書の中では書かれています。もしかすると進化の過程では6段階ぐらいの変化を、人間はしてきたかもしれません。しかし治療についてはこの3段階で十分です。ちなみに博士のご著書では、ディメンション3までのツボしか描かれていません)

これらのことが高血圧治療で、十分に生かされ成果を上げられることとなったのです。

ではその効果と成果をご覧ください。

「高血圧」の原因・病状・治療

高血圧はサイレントキラー(静かなる殺し屋)と言われます。静かに忍び寄り、突然襲いかかります。気が付いたときは、悲惨な結果が待ちうけている病気です。糖尿病も同じように、結果が出て初めて後悔する厄介な」病気です。

高血圧の定義は1962年世界保健機構(WHO)が決めた、収縮期血圧(心臓が血液を押し出すとき)を160ミリHg以上、拡張期血圧(心臓に血液が戻ってくるとき)を95ミリHg以上を使用しています。しかし一般には最高血圧は140ミリHg未満、最低血圧80ミリHg未満が血圧安定の目標とされています。

高血圧は次のように分類されている。

①本態性高血圧 本態性と言うのは原因がわからないと言う意味である。高血圧の95%をしめるという。 ②腎性高血圧 腎炎などにより起こるものと、腎動脈の狭窄によって起こるものとに分けられる。 ③内分泌性高血圧 副腎、脳下垂体、甲状腺、副甲状腺、睾丸、卵巣、などの疾患によりホルモン産生が異常になりもたらされる。

病気などとの関連からみてみる、

(1)脳血管との関係 脳血管が破れて出血する脳溢血は、もっとも関連が深い。血管が詰まる脳血栓脳梗塞とも高血圧との関連はあると言われ、その病気促進は間違いがない。

(2)糖尿病との関係 600万人はいると言われている糖尿病である。高血圧患者は正常な者に比べ、糖尿病を合併する頻度はおよそ2倍はあるとのことである。

(3)女性の高血圧 閉経期までは女性ホルモンにより、高血圧・脳卒中・心臓病を起こす頻度は男性よりも低い。妊娠中は後期が高血圧になりやすい。およそ女性の高血圧の原因は、本態性が最も多く、妊娠、腎臓疾患、内分泌性、血管の病気と続く。

(4)65歳以上、年齢との関係 最高血圧が高めになり、最低血圧は低めになる傾向がある。血圧変動も他の年齢より大きい。夜間の血圧が下がりやすい。血圧調整能力が衰えてくるので、起立性低血圧の頻度が高くなる。

(5)心臓病との関係 高血圧時の心不全は、動悸、運動時の息切れ、夜間の呼吸困難、せきなどである。冠動脈硬化や、痙攣による狭心症心筋梗塞は、高血圧により促進されるのである

参考書 「血圧の話」 尾前照雄 著 岩波新書 をお勧めします。

必ず血圧のことを聞きます。脈診では血圧が計れないからです。血圧計ができてから高血圧の概念ができました。したがって、東洋医学の古典にも高血圧の文字はないのです。 さて西洋医学では高血圧がなぜ起こるのか、そのほとんどの原因をつかんでいません。したがって降圧薬なるものは対症療法に過ぎません。したがって飲み続けることで、様々な副作用の危険性が高まるのです。

私は最近高血圧になる原因を含めて、次のように定義しました。すなわち「最高血圧は心臓が関係している。最低血圧は腸が関係している」です。

心臓は肉体的精神的ストレスの影響を受けます。交感神経が高ぶることで過度な負担がかかり、最高血圧を上げてしまうのです。
一方腸の納まっている腹腔は大きな入れ物に例えられます。腸の動きで血液は心臓に戻ってくるのですが、この動きが悪いと血液もまた流れません。そのことで腹腔内の圧力を上げてしまいます。

朝方排便をすると血圧がさがるのは、このことを物語っています。交感神経を抑制し、腸の動きを促進させることが、血圧を正常にすることです。

私こと「手のひら先生」は、自らの体験から究極の高血圧処方を会得しました。ただし現在降圧薬を服用している場合、いきなりこの方法を実行するのは危険です。それは薬によって無理に身体がコントロールされているので、服薬中止した2から3日後に身体から薬が排出され、大きな反動が出る危険性があるからです。 鍼治療をしながら薬を徐々に減らし、こちらで指導する「健康法」を行なうことで、あなたの理想的な血圧に戻すことが出来るのです。

近頃話題になっている「キラーストレス」による高血圧は、簡単に下がります。ただしストレスそのものはご自身で対策を取らなければなりませんが、それは様々な方法がありますのでお教えできると思います。

原因となる扁桃体の異常興奮の抑制、その影響を受けた副腎皮質から過剰分泌された、コルチゾールの抑制は調整できます。この異常から起こる高血圧の治療はじつは自身でためしており、簡単に下げることが出来ました。

