リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

「ようこそ手のひら先生スタイル高麗手指鍼緑内障治療の世界へ!」

ここでは独自の研究で進化させた韓国の鍼「高麗手指鍼」を、手のひら先生スタイルとしてその効果をご紹介いたします。

高麗手指鍼自体が日本では珍しいことと思います。

手のひらだけで治療できる簡便さはありました。

また手のひらと脳が密接な関係であることを、ペンフィールド教授の研究から説明いたしました。ホムンクルスとして広く知られています。

この科学的な説明から伝統的な日本の鍼や中国鍼そのほかよりも、より高い効果を出せるのが高麗手指鍼である可能性を証明いたしました。

しかし現在までその効果は限定的でした。

韓国人金成万師が私の先生でした。先生はがん治療で有名でしたが、その治療方法は「気」を使う名人の技術でした。

私がここ10年間自らの脳溢血後遺症を治そうとして研究を深めた結果、世界の何処にもない高麗手指鍼の理論と技術を極めました。

世界中の鍼灸師でこれを理解できる方は、今のところほとんどいらっしゃらないでしょうが。

高麗手指鍼をなんとかして進化させ、自らの病気も完治させたいと研究してきました。

その突破口としてフランス人の開発した、耳鍼の理論に出会ったのです。

フランス人医師で耳鍼の創始者ポール・ノジェ博士の研究は、今までにない独創的な理論でした。しかし博士のディメンション理論は、それまでは誰も何を意味していたのか理解できませんでした。

もしかすると博士ご自身もディメンション(位相)の意味するところは、本当は理解していなかったかもしれません。

私は検証重ねることで位相とそのツボの真の意味をすべて読み解きました。

きっかけになったのは元東京芸術大学三木成夫教授の「生命形態学序説」に出会ったことでした。

その意味するところは次のことです。

人間の祖先は4億年前魚の時代でした、それが進化して鳥の時代になり、進化して人間になったということです。

それぞれの時代にそれぞれ進化した脳と臓器が出来て、それに対応するツボが出現しました。

それぞれの時代に作られ進化してきた脳と臓器、それを効果的に調整するにはディメンションを考え、効果的にツボの刺激をしなければなりません。しかし二千年前に作られた鍼灸のツボと理論は、それ以上には発展できませんでした。

それで現代の鍼灸の中心は、腰痛肩こり治療になっているのです。

なぜそうなっているかと言えば、進化していく過程で脳・免疫・臓器に対応するツボ、それは最初に現れたツボ(さかなの時代のツボ)の下に隠れることとなったからです。

このことを明らかにしたことで、それまでは治療不可能であった、免疫疾患・脳疾患・肺・子宮・心臓疾患の治療も可能になりました。

(博士はディメンション6まであるとご著書の中では書かれています。もしかすると進化の過程では6段階ぐらいの変化を、人間はしてきたかもしれません。しかし治療についてはこの3段階で十分です。ちなみに博士のご著書では、ディメンション3までのツボしか描かれていません)

これらのことが緑内障治療で、十分に生かされ成果を上げられることとなったのです。

ではその効果と成果をご覧ください。

「緑内障」の原因・病状・治療

白内障は手術で治るが、緑内障は治らない病気である。一方を手術しても、もう片方も侵されてしまう。不治の病とも言われてい ます。

しかし西洋医学でそうであっても、東洋医学・鍼灸医学ではこれは決して定説ではありません。

私達の先輩鍼灸師の症例発表には、治癒した例が多く載っています。今の日本人が何か大事なものを失ってきてしまった、そんな気がする病気でもあります。

私は高麗手指鍼治療を行っていますので、これとは違った治療方法で効果を出しています。

高麗手指鍼が他にもあるのに、なぜ「手のひら先生の高麗手指鍼」が高い効果を出せるのか。それは次のような特徴があるからです。

1、手のひら先生が発明し特許取得した「ニードルキーパー」が気を高め治癒力を引き出します。

2、独自の理論で治療しています。

3、伝統的な鍼とフランス人、ポール・ノジェのが発見した「耳鍼」を取り入れています。

治療費

初診料 2,000円
個人専用鍼代 2,100円(治療10回毎にお支払いただきます)
治療費 6,000円
ニードルキーパー使用料 26,000円(初回のみのお支払です)
難病とされるリウマチ・ガン・眼底出血などの治療に使用します。

