リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

「ようこそ手のひら先生スタイル高麗手指鍼のヘルペス(帯状疱疹)治療の世界へ!」

ここでは独自の研究で進化させた韓国の鍼「高麗手指鍼」を、手のひら先生スタイルとしてその効果をご紹介いたします。

高麗手指鍼自体が日本では珍しいことと思います。

手のひらだけで治療できる簡便さはありました。

また手のひらと脳が密接な関係であることを、ペンフィールド教授の研究から説明いたしました。ホムンクルスとして広く知られています。

この科学的な説明から伝統的な日本の鍼や中国鍼そのほかよりも、より高い効果を出せるのが高麗手指鍼である可能性を証明いたしました。

しかし現在までその効果は限定的でした。

韓国人金成万師が私の先生でした。先生はがん治療で有名でしたが、その治療方法は「気」を使う名人の技術でした。

私がここ10年間自らの脳溢血後遺症を治そうとして研究を深めた結果、世界の何処にもない高麗手指鍼の理論と技術を極めました。

世界中の鍼灸師でこれを理解できる方は、今のところほとんどいらっしゃらないでしょうが。

高麗手指鍼をなんとかして進化させ、自らの病気も完治させたいと研究してきました。

その突破口としてフランス人の開発した、耳鍼の理論に出会ったのです。

フランス人医師で耳鍼の創始者ポール・ノジェ博士の研究は、今までにない独創的な理論でした。しかし博士のディメンション理論は、それまでは誰も何を意味していたのか理解できませんでした。

もしかすると博士ご自身もディメンション(位相)の意味するところは、本当は理解していなかったかもしれません。

私は検証重ねることで位相とそのツボの真の意味をすべて読み解きました。

きっかけになったのは元東京芸術大学三木成夫教授の「生命形態学序説」に出会ったことでした。

その意味するところは次のことです。

人間の祖先は4億年前魚の時代でした、それが進化して鳥の時代になり、進化して人間になったということです。

それぞれの時代にそれぞれ進化した脳と臓器が出来て、それに対応するツボが出現しました。

それぞれの時代に作られ進化してきた脳と臓器、それを効果的に調整するにはディメンションを考え、効果的にツボの刺激をしなければなりません。しかし二千年前に作られた鍼灸のツボと理論は、それ以上には発展できませんでした。

それで現代の鍼灸の中心は、腰痛肩こり治療になっているのです。

なぜそうなっているかと言えば、進化していく過程で脳・免疫・臓器に対応するツボ、それは最初に現れたツボ(さかなの時代のツボ)の下に隠れることとなったからです。

このことを明らかにしたことで、それまでは治療不可能であった、免疫疾患・脳疾患・肺・子宮・心臓疾患の治療も可能になりました。

(博士はディメンション6まであるとご著書の中では書かれています。もしかすると進化の過程では6段階ぐらいの変化を、人間はしてきたかもしれません。しかし治療についてはこの3段階で十分です。ちなみに博士のご著書では、ディメンション3までのツボしか描かれていません)

これらのことがヘルペス(帯状疱疹)治療で、十分に生かされ成果を上げられることとなったのです。

ではその効果と成果をご覧ください。

「ヘルペス(帯状疱疹)」の原因・病状・治療

ヘルペスウィルスによって引き起こされる、帯状疱疹はとても辛い症状です。

良く起こる部位は、三叉神経第1枝や肋間神経です。痒いような、刺すような、焼けつくようなという表現をされるようです。

一般的な症状としては、神経に沿って帯状の発疹が赤く出ます。疼痛があり水ぶくれになったりします。また出る場所によっては重篤な症状にいたる場合があるので、注意が必要とされます。

三叉神経に出る場合は、髄膜炎や脳炎、目の中では角膜炎や結膜炎を起すことがあります。その他、顔面神経麻痺、排尿排泄障害などに至る場合もあります。

早期に治療を開始しないと、長期に渡り苦しむことになったり、後遺症が残ったりする場合があります。

人の身体の中には、様々なウィルスが住んでいます。神経節の中にいて終生何も悪さをしないウィルスもあれば、このような症状を呈するものも存在します。ヘルペスは、人間の免疫力が低下した時に出現して症状を引き起こすので、常に健康状態を保っていれば防げるものです。

ではこのヘルペスウィルスを無くしてしまえば良いと思うのですが薬がありません。

身体の中にある常在菌ウィルスは殺す方法がないのです。

では免疫力をたかめればと考えるのですが、これは日常生活を見直し体に優しい暮らしにする、この方法しかありません。

仕事 スポーツ 睡眠 食事とその時間帯 などの見直しになります。

大きな原因としてストレスをあげられますが、個々人によってストレが何であるのか、見極めが大切です。また見極めたとしても、現代社会では改善することも大変です。

一概に免疫力アップと言いますが、免疫力とはなにか?

