リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

「ようこそ手のひら先生スタイル高麗手指鍼の変形性膝関節症治療の世界へ!」

ここでは独自の研究で進化させた韓国の鍼「高麗手指鍼」を、手のひら先生スタイルとしてその効果をご紹介いたします。

高麗手指鍼自体が日本では珍しいことと思います。

手のひらだけで治療できる簡便さはありました。

また手のひらと脳が密接な関係であることを、ペンフィールド教授の研究から説明いたしました。ホムンクルスとして広く知られています。

この科学的な説明から伝統的な日本の鍼や中国鍼そのほかよりも、より高い効果を出せるのが高麗手指鍼である可能性を証明いたしました。

しかし現在までその効果は限定的でした。

韓国人金成万師が私の先生でした。先生はがん治療で有名でしたが、その治療方法は「気」を使う名人の技術でした。

私がここ10年間自らの脳溢血後遺症を治そうとして研究を深めた結果、世界の何処にもない高麗手指鍼の理論と技術を極めました。

世界中の鍼灸師でこれを理解できる方は、今のところほとんどいらっしゃらないでしょうが。

高麗手指鍼をなんとかして進化させ、自らの病気も完治させたいと研究してきました。

その突破口としてフランス人の開発した、耳鍼の理論に出会ったのです。

フランス人医師で耳鍼の創始者ポール・ノジェ博士の研究は、今までにない独創的な理論でした。しかし博士のディメンション理論は、それまでは誰も何を意味していたのか理解できませんでした。

もしかすると博士ご自身もディメンション(位相)の意味するところは、本当は理解していなかったかもしれません。

私は検証重ねることで位相とそのツボの真の意味をすべて読み解きました。

きっかけになったのは元東京芸術大学三木成夫教授の「生命形態学序説」に出会ったことでした。

その意味するところは次のことです。

人間の祖先は4億年前魚の時代でした、それが進化して鳥の時代になり、進化して人間になったということです。

それぞれの時代にそれぞれ進化した脳と臓器が出来て、それに対応するツボが出現しました。

それぞれの時代に作られ進化してきた脳と臓器、それを効果的に調整するにはディメンションを考え、効果的にツボの刺激をしなければなりません。しかし二千年前に作られた鍼灸のツボと理論は、それ以上には発展できませんでした。

それで現代の鍼灸の中心は、腰痛肩こり治療になっているのです。

なぜそうなっているかと言えば、進化していく過程で脳・免疫・臓器に対応するツボ、それは最初に現れたツボ(さかなの時代のツボ)の下に隠れることとなったからです。

このことを明らかにしたことで、それまでは治療不可能であった、免疫疾患・脳疾患・肺・子宮・心臓疾患の治療も可能になりました。

(博士はディメンション6まであるとご著書の中では書かれています。もしかすると進化の過程では6段階ぐらいの変化を、人間はしてきたかもしれません。しかし治療についてはこの3段階で十分です。ちなみに博士のご著書では、ディメンション3までのツボしか描かれていません)

これらのことが変形性膝関節症治療で、十分に生かされ成果を上げられることとなったのです。

ではその効果と成果をご覧ください。

「変形性膝関節症」の原因・病状・治療

ひざの痛みを訴え医院する方が多くいます。その原因を考察してみる。

(1)ひざ自体の構造的なものから来る痛み。 半月盤が加齢やスポーツ、怪我などで損傷をしている。それで神経が刺激される場合。

(2)東洋医学から見て。中国人は神経ではなく、体の気の流れを考えていました。この気の流れ、経絡に何ら かの変調を来すと病気になる。この変調を起こす原因に冷えや湿気が上げられます。最近の家屋の構造、職 場環境などから、夏でも冷えが痛みの原因になっていることがあります。また、日本の気候風土から湿気が体を 傷めていることもあります。

(3)東洋医学からみて。ひざの内側は脾経といって、今で言う膵臓の気の通り道です。加齢によって膵臓も小さ くなる。ところが、甘いものが好きになる年齢でもある。インシュリンを増産しなくてはならない、膵臓が悲鳴を上げる。経絡上に痛みが出る。と考えると思い当たる人は多いはずです。

(4)体全体の歪みからくるひざの痛み。 加齢と共に体が前かがみになったり、左右どちらかに傾いたりしてくる。若くても、ねじれが体に起きていることがある。この歪が、どちらかのひざに過大に体重をかけるようになる。