「緑内障」の治療・実績

症例1 80歳代の緑内障例

1998年8月1日 初診時は降圧剤服用し、血圧 146-71 脈拍 49でした。主な症状は、足が衰え歩行困難と言う事でした。治療が進んだところで、緑内障の薬も長年服用していますと言うことでした。それではお灸をされてはいかがですか、と尋ねると「お灸は慣れています」とのことでした。 9月12日 お灸をするようになって第6回目後の治療で、患者さんより眼圧が正常になったので緑内障の薬は出なくなったと報告がありました。術後の血圧、128-61、脈拍52。 歩行困難に付いては引続き治療は継続しました。

症例Ⅱ 60歳代 の緑内障例

こんな派生効果の例もあります。三叉神経痛でこられたかたです。神経痛は5回でほぼ治まりました。5回目におっしゃるには、「実は緑内障で眼科に通っていて、眼圧が27ありました。ところがここに来ているうちに、ほぼ正常値の17に下がっていました。医師も薬は止めてもよそそうだ」。この様なことはほかの症例にもある、高麗手指鍼の効果でしょうか。

症例 Ⅲ 50歳代 の緑内障例

緑内障の診断をうけています。眼圧は25から26あります。 初診02/04/06家庭で温灸をすることを薦めました。 02/04/09 眼科で検査したところ、眼圧は21に下がっていました。ご本人はこれが私の正常眼圧ということですでに満足されました。ちなみに正常眼圧とされるのは21ミリ以下です。 02/05/11 第6回目。一旦下がった眼圧が少し戻ったので、引き続き治療を行っています。 02/06/29 第13回目。眼圧は22になり、その数値が持続しています。 02/10/19 第29回目。今回から新らしく考案した、眼専用のニードルキーパーを使って治療を行いました。眼圧を20以下にするのが目的です。 また骨格矯正の目的で鍼を打ちました。 02/10/28 眼圧検査で数値が20になったそうです。医師が、そのうち緑内障の薬を出さなくて済むかも知れないと言っていたそうです。今回は新たな骨格矯正を加え、またニードルキーパーを使用し治療を行いました。今度は眼圧17が目標です。今回の効果は、ニードルキーパーと骨格矯正を加えた成果と考えます。

症例 Ⅳ 50歳代 の緑内障例

緑内障で失明の危機にあるとのことでした。手術は視神経を傷つけるため出来ないそうです。この1年間鍼灸治療を継続するも効果なく,来院されました。 02/11/15 眼圧は14と正常範囲です。ただしトロンボキサンという血行障害を測って見ると、200ナノグラムという高い数値が出ました。目の障害がある場合、多くの方はこの数値が高くなっています。 02/11/16 トロンボキサン値は、術後50でした。今回は体の歪みも矯正しました。 02/11/23 トロンボキサン値は一桁代になりました。体が楽になった気分がするとのことです。 02/11/30 眼圧が左12、右10となり、この数値を示すのは初めてだそうです。 03/01/11 第10回目 視野検査はまだ行われていないので、目の状態の正確なところは現在は分かりません。しかし体調は上向きであり、手のひらを見ても血行改善は一目瞭然です。 03/01/17 順調です。眼鏡使用すると、視力は良くなっているそうです。 03/04/12 第23回目。血行を飛躍的に改善する方法を開発しました。4回前にその方法をとりましたが、刺激が強過ぎました。今回は注意深く刺激量としては3分の1に抑えました。術後はいつになく気分がよく、寝てしまったとのことです。この新手法は網膜色素変性症でも適用していますが、そのほかすべての病気改善に効果が上がっています。 03/06/07 第31回目。今まで最低血圧が90を切ったことがなかったが、ここで80台に落ち着いてきたそうです。これからは一層の改善が図れると思います。03/06/14 最近は徹夜もされるようで体調は良いのですが、目の改善までの実感は出ていません。03/07/05 第35回目。手のひらを見ると、当初まだらだったものが今は全体が赤くなってきました。これは全体の血行が着実に改善していることを表します。血圧も120台と70台に安定しています。腎機能も改善しているようです。視野の改善等はこれからと考えています。 03/07/12 一層と手のひらの赤味が増し、均一になってきています。この改善が視野などに、早く効果を表してくると良いのですが。 03/07/30 第39回目。眼科検診では異常がなかったそうです。視野検査は後日とのことです。体調も良くこのところ控えていたカナダ出張に行かれるそうです。 03/11/15 第49回目。先日視野検査のうち、中心部の判定をしたそうです。結果は進行なしと言うことでした。周辺部の検査は次回と言うことです。 03/12/13 第52回目今回から緑内障に関係すると思われるウィルスを、 アプライドキネシオロジーテストで計測いたしまた。HSV-Ⅰ(ヘルペス)は130ng、HSV-Ⅱは130ngあり、それぞれ術後は100ngと90ngに低下しました。またこれに関し、免疫を上げるためニードルキーパーをそれ専用の物に変えました。

