リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

「ようこそ手のひら先生スタイル高麗手指鍼のC型肝炎治療の世界へ!」

ここでは独自の研究で進化させた韓国の鍼「高麗手指鍼」を、手のひら先生スタイルとしてその効果をご紹介いたします。

高麗手指鍼自体が日本では珍しいことと思います。

手のひらだけで治療できる簡便さはありました。

また手のひらと脳が密接な関係であることを、ペンフィールド教授の研究から説明いたしました。ホムンクルスとして広く知られています。

この科学的な説明から伝統的な日本の鍼や中国鍼そのほかよりも、より高い効果を出せるのが高麗手指鍼である可能性を証明いたしました。

しかし現在までその効果は限定的でした。

韓国人金成万師が私の先生でした。先生はがん治療で有名でしたが、その治療方法は「気」を使う名人の技術でした。

私がここ10年間自らの脳溢血後遺症を治そうとして研究を深めた結果、世界の何処にもない高麗手指鍼の理論と技術を極めました。

世界中の鍼灸師でこれを理解できる方は、今のところほとんどいらっしゃらないでしょうが。

高麗手指鍼をなんとかして進化させ、自らの病気も完治させたいと研究してきました。

その突破口としてフランス人の開発した、耳鍼の理論に出会ったのです。

フランス人医師で耳鍼の創始者ポール・ノジェ博士の研究は、今までにない独創的な理論でした。しかし博士のディメンション理論は、それまでは誰も何を意味していたのか理解できませんでした。

もしかすると博士ご自身もディメンション(位相)の意味するところは、本当は理解していなかったかもしれません。

私は検証重ねることで位相とそのツボの真の意味をすべて読み解きました。

きっかけになったのは元東京芸術大学三木成夫教授の「生命形態学序説」に出会ったことでした。

その意味するところは次のことです。

人間の祖先は4億年前魚の時代でした、それが進化して鳥の時代になり、進化して人間になったということです。

それぞれの時代にそれぞれ進化した脳と臓器が出来て、それに対応するツボが出現しました。

それぞれの時代に作られ進化してきた脳と臓器、それを効果的に調整するにはディメンションを考え、効果的にツボの刺激をしなければなりません。しかし二千年前に作られた鍼灸のツボと理論は、それ以上には発展できませんでした。

それで現代の鍼灸の中心は、腰痛肩こり治療になっているのです。

なぜそうなっているかと言えば、進化していく過程で脳・免疫・臓器に対応するツボ、それは最初に現れたツボ(さかなの時代のツボ)の下に隠れることとなったからです。

このことを明らかにしたことで、それまでは治療不可能であった、免疫疾患・脳疾患・肺・子宮・心臓疾患の治療も可能になりました。

(博士はディメンション6まであるとご著書の中では書かれています。もしかすると進化の過程では6段階ぐらいの変化を、人間はしてきたかもしれません。しかし治療についてはこの3段階で十分です。ちなみに博士のご著書では、ディメンション3までのツボしか描かれていません)

これらのことがC型肝炎治療で、十分に生かされ成果を上げられることとなったのです。

ではその効果と成果をご覧ください。

「C型肝炎」病の原因・病状・治療

腰痛肩こり治療も大切である。しかし、全ての内臓疾患に対し有効な鍼治療技術を手に入れたい。そう考えていた時出会ったのが高麗手指鍼でした。韓国では高麗手指鍼で癌を治した症例報告がされています。また韓国人の先生も、現に癌患者を中心に診ていました。私もその域に達したいと思っていましたが、さて如何にしてそこまでたどり着けるか、コツや秘伝なるものは教えていただけないので、すべて自分で考えるしかありませんでした。

そこで、自分なりに研究し至った結論は、西洋医学に有って東洋医学無いもの、それを補完していけば良いと言うことでした。

それは免疫機構の概念であり、これを賦活させるための技術です。高麗手指鍼は、この目的には最適と考えました。それは、高麗手指鍼が脳との関連が密接で、脳に気の調整を通して直接働きかけられるからです。また近年、免疫研究の分子生物学の発達と伴に、免疫調節は脳が行っていることが分かってきたからです。

免疫の1法であるB細胞系免疫については、従来の本治法をすれば良い。古典的な鍼をしても、この免疫力は上がるものです。研究によれば、笑っただけでも免疫力は改善されているのが証明されています。