ひざに水がたまったので抜いた。これは水では有りません。骨も生きています。栄養を運ぶ血管が無いため、体液が運搬します。歩くとき体重がかかり半月盤の中深く栄養が沁みていくのです。水を抜いたら栄養失調になってしまいます。そもそも体に何か変調が起きたときは、何らかの警告として捉えなければいけません。

とはいっても、治療の多くが、温める、湿布をする、低周波の電極をつける、ひざの周りに鍼を刺すだけ、超音波 機械でのマッサージ、この程度で終始しているのが現状でしょう。根本治療をしなくてはなりません。

(1)~(3)までの原因分析が出来れば、鍼灸師なら治せるのではないでしょうか。問題は(4)の場合でした。伝 統的な鍼灸の治療例を見ても、からだの歪みの矯正を目的として行っているもの見た事が無い。灸師沢田健に しても、お灸で筋を柔らかくしてから、整体で体の歪みを矯正したと言うことが「鍼灸真髄」に書かれている。

手だけでこれが出来ると言ったら皆さんさぞや驚かれると思います。

治療費

初診料 2,000円
個人専用鍼代 2,100円(治療10回毎にお支払いただきます)
治療費 6,000円

「変形性膝関節症」の治療・実績

症例 1 女性 60歳代 狭心症の診断を病院で受けています。主訴は左ひざの痛み及び右手の痺れです整形外科では頚椎に問題があるといわれたそうです。ひざの部分に鍼灸治療も受けたが、はかばかし改善が無かったそうです。立ち仕事をしているので困って来院されました。 診察すると、体が左に傾きかつ左肩が前に出るようにねじれが入っていた。これが痛みの原因です。血流の改善等本治法を施した上に、C.D.(Correction of Distortion)を加えた。これは私が手の中で全ての治療、整体的な手技も鍼で行ってしまおうと発明した技術である。 完治まで計7回、フォロー1回計8回で全ての主訴を取り除いた。

症例2 女性 60歳代後半 見ると左肩が極端に下がっている。左膝が痛い。左にレジスターを置き、体をひねる形で接客をしていたら、左足が右に比べ7~8センチ短くなってしまった。 現在10回の治療が終わったところで、左右差は1~2センチ程度である。体全体を調整し、このCDを加えると骨を傷めることなく矯正ができる。
症例3 90歳代 前湾、左側湾を中々改善できなかった。CDも今年に入ってからの発明で、最初は鍼の本数も多く痛みがあった。そこで一時途絶えたことが有ったが、結局その効果を再認識してもらい治療を再開した。再開後6回目。左足にのっていた体重が右に移動し始めたため、右足に痛みが出たと言う。それに伴い、左足の動きは格段に良くなった。前湾は問題があるところである。と言うのは、1度前に曲がり始めると常時体重が前にあり、骨に過大な負担がかかった状況になる。矯正するパワーと本人の自覚、時々体を伸ばしてみる努力が必要である。そこで手に直接灸をすることとした。まだ4回であるが、全体に受ける感じは良い。本症例は写真があるので、結果が出たら提示する予定である。
症例4 76歳 私の母親です。身内だとつい面倒になりがちです。始め「膝が痛い」と言っていたので、運動不足から来ていると思っていた。それが長引くので坐骨神経痛を疑った。診断したが、それではなかった。体を特に膝を合わせて直立させると、見事に蟹股になっており典型的「膝関節症」の症状である。 治療は手指鍼と、私が考えた「変形性膝関節症」矯正体操をさせることとした。現在2週間ほど経過したが、膝がしまってきて、外側の腫れが引いてしわが現れてきた。痛みも伴って減ってきた。いずれこの体操を図にしてみたい。乞うご期待!。 その後の経過は順調で、自転車をこぐのも楽になってきた。痛みは有るものの日常生活に支障がなくなりました。後は筋力バランスを調えることで完治するはずで、現在私が考えた、体操を行っています。 01/09/05/現在膝の曲がりはやや不自由でありますが、変形が進行する様子もありません。足の痛みはもちろんの事ありません。
症例5 60代後半
初診 01/09/07/ ご主人を亡くされたあと、身体の前湾が始まった。原因としては、身体的なことより精神的な方が比重が多い疾患です。首から肩甲骨のうしろまで、ゆっくりとしたカーブを描いています。主訴トしては、食欲不振です。コレステロール薬、降圧剤、骨粗鬆症予防薬、胃薬が処方されています。 背中の曲がりを矯正することと、その過程で食欲の改善を図ることとしました。 01/09/19/治療第5回目。食事がおいしく食べられるようになってきました。 01/11/02/治療第7回目 第3胸椎辺りはカーブしているものの、立ち姿は当初とは見違えるようになって、すっくと言う表現が合うようになってきました。血圧も安定しており、 アプライドキネシオロジーテストでの判定も、服用している薬の多くは、半分で足りるという結果でした。薬が胃を荒らすので、食欲不振が増していたのかも知れません。声も力強さが出てきました。
症例6 90歳代 膝が変形して歩行が困難ということです。病歴は十二指腸潰瘍、高血圧、両耳の難聴があります。体の変形はなく、真っ直ぐに立たれています。年のせいで物忘れが激しいと嘆かれていますが、お一人で気丈に暮らされている姿はお年とは見えません。 初診01/11/05 高血圧の処置と膝の対策をする。162/86→155/73ヘ変化する。 01/11/12 術後深い椅子からの立ち上がりは、前回と比べて目覚しく改善されました。足に力がではじめたようです。歩行も幾分スムーズさが出てきました。166/83 →157/78へ降圧効果が出ました。