症例 Ⅴ 30歳代 ふ 緑内障例

3年前から耳鳴り難聴ぎみでした。1年半前から緑内障の治療を行っていますが、経過は良くなく網膜剥離の危険性もあるとのことです。 04/02/07初診 眼圧は左右とも17です。トロンボキサンを使って、血行障害度を測ると700ngあり、術後は350ngに下がりました。耳鳴り難聴に関係するヘルペスは400ng、これも術後は270ngに下がりました。 04/03/13 第6回目。トロンボキサン、ヘルペスも一桁に下がりました。最近声が良く聞こえるようになって来ました。 04/04/10 第9回目。3月の検査で眼圧左14右24と結果は良いものではありませんでした。 04/05/08 第12回目。視力を測って見ました。3メーターでの計測です。裸眼で以前は0.08でした。左0.3右0.5の結果でした。左は乱視があります。 04/05/15 眼圧が左15、右17と下がりました。 4/07/03 第17回目。現在のところ特に変化はなし。近々視野検査の予定です。04/07/10 眼圧が左14 右16とさらに下がりました。視野検査をしたところ、黒くなっていた部分が薄くなってきていました。医師に聞くと、変化していないという答えでした。しかしそれは最初の時と比べてであって、前回はそれより悪化しているので、元にもどって良くなっているのを実感しましたとのことです。医師はこのようなことが起きるとは想定していないので、現実を受け入れられないのでしょう。

症例 6 SH

どうも2年前にレーザーによる近視治療を受けた後から視野欠損が起こりました。原因不明と言うことですが、正常眼圧緑内障ではないかと言う医師の診断だそうです。 05/07/13 初診 前立腺肥大症もあるのでこの治療も合わせて行ないました。 05/10/28 第7回目 夜中に目が痛みます。眼圧の上昇とも思うということです。 05/11/07 小便の量が多くなり、改善していると思う。 05/11/15 尿量はさらに良くなり、健常なときの50パーセントにまでなった感じがあるそうです。 05/12/02 第11回目 前立腺肥大症の改善状態は、70から80パーセントにまでなった気がするそうです。 06/01/16 第13回目 間が開いて尿量が少し悪くなっており、60パーセントにまで来た感じがある。朝方眼圧が上がる気がするそうです。 06/10/23 第28回目 経過が思わしくないので、本日からニードルキーパーを使うことといたしました。 07/05/25 第36回目 改善が進まないので、本日はドロップを加えてみました。 08/01/30 第40回目 血糖値が上昇し医師から指摘されてた。視野欠損は糖尿病性網膜症の疑いも考えられるとのことです。本日は糖尿病の処置も加えました。A1Cは9.4です。 08/04/15 第45回目 本日から自律神経免疫療法の考え方を取り入れました。 08/06/18 第48回目本日から血流改善のため、HP1を加えました。 08/07/02 第49回目 本日は更なる血流改善のため、CD2を行ないました。反応は大きく手が急激に冷えました。これは鍼効果で脳が反応したことを示します。術後は手は最初より温かくなっています。 08/07/16 特に変化なく、CD2を引続き行ないました。 08/08/05 前立腺の調子がおかしいので、治療を行ないました。治療効果を出すために、経絡を調整してみました。 08/08/19 前立腺はまあまあと言うところまで回復してきました。眼の方は処方を変えて2回目です。効果はこれからでしょうか。 08/09/19 CD1とCD2、HP1を行ないました。08/10/08 CD1とHp1を行ないました。