韓国では日本とは異なる制度の違いから、この高麗手指鍼は民間療法として発展せざるを得ませんでした。民間療法ではあるが、伝統的鍼灸に比し内臓疾患に高い効果をあげていました。これはその鍼のもつ力、免疫力を強めることが可能である、と言う証明になると考えられます。しかし自己免疫疾患の分野において、その効果を発揮していると言えないのは、T細胞系の免疫を十分に働かせていないからである、またその力を引き出せていないからである。そう私は考えました。この両方をうまく働かせれば多くの病気に対し、一層の効果を引き出せると考えました。B細胞系T細胞系の、二つの免疫力を引き出すシステム。これをISS (Immuno Stimulate System)と名付けました。以下はこの処方を行い、その効果を確認できた最初の症例です。

人間の持つ自然治癒力すなわち免疫システムを正常に働かせる事は、すなわちC型ウィルス性肝炎治療だけに有効なのではありません。すべての疾患の中に、自己免疫の衰えまたは狂いが生じている事が言われています。自己免疫性肝炎などと言うように。このシステムを正常に働かせることにより、癌・関節リュウマチ・膠原病なども治っていくのです。

C型肝炎について、日本における状況を平成9年9月号「モダンフィジシャン」から概括してみる。

我国のHCVキャリアC型肝炎ウィルス感染者)は、260万人いる。このうち肝硬変患者は、12万人と推定される。夢の治療薬と騒がれた、インターフェロンにより慢性肝炎の30パーセントは治療可能になったものの、残る大多数は肝硬変に移行する。C型肝炎は、感染すると自然治癒例は存在するものの、その頻度は低く、0.2パーセント程度である。また、感染から20年で肝硬変、30年で肝臓癌へ移行する。その比率は、B型よりも高い。

現在ウィルス感染は、A~G型まで分類されている。A型は治療方法も確立して、完治する。B型はワクチンも有り、予防が期待できるようになっている。しかし、全ての患者に有効な方法は、現在見つかっていない。

肝臓癌による死亡は、1975年以降増加し、1994年肝臓癌による死亡数は、男性で20674人、女性で7913人になる。悪性新生物による死因順位のうち、肝臓癌は、男性では肺癌胃癌に続く第3位。女性では胃癌肺癌結腸癌に続く第4位に位置する。我国の肝臓癌では、85パーセント以上に肝硬変が合併し、90パーセント以上に肝炎ウィルスの感染が認められている。それも、B型が減少傾向にあるのに対し、70パーセント以上がC型と、大きなウェイトを占めている。このC型肝炎ウィルスは、感染経路が特定できていないが、ウィルスを判定できなかった時の輸血による感染が多いとされている。現在の新規感染は、低くなっている。

さて、現在における慢性肝炎の治療法であるが、インターフェロンが使用されている。しかし、副作用が強いため、すべての患者に使用されているわけではなく、またその効果も限定されたものとなっている。肝硬変中に発生した肝臓癌は、腫瘍の直径が3センチ以下、その数が3個以内の場合は、注射器によるエタノール注入で癌細胞を殺してしまう方法がとられ、有効である。

治療費

初診料 2,000円
個人専用鍼代 2,100円(治療10回毎にお支払いただきます)
治療費 6,000円
ニードルキーパー使用料 26,000円(初回のみのお支払です)
難病とされるリウマチ・ガン・眼底出血などの治療に使用します。

「C型肝炎」の治療・実績

患者 男性 のC型肝炎治療例
初診時1997年6月9日 内臓疾患で最初から鍼灸院を訪れるものはいない。最初は運動器疾患が主訴になる。10年ほど前から足が痛みだし、この3年間は50メートル先の銀行も自転車で往来している。 診察すると、心臓弁膜症の既往歴有り、ひどい不整脈である。手足ともくもの巣状に、暗褐色の血管が浮き出ていた。C型肝炎患者であるとの報告を受けた。 6月16日 3回目の治療で手応えあり、極力歩行するよう指示した。 6月30日 7回目の治療の前に、件の銀行に徒歩で往復したとの報告あった。 8月21日 20回目 月末から息子夫婦孫と北海道旅行に出かける。 9月 8日 無事北海道旅行は終えた。孫と旅行に行ったのは、生まれてから十数年来初めてのことであった。 9月15日 病院で検査したところ、古い腫瘍は消えているが新しい腫瘍ができている。3週間後に大きくなっているようであれば、経皮的エタノール注入法(P E I)を行うと言われた。9月 22日 ISS開始。 10月 6日 腫瘍は大きくなってないので、更に経過を見ることとなった。 10月27日腫瘍は小さくなっているようだ。この表現は、本人がこの鍼が内臓疾患に効くと信用していないのでこのようにうなった。血液検査の結果、腫瘍の形等、質問しても協力しないのである。 1月19日検査結果を聞くが本人半信半疑の体で、奥さんに促されやっと「C型肝炎ウィルス反応ありません。腫瘍も見当たりません。」と言われたとの報告があった。その後も首をひねっていた。 3月 2日最終的にウィルス反応が消えたとの確認を取ってもらった。これでウィルスによる肝臓癌への移行は防げたはずである。完治として治療を終える。2000年8月30日 2年ぶりに治療することになった。「先生、医者は何も言わないのですが、臨床検査技師が超音波診断で肝臓を検査すると腫瘍の境目が消えているって言うんです。」2年前すでにウィルス反応は消えているので、この結果は当然である。 最近医療ミスでC型肝炎に感染したニュースが報道されている。しかし様々原因理由でミスは起こる、起こったあとが大切で、治せば良いそれだけである。あとは本人の自覚、大切な命をどうこれから生かすか、それだけが問題だ。

