リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

まだまだ東洋医学に対する認識は行き渡っているとは思われません。特に鍼灸は歴史的にも理論技術的にも発展してきているにも係らず、「痛い」とか「古い」「恐い」として避けられてきたきらいがあります。

このような疑問質問に少しでもお役に立ち、鍼灸の効果のすばらしさを知っていただこうと、このページを設けました。

中国三千年、日本でも仏教伝来と伴に伝わった伝統ある鍼治療を、少しでも知っていただきあなたの健康にお役立てください。

世界を見渡せば「鍼」はもはや東洋だけの医療ではありません。

西洋科学的、哲学的な立証ができないため、やや劣った医療のように思われていました。

しかし地球上で見れば、西洋医学なるものはその歴史は100年前後にすぎません。

インドのアーユルベーダは五千年の歴史が、アラブの医療は三千年、中国医学は四千年と深い歴史を持っています。その他新興医学といわれる、オステオパシーやカイロプラクッティックも存在します。

アメリカでは日本人の女性鍼灸師が、ハーバード大学で鍼灸を教えています。

イギリスのホームドクターは、痛みには「鍼」を使用し、それは保険診療の対象になっているそうです。フランスにはすばらしい「耳鍼」があります。耳鼻咽喉科の医師、ポール・ノジェ博士が発明したものです。日本にも山本敏勝医師が、YNSAと知られている「山本式新頭針療法」を発明しました。

もちろん中国には伝統的な鍼の歴史があるのは、ご存知のことと思います。中国鍼にも様々なものがあり、単に「中国針」の一言でくくりきれるものではありません。

アメリカでは鍼灸治療を行える資格は、鍼灸師・漢方医(漢方薬剤師と鍼灸師を合わせたような資格と理解しています)・医師が持っています。

中国では病院内で西洋医師と漢方医師、そして鍼灸師が同等の地位で治療を行なっているそうです。もちろん国家公務員です。優秀な鍼灸師は国外には出られないと聞いています。さしずめ鍼灸の頭脳流失を防いでるということでしょうか。

あなたが何か中々治らない病気で悩んでいる場合、その治療を離れもっと広い視野で医療を見たらいかがでしょうか。きっと世界にはあなたに合う医療が存在するはずです。

目次

お問い合わせ

このほかに疑問・質問がある方はお気軽にご質問・ご相談せください。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ(リュウマチ)
シェーグレン症候群
全身性エリトマトーデス
自己免疫性肝炎
橋本病
アレルギー
アトピー性皮膚炎
アトピーと蕁麻疹の合併症
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛
脊椎すべり症
坐骨神経痛手術後遺症
慢性腰痛
ぎっくり腰
三叉神経痛
肋間神経痛
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)
目の病気
網膜色素変性症
眼底出血
飛蚊症
緑内障
網膜中心静脈閉塞症
糖尿病性網膜症
視神経萎縮症
角膜潰瘍
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎
加齢黄斑変性症
耳の病気
耳鳴り・難聴
耳鳴り
突発性難聴
メニエール病
がん・癌・ガン治療
ガン治療
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病 治療
進行性核上麻痺
骨折・捻挫・肉離れ
骨折
疲労性骨折
捻挫・肉離れ
循環器の病気
不整脈
高血圧
左室肥大
婦人病
子宮筋腫
不妊症
冷え性 治療
つわり(悪阻)
更年期障害
ウィルス性疾患
B型肝炎
C型肝炎
ヘルペス(帯状疱疹)
脊髄炎
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症 治療
遊走腎
腎臓疾患
血尿
痛風
呼吸器疾患
肺気腫
間質性肺炎
消化器疾患
クローン病
手術後の癒着 痛み
逆流性胃炎・逆流性食道炎
糖尿病
様々な神経症
線維筋痛症
舌痛症
ミオクローヌス
顔面痙攣
パニック障害・不安神経症
不眠症
麻痺
ベル麻痺
脳卒中(脳溢血・脳卒中・脳梗塞)後遺症
関節症
顎関節症
変形性膝関節症
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化症
四十肩・五十肩
手根管症候群
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯
各種症状
めまい
味覚障害
慢性疲労症候群
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気
042-365-9781