他に原因がある高血圧治療に比べれば、治療は簡単になります。

治療費

初診料 3,000円
個人専用鍼代 2,100円(治療10回毎にお支払いただきます)
治療費 7,000円

「高血圧」の治療・実績

症例 1 男性 初診1998年5月 血圧190-102。胸が苦しい。肝機能障害あり。かかり付けの病院で良くならず、公立の病院で精密検査を勧められた。検査の帰りに治療すると言う形で、来院した。薬を5種類服用していたので、その内容を調べてもらった。高血圧に対する薬3種類、狭心症1種類、虚血性心疾患1種類であった。こんな薬を長年飲んでいたのか、本人も調べてビックリした。新しい病院では、薬も減って2種類ぐらいになった。治療開始13回目 治療前141-90(69) 治療後127-87(62)と結果が出始めた。検査と治療を平行しているうち、最終結果は異常なしになってしまった。 肝機能障害があったのは、恐らく薬のせいであったろう。最初ストレスからくる高血圧が、患者の訴える症状に合わせていくうち心臓疾患の薬も加わっていったのだと推察される。患者の訴えを良く聞く医者ほど、薬の数は増えると聞いたことがあります。しかし最初の時点で病状を取り除くことが可能なら、患者も苦しまなかったとは思ったことでした。
症例 2 40歳代 血圧180-130。医師の処方する薬は飲み始めると止めることができないと、今までは漢方薬を飲み続けてきました。初診02/03/06あまりに血圧が高いので、脳溢血の怖さ、後遺症が残った時の悲惨さを説明しました。そしてまず医者で降圧剤を処方してもらい、当面の危険な状態を脱し、その後は鍼を併用し薬から離れていく。そのように説明しました。今回は応急的処置も加え治療しました。 02/03/21 血圧140-100。02/04/03 血圧140以下に、下は100前後。脳溢血の危険は脱しているものの、下が高いと脳梗塞の発症が高いので、まだ油断はできません。症例 3 50歳代 ストレスや仕事の疲れからの高血圧です。漢方薬服用も、最低血圧のコントロールが難しく、90後半を前後しています。05/03/01 手の鍼のほかに耳のツボを使い、自律神経の緊張を取ることにいたしました。術前最低血圧98が術後81に下がりました。 05/03/08 術前91、術後89になりました。最高血圧は137です。

症例 4 MT 2種類の降圧剤を服用しています。

06/05/12 初診 他の疾患で来られましたが、あわせてこの病気の治療、生活指導をすることによって正常血圧に戻りました。 06/06/21 第6回目。それまでにアプライドキネシオロジーテストで、服用薬は2分の一で足りることが分かっていました。そのことによって血圧は最高血圧116、最低血圧69です。生活の中にウォーキングは時間的にとれないので、家の中でスクワットを行うことにしました。下半身を鍛え筋肉量を増やすことで、結果血圧の低下がもたらされたわけです。

症例 5 TH

坐骨神経痛で来られている患者さんです。本日から本態性高血圧の治療法を行います。根底には仕事が忙しく不規則な勤務なので、過労があります。肉体的精神的なストレスが重なっています。以前から血圧が高いとのことです。仕事が深夜にも及ぶとのことなので、少しでも睡眠をとるようにアドバイスしたので、極力昼寝などに心掛けているそうです。しかし最高血圧は180から上、最低血圧は140前後あります。私の高血圧理論は、「最高血圧は心臓が深く関係し最低血圧は腸が関係する」というものです。最高血圧は交感神経の抑制が効果的に下がります。最低血圧は腸の調整が効果的です。

10/06/15 初診ニードルキーパーは最初なので2個使います。脊柱管狭窄症治療も行いました。術後の血圧は最高血圧160、最低血圧103、脈拍数87でした。施術中はいつになく深い眠りに落ちたそうです。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ(リウマチ)
シェーグレン症候群 治療
全身性エリトマトーデス 治療
自己免疫性肝炎 治療
橋本病 治療
アレルギー
アトピー性皮膚炎 治療
アトピーと蕁麻疹の合併症
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息 治療
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療
脊椎すべり症 治療
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰 治療
三叉神経痛 治療
肋間神経痛 治療
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)
目の病気
網膜色素変性症 治療
眼底出血 治療
飛蚊症 治療
緑内障 治療
網膜中心静脈閉塞症 治療
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療
角膜潰瘍 治療
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎
加齢黄斑変性症 治療
耳の病気
耳鳴り・難聴 治療
耳鳴り
突発性難聴 治療
メニエール病
がん・癌・ガン治療
がん治療
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病 治療
進行性核上麻痺
骨折・捻挫・肉離れ
骨折 治療
疲労性骨折 治療
捻挫・肉離れ治療
循環器の病気
不整脈 治療
高血圧 治療
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症
冷え性 治療
つわり(悪阻) 治療
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎
C型肝炎
ヘルペス(帯状疱疹)
脊髄炎 治療
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症 治療
遊走腎
腎臓疾患 治療
血尿
痛風 治療
呼吸器疾患
肺気腫 治療
間質性肺炎
消化器疾患
クローン病 潰瘍性大腸炎 治療
手術後の癒着 痛み
逆流性胃炎・逆流性食道炎
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療
舌痛症 治療
ミオクローヌス
顔面痙攣 治療
パニック障害・不安神経障害 治療
不眠症
麻痺
ベル麻痺
脳卒中(脳溢血・脳梗塞)後遺症 治療
関節症
顎関節症 治療
変形性膝関節症 治療
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化(黄縦靭帯骨化症) 治療
四十肩・五十肩 治療
手根管症候群 治療
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療
慢性疲労症候群 治療
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療
042-365-9781