症例 7 緑内障 SF

1年半ほど前に診断され、目薬を3種類さし、ビタミンB12を処方されています。しかし点眼薬で常に目が充血しています。幸いに進行はストップしています。 06/04/28 初診 血行障害度をトロンボキサンB2を使って計測、術後は900ngあり、おそらく術前は1800ngと、単純には正常な人の1800倍悪い状態でした。06/06/20 第6回目。検査で医師から、感度が良くなっていると言われました。眼底写真を見てみると、最初の時より黒いところが減って、視野が広がっているように見えました。しかし医師はこのことに言及しなかったそうです。おそらくこの病気で改善した例が無いので、少しくらい改善してもその事実を受け入れられないのでしょう。私の患者さんの例にはよくあることです。ご本人は大変喜ばれています。 06/09/13 第10回目。視野検査をしましたが、今回は左目の視野が広がっていました。医師はこれは患者が視野検査になれた結果、広がったものと説明したそうです。

症例 8 MK の緑内障

3年前に診断された正常眼圧緑内障で、現在は視野の狭窄が進行中です。 06/09/20 初診 06/10/14 第4回目。今回から体のバランスを調整するために特殊な「石」を使いました。ストーンチェック(SC)と呼びます。

症例 9 IM

緑内障の初期といわれました。 08/06/10 初診 歯の咬みあわせが悪いので、その治療もドロップを使って行います。 08/06/17 ドロップ併用です。かみ合わせは良くなっております。 08/06/23 奥歯が内側に倒れこんでいるようで、力強くかめないのでここを中心にドロップを行ないました。十分に力が入るそうです。歯の治療では見積もりは100万以上出るそうです。 08/07/01 同じところの治療を引続き行ないました。さらに具合はよいそうです。目のほうも良くなっている気がするそうです。 08/07/08 ドロップで奥歯の治療を行ないました。かみ合わせは良くなりました。 08/07/15 2日前までは目の調子が良くなり、完治したかも知れないと思いました。しかし今日はまた元に戻ったようです。ドロップで歯の矯正を行いました。 08/07/23 目がはっきりするときと、かえって悪くなったのかと思える日が、交互に出る気がします。 08/08/05 歯の調整をしました。眼の方は順調です。 08/08/12 目の方は余り気にならないようです。本日も歯の調整をしました。 08/08/20 目は大変調子が良いときと悪いときと様々あるようです。天候にも左右されるのではないかと言うことで、これから記録をとるようにアドバイスいたしました。08/09/02 特に変化はありません。 08/09/09 この頃は安定しているのか、余り目が見えにくいなどの話題は出ません。 08/09/30 特に変化ありません。 08/10/07 日によって差が激しい。欠損部分が気になるということで、今回からニードルキーパーを使用することにいたしました。 08/10/14 前回のニードルキーパーを使った治療が効果が出ました。欠けていた視野が少し狭まったそうです 08/10/21 状態は非常に良いそうです。 08/10/28 順調です。 08/11/04 子宮筋腫術後の体調も良くなっています。08/11/11 緑内障の状態は良いようです。 08/12/16 第22回目 目の状態はかなり良いそうです。子宮筋腫手術後の後遺症治療の良い効果が影響してきているかも知れません。 09/01/13 第25回目 目の状態は大変良さそうです。 09/01/20 子宮筋腫手術後の後遺症も良くなっています。それとともに緑内障も良い状態です。 09/01/27 眼そのものが良くなっている気がするそうです。 09/02/03 一層眼の改善が実感できているそうです。 09/03/31第34回目子宮筋腫、緑内障、どちらとも順調に回復しています。09/05/19 第38回目新しい診断方法で治療を行ないました。 09/05/25 本日は新しい治療方法を行ないました。治療中今までにない深い眠りに入ったそうです。 09/06/01YNSAとイオンパンピングの併用です。 09/06/08YNSAとイオンパンピングの併用です。目の調子は良いようです。 09/06/15YNSAとイオンパンピングの併用です。 09/06/22YNSAとイオンパンピングの併用です。視力は良いようで、バードウォッチングに行かれています。 09/06/29YNSAとイオンパンピングの併用です。 09/07/06YNSAとイオンパンピングの併用です。体調も良く視野も良いようです。 09/07/15YNSAとイオンパンピングの併用です。 09/07/22YNSAとイオンパンピングの併用です。子宮筋腫後遺症はすっかり良いようです。