(ISSの検証) 前半は脊柱管狭窄症の治療である。したがって、C型肝炎に対する治療効果は、それほど期待できない。それでも古い腫瘍に対して消失効果があったのは、高麗手指鍼の高い免疫効果を示している証拠だ。後半において新たな腫瘍の出現を告げられ行ったISS(免疫増強システム T細胞系免疫賦活システム)が、C型肝炎ウィルス反応と腫瘍の消失をもたらしたとみるのは、性急な結論ではないと思われる。 その後分子医学の世界を覗くにつれ、自己免疫疾患が多くの臓器疾患に関係しているのが分かった。シェーグレン症候群、慢性関節リュウマチなどにこれを取り入れているが、高い効果が出ているのも、これを取り入れているからだと考えて意を強くしている。
この症例は2001年4月25日第15回韓日高麗手指鍼学術大会において論文発表してまいりました。

症例 2 30歳代

4年ほど前からC型肝炎の治療を行っています。 02/03/15 初診 どの病気でもそうですが、血行が悪いのでまずその改善を数値で表すのに、 アプライドキネシオロジーテストでトロンボキサンB2を使います。 目標値は1です。術前は350が術後110に下がりました。 03/03/19 110から35へ。 03/03/24 少々後戻りして40から20へ。 03/03/29 20から3へ。 03/04/03  15から1へ。 03/04/08 7から1へ。03/04/12 03/05/10 術後にアプライドキネシオロジーテストで、免疫力がどのくらいになっているかをテストしました。明らかに改善しているのが分かります。 03/05/17 術前はやや難がありましたが、術後はほぼ正常なアプライドキネシオロジーテストの結果となっています。この時点でも血液検査の数値は良くなっているでしょうが、数回この治療を行った後ならば、かなりウィルス反応も改善を見ていると予測されます。 03/05/24・31 前回の血液検査数値は大幅な改善を示していましたが、5月10日の数値はあまり変化はありませんでした。これは治療間隔が開きすぎたためと考えられます。体調は良いとのことです。03/06/11 第13回目引き続き良好な体調を保っています。 03/07/26 第18回目。4,5,6月の血液検査数値は変化がありませんでしたが、7月になって数値に変化が出始めました。肝機能数値の改善、ウィルス反応の低下がありました。初診時から数えてやく4ヶ月、大体このぐらいの期間を経過しないと数値は変化しないのかと言う感じはいたしております。遠距離にも関わらず、また途中結果が中々現れなかったのですが、週1回のペースを維持していただけたのでこのような結果が出てきたのだと考えています。 03/09/23 第24回目。体調は良いようです。 03/11/01 第29回目。血液検査数値は良かったそうです。正常値は30以下ですが、45程度を示していたそうです。 03/12/06 第31回目HCVを購入いたしました。術前は7ナノグラム(10億分の1の単位)、術後は1ナノグラムに下がりました。早速このあとすぐにこの下の単位、ピコグラムを購入しなければならなくなりました。 03/12/13 思った以上に早くピコグラム(1兆分の1の単位)単位の試料が到着いたしました。術前は950pg、術後は700pgに下がりました。どこまで血液下がれば、検査数値正常値となるのか分かりませんが、目標は1を目指します。次の単位は10のー15分の1ですので、1000兆分の1の単位になります。ここまでの必要性はないと思います。 03/12/27 ウィルス値は550pgに下がりました。 04/01/09 ウィルス値は370pgにさがりました。 04/01/20 ウィルス値は300pgに下がりました。 04/01/30 ウィルス値は270pgに下がりました。病院では抗体反応やウィルス値はあまり重要視していないようで、それよりも肝機能値のγGOT GPTを良く計測し教えてくれるそうです。現在は40から70の範囲にあるそうです。1時は100を超えていたものがその範囲に改善してきているそうです。 04/04/30 第44回目 一時良くなって推移していたのが、このところ一進一退しているのは、肝炎治療薬(ウルソ)が治癒力が出るのを阻害していると見ています。そこでこれをお持ちいただき、 アプライドキネシオロジーテストで計測いたしました。服用に指示では、1日3回それぞれ2錠でありましたが、ご自身で1日2回各2錠に調整されていたそうです。さて本日は朝の服用なのでこの影響はないはずです。2錠で測ると全く力が入りません。結局0.5錠が適正量と判定いたしました。少しづつ減らし、2週間程度でこの0.5錠に持っていけば、治癒力は戻りさらに血液の数値は良くなるはずで、C型肝炎の完治も望めるはずです。HCVの アプライドキネシオロジーテスト値は2pgでした。

