リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

「ようこそ手のひら先生スタイル高麗手指鍼のギックリ腰治療の世界へ!」

ここでは独自の研究で進化させた韓国の鍼「高麗手指鍼」を、手のひら先生スタイルとしてその効果をご紹介いたします。

高麗手指鍼自体が日本では珍しいことと思います。

手のひらだけで治療できる簡便さはありました。

また手のひらと脳が密接な関係であることを、ペンフィールド教授の研究から説明いたしました。ホムンクルスとして広く知られています。

この科学的な説明から伝統的な日本の鍼や中国鍼そのほかよりも、より高い効果を出せるのが高麗手指鍼である可能性を証明いたしました。

しかし現在までその効果は限定的でした。

韓国人金成万師が私の先生でした。先生はがん治療で有名でしたが、その治療方法は「気」を使う名人の技術でした。

私がここ10年間自らの脳溢血後遺症を治そうとして研究を深めた結果、世界の何処にもない高麗手指鍼の理論と技術を極めました。

世界中の鍼灸師でこれを理解できる方は、今のところほとんどいらっしゃらないでしょうが。

高麗手指鍼をなんとかして進化させ、自らの病気も完治させたいと研究してきました。

その突破口としてフランス人の開発した、耳鍼の理論に出会ったのです。

フランス人医師で耳鍼の創始者ポール・ノジェ博士の研究は、今までにない独創的な理論でした。しかし博士のディメンション理論は、それまでは誰も何を意味していたのか理解できませんでした。

もしかすると博士ご自身もディメンション(位相)の意味するところは、本当は理解していなかったかもしれません。

私は検証重ねることで位相とそのツボの真の意味をすべて読み解きました。

きっかけになったのは元東京芸術大学三木成夫教授の「生命形態学序説」に出会ったことでした。

その意味するところは次のことです。

人間の祖先は4億年前魚の時代でした、それが進化して鳥の時代になり、進化して人間になったということです。

それぞれの時代にそれぞれ進化した脳と臓器が出来て、それに対応するツボが出現しました。

それぞれの時代に作られ進化してきた脳と臓器、それを効果的に調整するにはディメンションを考え、効果的にツボの刺激をしなければなりません。しかし二千年前に作られた鍼灸のツボと理論は、それ以上には発展できませんでした。

それで現代の鍼灸の中心は、腰痛肩こり治療になっているのです。

なぜそうなっているかと言えば、進化していく過程で脳・免疫・臓器に対応するツボ、それは最初に現れたツボ(さかなの時代のツボ)の下に隠れることとなったからです。

このことを明らかにしたことで、それまでは治療不可能であった、免疫疾患・脳疾患・肺・子宮・心臓疾患の治療も可能になりました。

(博士はディメンション6まであるとご著書の中では書かれています。もしかすると進化の過程では6段階ぐらいの変化を、人間はしてきたかもしれません。しかし治療についてはこの3段階で十分です。ちなみに博士のご著書では、ディメンション3までのツボしか描かれていません)

これらのことがギックリ腰治療で、十分に生かされ成果を上げられることとなったのです。

ではその効果と成果をご覧ください。

「ぎっくり腰」の原因・病状・治療

顔を洗うなど何気ない動作をしただけなのに、突然腰が痛くなり歩けなくなってしまう。

いわゆる「ぎっくり(ぎっくら)腰」と言われる腰痛があります。

ときには1ヶ月も寝たきりになるものから、長い間ひどい痛みが続くようなギックリ腰があります。

この真の原因はストレスにあります。

ところが従来の治療だと腰の筋肉を緩め、痛みを取るような治療に終始しました。

しかし真の原因はストレスから受けた脳のダメージにあるので、このような治療法では中々効果がでないことがあります。

ストレスを区別すると、一つは精神的なもの一つは肉体的なものに分けられます。

仕事で精神的に追い詰められたりする精神ストレスと、長時間労働が続いたりする肉体的なストレスです。

それが積み重なって限界に達した時、何気ない動作で突然起きるのです。

どちらのストレスも脳にダメージを与えていて、耐えきれずに突然ギックリ腰という症状が来ます。

身体が限界を迎えているという、危険信号を発した結果だといえます。

 

