おしっこが出にくい|東洋医学 手のひら先生のリウマチ相談室

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

おしっこが出にくい

高齢になると男の悩みはおしっこが出にくくなることです。今回はその原因の一つと考えられる、排尿機能の障害について自分の症例から考えてみましょう。勿論症例の中で完治に至る治療法を紹介しています。泌尿器官だけの問題ではなく、脳の方にも原因があることが分かります。

膀胱のみが排尿の役目をしているわけではない

若いときは排尿についての悩みはありませんでした。それが高齢になると、「小便が出にくい」「しょんべん切れが悪い」「「小便が出ない」「夜中に何回も起きてトイレに通う」「頻尿になった」などの悩みがいつの間にか起きてきます。

今回は小便が出ない例はほかの原因が考えられるので、ページを改めて考えます。今回は出ることは出るが排尿困難の場合を取り上げましょう。全くでないのは前立腺肥大やがん、膀胱の問題が考えられるので扱いません。単に小便のコントロールが難しくなった治療例を取り上げます。

骨盤底筋の働き

若いときは公衆便所に並んでも、年寄りがなかなか終わらないのをみて、長いなあ?と思っていました。ところがいざ自分がそのくらいの年齢になった時に気が付くのは、いざ排尿と思っても中々出てこないことです。お腹に力を入れても踏ん張っても、思うようにいかなくなっていることに気が付くのです。その対策は下半身の排尿を担当する筋肉を鍛えることなのですが、なかなか難しいことです。

おしっこをスムーズに出すための鍼

昨年約半年前に脳梗塞で1月入院して、今は自宅でリハビリ療養中です。10年前に脳溢血を発症して9割方元に戻っていたと思いましたが、完治ではなかったのですね。突然脳梗塞を発症してしまいました。脳溢血のダメージが10年間残っていて、精密検査をしましたがどこか分からないところに、血栓がたまっていたようなのです。

やっとスクワットを始めて順調に回復していると思いますが、もっと回復のスピードを上げようと脳をさらに知ろうと思いました。

大脳皮質の中心前回と言われる部分が、第1次運動野と呼ばれ運動命令を出すところです。ここの働きをイラストや人形で表したのがホムンクルスと呼ばれています。
この部分を刺激できるツボは、脳溢血を発症後5年の間に見つけ出したものです。高麗手指鍼の中にはありませんでした。

中央後回は前回の後ろにあり、身体から戻ってきた感覚を受け取る場所になります。

ホムンクルスで表されるのは、手足顔が主になるのでその他の部分には深く関心を持ちませんでした。ところがもう少し脳研究の成果を調べようと検索していました。
大脳皮質帯状回は関心を持ったことはありませんでした。残念ながらここを刺激するツボは、現在のところありません。

その他の部分中央前回を調べ直していたら、会陰に関連する部分がここにあると書いてあることを発見しました。そこで会陰なら簡単にツボの発見は出来ます。前立腺膀胱 精巣などのツボはすでにありますので、治療をしました。

特に注意したところは会陰です。骨盤底筋群と呼ばれる筋肉群に含まれるもので、尿道括約筋 肛門挙筋などがあり排尿排便には重要なものです。

中央前回の会陰は、手のひらの中に体を見立ててその部分に当たるところではありません。手のひらを脳に見立ててその中の中央前回の中に、会陰と共鳴する部分すなわちツボを見つけます。

排尿困難の鍼治療例

症例1 71歳 男性

20/03/08中央前回会陰部の刺激 念のため前立腺、膀胱 のツボをとりました。経絡は腎経中心に行いました。
20/03/09今朝排尿時は変わりました。小便をしようと意識しても、なかなかでなかったのがすぐではないのですが、尿道を尿が通っているのを感じたらすぐに出てきました。膀胱あたりに力を入れても今まではなかなか出ず、残尿感もあったのですがそれは無くなった感じがします。何か膀胱に押し出す力が戻ったようです。
20/03/10今朝は1時間ほど寝落ちの後、明け方まで4時間寝て、さらに3時間も寝てしまいました。スクワットで疲れたかもしれません。トイレに行くと膀胱はパンパンです。いざ用意と立つと、ほどなく出てきました。自分の意志で排尿のコントローする感じが出てきていました。やはり器官の問題ではなく、脳の衰え障害の方が影響しているのですね。いま少し膀胱に力が入れば完璧ですが。また明日ですね。

出版しました

手のひら先生の高麗手指鍼療法 - 和正, 長谷川
手のひら先生の高麗手指鍼療法 – 和正, 長谷川

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ治療|東洋医学、手のひら先生のリウマチ相談室
シェーグレン症候群治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
全身性エリトマトーデス|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
自己免疫性肝炎 治療
橋本病|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
アレルギー
アトピー性皮膚炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室
アトピーと蕁麻疹の合併症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
喘息 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
花粉症|東洋医学、手のひら先生のリウマチ相談室
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
脊椎がずれて神経を圧迫し痛みが起こる脊椎すべり症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
三叉神経痛 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
肋間神経痛 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
目の病気
網膜色素変性症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
眼底出血 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
飛蚊症治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
緑内障 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
網膜中心静脈閉塞症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
角膜潰瘍 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
近視治すなら|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
ぶどう膜炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
アレルギー性結膜炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
加齢黄斑変性症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
耳の病気
耳鳴り・難聴 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
耳鳴り|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
突発性難聴 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
メニエール病|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
がん・癌・ガン治療
末期がん鍼治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
リンパ浮腫|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
神経性難病
パーキンソン病治療|東洋医学、手のひら先生のリウマチ相談室
進行性核上麻痺|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
骨折・捻挫・肉離れ
骨折後療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
疲労性骨折治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
捻挫肉離れ治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
循環器の病気
不整脈治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
高血圧治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
婦人病
子宮筋腫 治療|東洋医学 手のひら先生のリウマチ相談室
不妊症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
冷え性 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
つわり(悪阻)|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
更年期障害 治療|東洋医学 手のひら先生のリウマチ相談室
ウィルス性疾患
B型肝炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
C型肝炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
ヘルペス(帯状疱疹)治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
脊髄炎 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
微熱
インフルエンザ|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
泌尿器疾患
前立腺肥大症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室 
遊走腎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
腎臓疾患 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談
血尿
痛風 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
呼吸器疾患
東洋医学の肺気腫治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
東洋医学の間質性肺炎治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
消化器疾患
クローン病(潰瘍性大腸炎)治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室 
腸の癒着治療|東洋医学、手のひら先生のリウマチ相談室
逆流性胃炎・逆流性食道炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
舌痛症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談
ミオクローヌス
顔面痙攣|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
不安神経症治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室
不眠症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
麻痺
ベル麻痺|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
 脳卒中(脳溢血・脳梗塞)後遺症治療法|東洋医学、手のひら先生のリウマチ相談室
関節症
顎関節症治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
変形性膝関節症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化症(黄縦靭帯骨化症) 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
四十肩・五十肩 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
手根管症候群治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
慢性疲労症候群 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
寝違い|東洋医学 手のひら先生のリウマチ相談室
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
042-365-9781