病院で原因不明とされた病気 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

「ようこそ手のひら先生スタイル高麗手指鍼の病因で原因不明とされた病気治療の世界へ!」

ここでは独自の研究で進化させた韓国の鍼「高麗手指鍼」を、手のひら先生スタイルとしてその効果をご紹介いたします。

高麗手指鍼自体が日本では珍しいことと思います。

手のひらだけで治療できる簡便さはありました。

また手のひらと脳が密接な関係であることを、ペンフィールド教授の研究から説明いたしました。ホムンクルスとして広く知られています。

この科学的な説明から伝統的な日本の鍼や中国鍼そのほかよりも、より高い効果を出せるのが高麗手指鍼である可能性を証明いたしました。

しかし現在までその効果は限定的でした。

韓国人金成万師が私の先生でした。先生はがん治療で有名でしたが、その治療方法は「気」を使う名人の技術でした。

私がここ10年間自らの脳溢血後遺症を治そうとして研究を深めた結果、世界の何処にもない高麗手指鍼の理論と技術を極めました。

世界中の鍼灸師でこれを理解できる方は、今のところほとんどいらっしゃらないでしょうが。

高麗手指鍼をなんとかして進化させ、自らの病気も完治させたいと研究してきました。

その突破口としてフランス人の開発した、耳鍼の理論に出会ったのです。

フランス人医師で耳鍼の創始者ポール・ノジェ博士の研究は、今までにない独創的な理論でした。しかし博士のディメンション理論は、それまでは誰も何を意味していたのか理解できませんでした。

もしかすると博士ご自身もディメンション(位相)の意味するところは、本当は理解していなかったかもしれません。

私は検証重ねることで位相とそのツボの真の意味をすべて読み解きました。

きっかけになったのは元東京芸術大学三木成夫教授の「生命形態学序説」に出会ったことでした。

その意味するところは次のことです。

人間の祖先は4億年前魚の時代でした、それが進化して鳥の時代になり、進化して人間になったということです。

それぞれの時代にそれぞれ進化した脳と臓器が出来て、それに対応するツボが出現しました。

それぞれの時代に作られ進化してきた脳と臓器、それを効果的に調整するにはディメンションを考え、効果的にツボの刺激をしなければなりません。しかし二千年前に作られた鍼灸のツボと理論は、それ以上には発展できませんでした。

それで現代の鍼灸の中心は、腰痛肩こり治療になっているのです。

なぜそうなっているかと言えば、進化していく過程で脳・免疫・臓器に対応するツボ、それは最初に現れたツボ(さかなの時代のツボ)の下に隠れることとなったからです。

このことを明らかにしたことで、それまでは治療不可能であった、免疫疾患・脳疾患・肺・子宮・心臓疾患の治療も可能になりました。

(博士はディメンション6まであるとご著書の中では書かれています。もしかすると進化の過程では6段階ぐらいの変化を、人間はしてきたかもしれません。しかし治療についてはこの3段階で十分です。ちなみに博士のご著書では、ディメンション3までのツボしか描かれていません)

これらのことが病因で原因不明とされた病気治療で、十分に生かされ成果を上げられることとなったのです。

ではその効果と成果をご覧ください。

「病院で原因不明とされた病気」の原因・病状・治療

病院で原因不明とされた病気、このような病気や症状でも、十分に対応可能なのが高麗手指鍼です。

手のひら先生の高麗手指鍼治療では、病名のつかないものから難病まで、様々なものを扱い改善を図っています。その特長は次の点にあります

1、手のひら先生は、独自の免疫理論を創り、成果を上げています。

2、手のひら先生は、高麗手指鍼にはなかった全く新しい治療技術を作り対処しています。

3、脳は生命活動をコントロールしています。手のひらと脳は密接に結びついています。この脳に強い刺激を与え、手のひらだけで治療可能にしたのが高麗手指鍼です。これに独自の治療理論を確立したものが、手のひら先生の高麗手指鍼治療なのです。