免疫力を担うのはリンパ球です。リンパ球には原始的なリンパ球と、獲得免疫と言われるリンパ球群がいます。前者は人間の祖先であった魚の時代から備わったもの、後者は進化して鳥の時代と人間の時代に備わったものです。

この免疫力をアップさせる方法があれば、ヘルペスは驚くほどの早く治癒を見せます。

ピンポイントでこの免疫をたかめる方法、私がISS 1  2 3 と名付けた免疫調整法で行うと、免疫は急速に回復し戻ります。

 

治療費

初診料 2,000円
個人専用鍼代 2,100円(治療10回毎にお支払いただきます)
治療費 6,000円

「ヘルペス(帯状疱疹)」の治療・実績

60歳台 の帯状疱疹治療

2年ほど定期的に治療に通われていた方です。毎年初夏にかけて体調を崩され、1から2ヶ月は寝ている状態が何年も繰り返していたそうです。当院に来られるようになってからは、そのような事もほとんど無くなりました。元気になって、趣味や海外旅行にもいかれるようになりました。ところが3年目の初夏に、肋間に帯状疱疹が出てきたと話されました。以前はこのような痛みで入院の経験があるそうです。これから掛かり付けの医師に見てもらうとのことでした。それではその治療もということで行いました。翌週来られたのですが、お医者さんはこれを見て、悪化するようなら入院の手続きを取りましょうといったのですが、そのまま治ってしまったそうです。その翌年も同じ時期にチョット出るような気配があったのですが、結局は症状として現れませんでした。 継続治療は力なりという事でしょうか。

症例 2 24歳 の口唇ヘルペス

忙しい仕事、定時制の大学へ通学、その他バレーボールの練習と、若くてもさすがに疲れたせいか、口唇ヘルペスが現れました。 初診01/02/15/ 高校生の時に症状が出た事があったそうです。鼻の下、口唇の下部に疱疹が赤く出ていました。 01/02/22/念のため1週間後に治療に来られましたが、1回目の治療でヘルペスは消えてしまったそうです。 01/10/01/今回は夏の疲れと日曜出勤も重なった為に、ヘルペスが出掛かっている状態で来院しました。今回も1回の治療で終了しました。

症例 3 30歳代 のヘルペス

他の疾患治療をしていたところ、ヘルペスが顔中に出てきました。顔であったので目への心配も多少有ったのですが、「今回の治療ですぐ消えてしまいます」と言って通りになりました。 ヘルペスの軽重は軽率に即断できませんが、痛みの少ない緊急性が見られない場合はすぐ軽快するようです。

症例 4 50歳代 口唇ヘルペス

口唇ヘルペスに苦しんでいます。スポーツマンでしたが、心臓病になってから(ニトロは常時携帯)、運動は出来ない状況になっています。現在不整脈があります。そのほか高脂血症と飛蚊症があります。 この症例は不整脈の症例と重なります。 02/04/18 手のひら全体が白くなっています。これは血液循環が上手くいってないことを表します。これが免疫力低下を引き起こし、口唇ヘルペスを起こすのです。 02/05/01 手のひらの改善が進まないので、自宅でお灸(手のひらにする)温灸をしていただくことにしました。 02/05/15 第7回目。血行を測るトロンボキサンで、アプライドキネシオロジーテストをしたところ、130と言う数値が出ました。 02/06/29 手のひら全体が赤みを帯びてきました。斑文様はあるものの、当初から比べればはるかに状態はよくなってきています。ヘルペスも完治とは行かないものの、状態はよいようです。02/07/17 第15回目。気候のせいもあり、血行状態改善され、体調ヘルペスとも状態は良好です。02/08/06 第17回目。疲れでヘルペスがぶり返しました。 02/10/16 第25回目。特に注意していませんでしたが、ヘルペスは消え不整脈も正常になりました。健康診断で指摘がなかったのはここ何年もなかったそうです。

症例 5 OT のヘルペス

背中からわき腹にかけて痛みがあります。既往症としては、高血圧、糖尿病、血小板増多症、骨髄繊維症があります。 07/06/25 初診 ヘルペスウィルスの増殖がありました。サプリメントとしてEPAとDHAのミックスされたものか、プロポリスが効果的と出ましたのでお勧めいたしました。また養命酒も勧めました。07/07/02 ヘルペスの痛みは改善してきました。 07/07/13 痛みの方はほとんど問題なくなって来たそうです。

症例 6 KY のヘルペス

5年ほど前に肺癌の手術をしています。4ヶ月前から背中、脇、胸痛みがあります。 07/06/02 初診 ヘルペスを筋力テストで計測すると、治療前には1100ng治療後は500ngと高い値を示しました。 07/06/20 第4回目。坐骨神経痛が出ましたので、その処置も行いました。脳反射テストを使い痛みが消えるまでを測ると、あと2回治療が必要と出ました。現状は正常時の90パーセントと出ました。 07/07/06 第6回目。ヘルペスは10ngに激減し、体調も正常時の95パーセントと出ました。 07/07/24 第8回目。本日で完治といたします。痛みも治まり、こられた時と比べ見違えるほど顔が輝きを戻しています。