症例3 NK
他の疾患で治療を行なっていた患者さんですが、医師からC型肝炎ウィルスに感染していると指摘されました。ウィルスの量は少ないとのことですが、将来肝臓がんの心配もあり、治療を希望されました。
09/11/02治療第1回目 HCVウィルスは13ngでした。09/12/14本日からニードルキーパーを使用して本格的な治療えを行ないました。術後のHCVは7ngでした。10/04/28アガリクスの服用を勧めました。治療後オーリングテスト試料を使い、HCVを計測した結果5ngとなりました。10/05/18オーリングテスト試料を使いHCVを計測したところ3ngになりました。10/06/07手を診ると血管が黒く見えます。運動が足りないので、ウォーキング、半身浴、それと趣味の卓球を組み込んで行うようアドバイスいたしました。術後オーリングテスト試料を使って、HCVを計測すると950pgでした。単位ng(ナノグラム)は10億分の一でしたが、pg(ピコグラム)はそれより1000分の1少ないので、1兆分の1と言うことになります。順調な回復と見ます。10/07/12手の色が少し薄くなってきました。術後のHCV資料は100pgでした。排尿が近い、出にくい、夜トイレに何回も行く、これらをノジェ式の耳鍼で対処することといたしました。10/07/20術後のHCV値は、10pgになりました。肝機能検査数値が少々悪くなっているとのことです。10/08/03術後のHCVは1pgになりました。次回からは単位がさらに上のYyoctoになります。これは10のマイナス24乗になります。ノジェ式の耳鍼と本日は下肢にうっ血があり、これを伝統的な鍼の技術である瀉血によって改善を図りました。症例1でもこれを行っていて、大変効果があったものです。10/08/23術後のオーリングテストはHCV試料を用いて行い、210ygと出ました。引き続き下肢の刺絡を行いました。真っ黒い色の血液が噴き出すように出ました。10/09/06術後のオーリングテスト試料HCVで計測すると、110ygとなりました。手のひらが血行が悪いので、黒く汚い感じがしていたのがピンク色に変わってきました。血行が良くなると静脈血がきれいになるので、このような変化が見られます。小便の出方などはまだ変化がありません。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ(リュウマチ)
シェーグレン症候群 治療
全身性エリトマトーデス 治療
自己免疫性肝炎 治療
橋本病 治療
アレルギー
アトピー性皮膚炎 治療
アトピーと蕁麻疹の合併症
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息 治療
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療
脊椎すべり症 治療
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰 治療
三叉神経痛 治療
肋間神経痛 治療
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)
目の病気
網膜色素変性症 治療
眼底出血 治療
飛蚊症 治療
緑内障 治療
網膜中心静脈閉塞症 治療
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療
角膜潰瘍 治療
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎
加齢黄斑変性症 治療
耳の病気
耳鳴り・難聴 治療
耳鳴り
突発性難聴 治療
メニエール病
がん・癌・ガン治療
がん治療
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病 治療
進行性核上麻痺
骨折・捻挫・肉離れ
骨折 治療
疲労性骨折 治療
捻挫・肉離れ治療
循環器の病気
不整脈 治療
高血圧 治療
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症
冷え性 治療
つわり(悪阻) 治療
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎
C型肝炎
ヘルペス(帯状疱疹)
脊髄炎 治療
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症 治療
遊走腎
腎臓疾患 治療
血尿
痛風 治療
呼吸器疾患
肺気腫 治療
間質性肺炎
消化器疾患
クローン病 潰瘍性大腸炎 治療
手術後の癒着 痛み
逆流性胃炎・逆流性食道炎
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療
舌痛症 治療
ミオクローヌス
顔面痙攣 治療
パニック障害・不安神経障害 治療
不眠症
麻痺
ベル麻痺
脳卒中(脳溢血・脳梗塞)後遺症 治療
関節症
顎関節症 治療
変形性膝関節症 治療
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化(黄縦靭帯骨化症) 治療
四十肩・五十肩 治療
手根管症候群 治療
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療
慢性疲労症候群 治療
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療
042-365-9781