腰が痛いからと言って腰を治療しただけでは、時間も効果も上がらないのはこのことを証明しています。

ダメージを受けた脳のストレスを治療しなければ、根本の治療にはなりません。

 

脳は脳独自の循環メカニズムがあります。

これを治療しないとギックリ腰の治療にはなりません。

脳のストレス調整をツボ刺激と、脳脊髄液の循環を促すことが治療には重要になります。

他の腰痛とは異なり、筋肉の障害や単なる血流障害ではないので、調整さえ的確なら驚くほどの速さで回復する、それがギックリ腰治療です。

 

治療費

初診料 2,000円
個人専用鍼代 2,100円(治療10回毎にお支払いただきます)
治療費 6,000円

「ぎっくり腰」の治療・実績

症例1 50歳代

97/01 車で長距離を運転し帰省した。帰ってきてぎっくり腰を起こしてしまった。奥さんの話ですと「家を出て行くときは這うようでしたが、戻って来たときは、鼻歌を歌っていた」そうです。時々起こすそうです。これは簡単に直った典型的な例です。

症例2 40歳代

01/04/13電車の運転士さん。最近のダイヤ改正でスピードアップが図られ、そのストレスが起因と考えられます。同じ症状で4名も休んでしまったとのことです。

01/04/16 連続4回の治療でした。相当の負担が身体にかかっていたようです。

症例3 20歳代

02/03/11 不動産販売を行っている方です。販売が好調で、年明けから長時間勤務と休暇がとりにくい状況でした。タクシーで来られ、体を折り曲げるようにしていましたが、変えるときは「歩きがスムーズになった」と言われて戻りました。

02/03/13 昨日休暇をとっていたのですが、どうしてもこなさない仕事があり、1日車を運転してしまった。まだ痛みが残っているとのことで、治療に来られました。そのまま仕事場へ向かわれました。

症例4 40歳代

02/05/02年度末決算で仕事の疲れがたまっていたのが原因でしょうか、通勤電車から下車できずそのまま帰ってきてしまったそうです。ご近所でしたので、這うようにしてこられました。帰りはゆっくりですが、歩かれて帰られました。治療はこの1回でした。翌日は出勤しなくてはならなかったのかも知れません。

症例5 40歳代

02/04/30 おそらく長い看護が原因と推測する症例です。ほっとしたところに発症したのでしょう。3日ほど寝ていました。この症例も治療はこの1回でした。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ(リュウマチ)
シェーグレン症候群 治療
全身性エリトマトーデス 治療
自己免疫性肝炎 治療
橋本病 治療
アレルギー
アトピー性皮膚炎 治療
アトピーと蕁麻疹の合併症
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息 治療
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療
脊椎すべり症 治療
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰 治療
三叉神経痛 治療
肋間神経痛 治療
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)
目の病気
網膜色素変性症 治療
眼底出血 治療
飛蚊症 治療
緑内障 治療
網膜中心静脈閉塞症 治療
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療
角膜潰瘍 治療
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎
加齢黄斑変性症 治療
耳の病気
耳鳴り・難聴 治療
耳鳴り
突発性難聴 治療
メニエール病
がん・癌・ガン治療
がん治療
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病 治療
進行性核上麻痺
骨折・捻挫・肉離れ
骨折 治療
疲労性骨折 治療
捻挫・肉離れ治療
循環器の病気
不整脈 治療
高血圧 治療
左室肥大不整脈 治療
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症
冷え性 治療
つわり(悪阻) 治療
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎
C型肝炎
ヘルペス(帯状疱疹)
脊髄炎 治療
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症 治療
遊走腎
腎臓疾患 治療
血尿
痛風 治療
呼吸器疾患
肺気腫 治療
間質性肺炎
消化器疾患
クローン病 潰瘍性大腸炎 治療
手術後の癒着 痛み
逆流性胃炎・逆流性食道炎
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療
舌痛症 治療
ミオクローヌス
顔面痙攣 治療
パニック障害・不安神経障害 治療
不眠症
麻痺
ベル麻痺
脳卒中(脳溢血・脳卒中・脳梗塞)後遺症 治療
関節症
顎関節症 治療
変形性膝関節症 治療
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化症 治療
四十肩・五十肩 治療
手根管症候群 治療
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療
慢性疲労症候群 治療
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療
042-365-9781