症例 7 KT

3ヶ月ぐらい前から、帯状疱疹(ヘルペス)が出て痒い。病院に行くも改善されなかった。 08/07/22 初診 オーリングテスト試料ヘルペスⅠ型(HSVⅠ)で計測すると、術前は900ng術後は390ngでした。サプリメントでは、EPAとDHAの混合された油、プロポリスが効果に免疫機能を上げるようです。またお灸も効果あるので、治療で完治後行なうように灸点をおろしました。 08/08/01 前回の治療後汗が出るようになりました。ヘルペスの出ているところもよくなりつつあり、痛みも少なくなってきました。HSVⅠ型は術後120ngになりました。 08/08/08 ヘルペスは順調に回復しています。しかし蕁麻疹が出てしまい、悪化したと驚いてサプリメントを控えてしまいました。回復過程ではこのようなことは良く起こり、好転反応と表現されることがあります。 08/08/15 かなり症状は改善したそうです。術後のオーリングテストで、HSVⅠ型は23ngでした。あと1回で一桁台になります。ちなみに血行障害度を測る、トロンボキサン値は17ngでした。お腹の患部でのオーリングテストはあと少しでクローズになります。 08/08/22 トロンボキサン値 1ng、HSVⅠ型 1ngでした。症状も無くなったので今回で完治とします。これからは、サプリメントを利用するほか生活に注意することで、今の状態を保てるはずです。

症例 8 MK

先月末からヘルペスが首に出て、顔も歪んで来ました。また左目も瞼がふさがってきました。病院では手立てがなく来院されました。耐えがたい痛みもあります。 10/08/05 初診ISSで免疫を上げる方法をとりました。正常に戻ったことは、術後のオーリングテストで確認いたしました。自宅ではサプリメントのアガリクスを利用してもらうことといたしました。10/08/06昨日から痛みはすっかり無くなりました。ここ数日耐えがたかったのがウソのようです、とおっしゃっていました。

症例 9 HJ

3か月以上前に左わきに帯状疱疹が出来ました。最初の医院で湿疹の診断、次の皮膚科で帯状疱疹と診断されました。その後中々治らないので、数か所を回ったのですが完治せず来院しました。 11/0112気脈の調整と、ISSを処方しました。術後には何となく痛みがあるような気になっていたのが、とても楽になたそうです。帯状疱疹の治療は西洋医学にはなく、結局のところ自己の免疫が働かなければ完治しないのです。そういう意味ではこのISSは効果的です。[最近の話題から]

ヘルペスがひどくなると相当辛いようです。患者さんのご家族で、お母さんがヘルペスになって、お父さんが仕事を辞めて看病されたそうです。完治には1年かかったそうです。高麗手指鍼は免疫力を高めるには 最適です。何故なら人間の免疫をコントロールしているのが脳であるからです。最先端を行く、分子生物学の研究からそれが解明されています。この脳に物理的刺激をし、効果的にその力を引き出すのが手のひらの刺激なのです。手のひらは顔と同じ位に脳で刺激を受ける部分、コントロールする比重が身体のほかの部分より高いのです。 したがって上記の例のように軽いものは、数回の治療で症状が軽快してしまいます。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ(リュウマチ)
シェーグレン症候群 治療
全身性エリトマトーデス 治療
自己免疫性肝炎 治療
橋本病 治療
アレルギー
アトピー性皮膚炎 治療
アトピーと蕁麻疹の合併症
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息 治療
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療
脊椎すべり症 治療
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰 治療
三叉神経痛 治療
肋間神経痛 治療
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)
目の病気
網膜色素変性症 治療
眼底出血 治療
飛蚊症 治療
緑内障 治療
網膜中心静脈閉塞症 治療
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療
角膜潰瘍 治療
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎
加齢黄斑変性症 治療
耳の病気
耳鳴り・難聴 治療
耳鳴り
突発性難聴 治療
メニエール病
がん・癌・ガン治療
がん治療
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病 治療
進行性核上麻痺
骨折・捻挫・肉離れ
骨折 治療
疲労性骨折 治療
捻挫・肉離れ治療
循環器の病気
不整脈 治療
高血圧 治療
左室肥大不整脈 治療
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症
冷え性 治療
つわり(悪阻) 治療
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎
C型肝炎
ヘルペス(帯状疱疹)
脊髄炎 治療
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症 治療
遊走腎
腎臓疾患 治療
血尿
痛風 治療
呼吸器疾患
肺気腫 治療
間質性肺炎
消化器疾患
クローン病 潰瘍性大腸炎 治療
手術後の癒着 痛み
逆流性胃炎・逆流性食道炎
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療
舌痛症 治療
ミオクローヌス
顔面痙攣 治療
パニック障害・不安神経障害 治療
不眠症
麻痺
ベル麻痺
脳卒中(脳溢血・脳卒中・脳梗塞)後遺症 治療
関節症
顎関節症 治療
変形性膝関節症 治療
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化症 治療
四十肩・五十肩 治療
手根管症候群 治療
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療
慢性疲労症候群 治療
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療
042-365-9781