症例 10 HH

緑内障の恐れがあると診断されました。飛蚊症があります。 08/11/08 初診 血行障害度を測るオーリングテスト試料、トロンボキサン値を使って計測しました。術後640ngでした。 08/11/15 術後のトロンボキサン値は280ngでした。

症例 11 OS

2年ほど前に診断されました。右目に上に欠損、中心部にも見えにくくする障害があります。 09/04/22 初診 血行障害度をトロンボキサン値を使って計測しました。術後850ngと高い値でした。YNSAと耳鍼の併用です。 09/05/02 術後のトロンボキサン値は、390ngでした。YNSA併用です。 09/05/13 術後のトロンボキサン値は、180ngでした。YNSA併用です。 09/05/20術後のトロンボキサン値は、70ngでした。YNSA併用です。 09/06/03術後のトロンボキサン値は、19ngでした。YNSA併用です。 09/06/13術後のトロンボキサン値は、5ngでした。YNSA併用です。 09/06/24術後のトロンボキサン値は、1ngでした。YNSA併用です。病院で計測して、視力が上がっていたそうです。 09/07/10オーリングテストで目のツボを計測、まだ目の横と上はオープンになっています。 09/07/22オーリングテストで目のツボはまだオープンです。

症例12 KK 左右の視野は中心部のみで、体調によって広狭が変わります。腎炎の既往症があります。09/06/12術後のトロンボキサンちは870ngでした。 10/06/30前回から間隔が開きました。前回の治療後大変目の調子が良く、治療効果にビックリしたそうです。術後のトロンボキサン値は、間が開いたにもかかわらず、560ngと下がりました。10/07/26この1カ月は目の調子は良くなかった。緑内障の治療では出てこない脾経が出てくるので聞くと、スナック菓子や甘いものをよく食べるそうです。これを禁止し有酸素運動をするか半身浴をして、血液循環を良くするようにアドバイスいたしました。10/09/04術後のトロンボキサン値は120ngになりました。本日は網膜色素変性症治療で効果の出かかっている、全く新しい治療を行いました。網膜の欠損を修復しようと考えた物です。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ(リュウマチ)
シェーグレン症候群 治療
全身性エリトマトーデス 治療
自己免疫性肝炎 治療
橋本病 治療
アレルギー
アトピー性皮膚炎 治療
アトピーと蕁麻疹の合併症
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息 治療
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療
脊椎すべり症 治療
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰 治療
三叉神経痛 治療
肋間神経痛 治療
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)
目の病気
網膜色素変性症 治療
眼底出血 治療
飛蚊症 治療
緑内障 治療
網膜中心静脈閉塞症 治療
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療
角膜潰瘍 治療
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎
加齢黄斑変性症 治療
耳の病気
耳鳴り・難聴 治療
耳鳴り
突発性難聴 治療
メニエール病
がん・癌・ガン治療
がん治療
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病 治療
進行性核上麻痺
骨折・捻挫・肉離れ
骨折 治療
疲労性骨折 治療
捻挫・肉離れ治療
循環器の病気
不整脈 治療
高血圧 治療
左室肥大不整脈 治療
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症
冷え性 治療
つわり(悪阻) 治療
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎
C型肝炎
ヘルペス(帯状疱疹)
脊髄炎 治療
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症 治療
遊走腎
腎臓疾患 治療
血尿
痛風 治療
呼吸器疾患
肺気腫 治療
間質性肺炎
消化器疾患
クローン病 潰瘍性大腸炎 治療
手術後の癒着 痛み
逆流性胃炎・逆流性食道炎
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療
舌痛症 治療
ミオクローヌス
顔面痙攣 治療
パニック障害・不安神経障害 治療
不眠症
麻痺
ベル麻痺
脳卒中(脳溢血・脳卒中・脳梗塞)後遺症 治療
関節症
顎関節症 治療
変形性膝関節症 治療
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化症 治療
四十肩・五十肩 治療
手根管症候群 治療
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療
慢性疲労症候群 治療
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療
042-365-9781