鍼灸学校卒業後に一番の問題になる、卒業後の進路と開業の悩み問題を解決するために|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

鍼灸治療の疑問・質問「鍼灸学校卒業後進路と開業」

鍼灸学校入学する者は、100パーセント将来の開業を夢みています。

私の時もそうでした。
ちなみに母校は東洋鍼灸専門学校になります。
創立者は柳谷素霊です。

最初の授業で東洋医学系の先生方は皆「将来開業したいものは?」と言う質問をされていました。きっと難しいのになあ、とおもっていたのでしょう。 夜間部でしたので、その多くは何かしら職業に付いていました。

そこに逃げ道があるので、また現実を知れば天と地ほど収入や将来に差があることに気が付き、夢を諦めていくのです。

しかし鍼灸学校は専門学校です。若い生徒は何かしら就職をしなければなりません。また学校としても就職率を謳わなければならないので、病院のリハビリ科への就職が重要事項になります。

しかし現状は病院自体の経営問題もあり、道は険しいといえます。

また開業鍼灸師と言うことから考えると、病院勤めが長くなると開業は難しい状況になります。

開業と就職の収入と将来性に雲泥の差があるからです。

また病院で行なわれている鍼と開業鍼灸師の鍼には、技術の差もありこのことが開業に踏み切れない原因にもなります。病院から開業に踏み出すには、そ相当の努力を払わないとならない、そう私は思います。

私の先生はこう仰っていました。「君達は若くないのだから、卒業したらすぐ開業しなさい。弟子入りも難しいだろう。

」その後数年経過してNHKの特集を見ていました。「タクシー業界が規制緩和してから、苦境に立たされている」と言うものでした。

レポーターがタクシーに乗り込み質問します。「ところで、・・さんの前の職業はなにをされていましたか?」「病院の鍼灸師でした」 「あっ!先生が仰っていたとおりだ」「病院経営が成り立たなくなってリストラされたのです」

そういえば他の先生はこうも言っていました。「病院ではこういう順位になっている。医師、看護婦、薬剤師、理学療法士臨床検査技師、その下に鍼灸マッサージ師がいる。だから経営難になると、真っ先に切り捨てられる」

まさにそのとおりでした。

またこのようなことも聞きました。「病院には看板があり、たとえ治せなくても患者はまた来る。だから開業鍼灸師のように、1時間以内に何らかの症状改善をしないと次回は来てくれない。」

確かに人間は退路を断ってみると、本当に必死になるものです。逃げ道があるとどうしても甘さが出がちです。

先輩に聞いた話です。「卒業後に友人と月1回勉強会を持った。3ヶ月すると話す内容が変わってくる。すぐ開業したものは、お腹を柔らかうするにはこの経を使うよね。一方日曜鍼灸マッサージ師のアマチュアは、いつまでもツボは何に効くことしか言わない」プロとアマの差はこのようになるのです。

弟子入りについて

日本には昔から「弟子入り」という制度があります。
現在も行われていますが、そこに入るにはなかなか難しいものがあります。
それはざっと考えても次のような課題があるからです。

 

  • 1,自分がどのような鍼をしたいのか決めなければならない。どのようにして決める?探す?
    2,その鍼を行っている先生を見つけなければならない。どうやって?
    3,先生を見つけ出せても受け入れてくれるかどうかわからない。患者が少なければ弟子など取りません。教えるには言葉で説明する必要があり、このことに不得手の先生は弟子は取りません。この業界ありがちなのは、治せる先生ほど巷の評判が聞こえてこない。
    4,弟子入りは鍼の刺し方やツボのとり方などを習うのですが、私がもっとも弟子入りで重要と考えるのは、治せる気を持った先生が、こいつならこの氣を譲ってやろう、そう思わせる弟子であることです。また先生がこのことを知っていないとならないことです。
    5,セミナーは弟子入りとは違うものです。
  • 弟子入りは治せる鍼灸師になる、もっとも早道になります。

    当院ではセミナーになりますが中身は弟子入りと同等なことを行うことが出来ます。
    興味が湧いたならこちらをご覧ください。
    「手のひら先生の高麗手指鍼講座」

    膠原病 免疫疾患
    関節リウマチ治療法|韓国の鍼、手のひら先生のリウマチ相談室
    シェーグレン症候群|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    全身性エリトマトーデス|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    自己免疫性肝炎 治療
    橋本病|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    アレルギー
    アトピー性皮膚炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室
    アトピーと蕁麻疹の合併症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    喘息 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    花粉症
    様々な神経痛
    坐骨神経痛 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    脊椎がずれて神経を圧迫し痛みが起こる脊椎すべり症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    坐骨神経痛手術後遺症 治療
    慢性腰痛 治療
    ぎっくり腰治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    三叉神経痛 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    肋間神経痛 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    頚椎症(頚椎ヘルニヤ)治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    目の病気
    網膜色素変性症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    眼底出血 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    飛蚊症治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    緑内障 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    網膜中心静脈閉塞症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    糖尿病性網膜症 治療
    視神経萎縮症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    角膜潰瘍 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    近視治すなら|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    ぶどう膜炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    アレルギー性結膜炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    加齢黄斑変性症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    耳の病気
    耳鳴り・難聴 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    耳鳴り|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    突発性難聴 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    メニエール病|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    がん・癌・ガン治療
    末期がん鍼治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    リンパ浮腫|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    神経性難病
    パーキンソン病|韓国鍼、手のひら先生のリウマチ相談室
    進行性核上麻痺|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    骨折・捻挫・肉離れ
    骨折後療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    疲労性骨折治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    捻挫肉離れ治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    循環器の病気
    不整脈治療法|韓国の鍼、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    高血圧|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    婦人病
    子宮筋腫 治療
    不妊症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    冷え性 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    つわり(悪阻)|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    更年期障害 治療
    ウィルス性疾患
    B型肝炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    C型肝炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    ヘルペス(帯状疱疹)治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    脊髄炎 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    微熱
    インフルエンザ|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    泌尿器疾患
    前立腺肥大症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室 
    遊走腎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    腎臓疾患 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談
    血尿
    痛風 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    呼吸器疾患
    東洋医学の肺気腫治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    東洋医学の間質性肺炎治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    消化器疾患
    クローン病潰瘍性大腸炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室 
    腸の癒着治療|韓国の鍼、手のひら先生のリウマチ相談室
    逆流性胃炎・逆流性食道炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    糖尿病 治療
    様々な神経症
    線維筋痛症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    舌痛症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談
    ミオクローヌス
    顔面痙攣|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    パニック障害|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室
    不眠症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    麻痺
    ベル麻痺|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
     脳卒中の後遺症|韓国の鍼、手のひら先生のリウマチ相談室
    関節症
    顎関節症治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    変形性膝関節症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    手・肩・首・膝の障害
    後縦靭帯骨化症(黄縦靭帯骨化症) 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    四十肩・五十肩 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    手根管症候群治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    肩の痛み
    脊柱前弯・脊柱側弯 治療
    各種症状
    めまい
    味覚障害 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    慢性疲労症候群 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    寝違い
    ほか
    病院で原因不明とされた病気 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
    042-365-9781