症例7 70歳代 膝が痛く、外出するにも杖などが必要です。特に立ち上がる時は大変苦労します。歩き始めれば、少し楽になってくると言うことです。 02/09/19 治療室へもやっとはいって来られる状態です。膝が前に出ないで、ぎこちない歩みになっています。椅子に座る立つときに介助が必要です。 02/09/27 歩き方がスムーズになりました。週2回治療に来られているので、回復度合いも早いようです。 02/09/30 治療の椅子から、1人で立ち上がれるようになりました。 02/10/05 第6回目。最初から比べると見違えるような歩き方です。立ち上がる時と、歩き出す時に違和感があります。02/10/08 歩行は俄然よくなってスムーズです。施術直後の椅子の立ち上がりは困難さがありますが、術後は見違えるように軽く立ち上がります。02/10/12 昨日はやや歩きすぎたと言うことで、目覚しい変化改善は見られませんでした。もう少し歩こう、という欲がでてきたのは良いことです。 02/10/18 第10回目。目だった改善はないももの、順調な回復でしょう。術後は立ち上がる時は、お一人ですっくと立ち上がれます。これが持続すればと思うのですが。 02/10/26 第12回目。治療室に入ってこられる動作がとても軽くなっていました。お聞きすると「大変調子が良い」とのお返事です。椅子から立ち上がるのも、少しづつですが改善しています。 02/11/08 第16回目。椅子から立ち上がるのは楽になったようです。しゃがんでしまうと立ち上がるのはまだ苦労します。歩行は最初から比べれば格段の変化と、患者さんも認めてくれていただいています。 02/11/21 第21回目。楽になってかなりの距離歩けるそうです。立ち上がる時と、第1歩目にもう少しスムーズさが出れば、かなり回復したことになります。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ(リュウマチ)
シェーグレン症候群 治療
全身性エリトマトーデス 治療
自己免疫性肝炎 治療
橋本病 治療
アレルギー
アトピー性皮膚炎 治療
アトピーと蕁麻疹の合併症
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息 治療
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療
脊椎すべり症 治療
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰 治療
三叉神経痛 治療
肋間神経痛 治療
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)
目の病気
網膜色素変性症 治療
眼底出血 治療
飛蚊症 治療
緑内障 治療
網膜中心静脈閉塞症 治療
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療
角膜潰瘍 治療
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎
加齢黄斑変性症 治療
耳の病気
耳鳴り・難聴 治療
耳鳴り
突発性難聴 治療
メニエール病
がん・癌・ガン治療
がん治療
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病 治療
進行性核上麻痺
骨折・捻挫・肉離れ
骨折 治療
疲労性骨折 治療
捻挫・肉離れ治療
循環器の病気
不整脈 治療
高血圧 治療
左室肥大不整脈 治療
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症
冷え性 治療
つわり(悪阻) 治療
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎
C型肝炎
ヘルペス(帯状疱疹)
脊髄炎 治療
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症 治療
遊走腎
腎臓疾患 治療
血尿
痛風 治療
呼吸器疾患
肺気腫 治療
間質性肺炎
消化器疾患
クローン病 潰瘍性大腸炎 治療
手術後の癒着 痛み
逆流性胃炎・逆流性食道炎
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療
舌痛症 治療
ミオクローヌス
顔面痙攣 治療
パニック障害・不安神経障害 治療
不眠症
麻痺
ベル麻痺
脳卒中(脳溢血・脳卒中・脳梗塞)後遺症 治療
関節症
顎関節症 治療
変形性膝関節症 治療
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化症 治療
四十肩・五十肩 治療
手根管症候群 治療
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療
慢性疲労症候群 治療
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療
042-365-9781