治療費

初診料 3,000円
個人専用鍼代 2,100円(治療10回毎にお支払いただきます)
治療費 7,000円

「病院で原因不明とされた病気」の治療・実績

症例1 途中で歩けなくなる。

先日患者さんが来られました。相談内容は次ぎのようなものでした「30分ほど歩くと、足が固まったようになってしまいます。病院でMRIから血液検査を行っても、原因はまったくわかりませんでした。それでもつらい状態は変わらないので医師に訴えると、最後は心療内科へ回されてしまった。医者は私の頭がおかしいと思ったのかもしれない。」 外見は健康そのものでも、本人はつらい症状であったと思われます。何しろこの時勢に会社をそのために辞めるくらいですから。またその治療に鍼を選んでいただいたことは、感謝すると伴に発想の豊かさと、そのように社会が鍼灸への理解を変化させていると、改めて感じた事でした。 初診 症状としては上記したことがすべてです。足首が中心となるので、それに関連する疾病の有無を聞きますと、過去にウィルスで膝関節を治療したことがある事が分かりました。その時も常在菌だったらしく原因はわからず、おそらくウィルスの起こしたものだろうと言う推測でした。そこで アプライドキネシオロジーテストで、経絡上の異常が無いかを調べることとでこれに対処する事にいたしました。血行障害が生じている事が分かりました。また経絡の一部に滞りがありました。ウィルス対策としては、かねてから行っているISSと言う処方を取って、免疫力をあげるよう努めました。結局治療回数は8回で終了いたしました。5回を終了したところで、長時間の歩行が可能になりました。またウィルスが原因であったのか、体温が上昇し、起床時に37度前後の事が続きました。それも最終的には毎日0.1度づつ低下して、終了までにはほぼ平熱近くなりました。歩行の負荷をかけても支障が無くなってきたことと、診断数値や異常反応も消えてきたので完治といたしました。

症例2 眼の下から顎にかけて皮膚が炎症を起こしています。
皮膚の病気としてはアトピー性皮膚炎が疑われますが、ご本人は「花粉症」とおっしゃっています。 初診01/10/17 皮膚の病気であるので、この場合は肺の経絡を調整しました。 01/10/29第4回目2回目以降は胃の経絡の上であるので、この処方も取り入れた所、顔の赤味の80パーセントが取れ、腫れもひきました。01/11/16第8回目3日前は熱感が激しかったそうです。そこで雑談をしながら食生活・仕事の内容を聞きました。分かったのは看護婦さんなので夜勤があり、休憩時間におやつを食べることです。夜中朝方の飲食は生理活動に支障をきたします。このことを調整してもらいました。 01/12/05第13回目安定していたが、夜勤中に顔が腫れてきてステロイド剤を塗ったそうです。 01/12/25第15回目 もう一度食事の好みを聞きました。辛い物が好きで、キムチはよく食べるそうです。辛い物を食べ過ぎると、肺の気の働きを壊します。肺が傷めば関連する皮膚に障害が出るのです。止めるまたは控えるようにアドバイスいたしました。02/01/17別人のような美人が入ってきたのでびっくりしました。前回以来炎症や腫れがすっかり消えて、化粧も出来るようになったそうです。本日はジョギングからの疲れで、腰の調整に来られました。皮膚の病気の原因は、食生活にありました。

症例3 足を始めとし全身に痛みがあります。口内炎、目歯が悪い。内科・耳鼻咽喉科・歯科、MRIで検査するも原因は不明です。また朝か夜、37度以上の発熱があります。すでに寝たきり状態が、9ヶ月続いています。 初診02/03/28 顔つや悪く歩行もおぼつかない。膝腰の痛みを訴えます。 02/03/29 昨日から痰が多く出ます。 02/04/03 第4回目。顔つやも良くなってきました。また発熱しても37度を超えることはなくなりました。 02/04/07 別人になったように顔が変わってきました。今まで心配してくれた方たちが、皆変わったと言ってくれるようです。発熱の原因は、扁桃にあったと推測されました。

症例4 過去に心臓のバイパス手術をしています。最近ゲップが激しく、救急車を呼ぶほどになってしまいました。 初診02/04/01 病院では、逆流性食道炎と診察されました。推測としては、10年以上にわたり、かなりの数と種類の薬を常時服用されています。これがその原因と推定します。胃薬が出されているので、それに違和感は無いでしょうが、胃部そのものが耐えられなくなっているのでしょう。 02/04/23 第8回目。波はありますが、全体としてゲップは沈静化しています。しかし薬の量が多いので、この症状を消すのには、もう少々時間がかかりそうです。 02/08/01 第28回目。今回で治療終了です。げっぷはほとんど治まっています。今まで治療が続いたのは、耳鳴りの治療も行っていたからです。原因は長期にわたった、心臓手術後の大量の薬を服用したからだと思います。死ぬかと思うほどのゲップは止みました。

症例5 坐骨神経痛で来られました。週に何回か心臓が苦しくなり、救急車を呼ぶことがあります。
初診00/06/09坐骨神経痛、糖尿病、白内障の症状を訴えています。 00/07/21第6回目。友人と観劇会に行くとき、いつも止まり止り駅まで歩いていました。それがまったくなく、皆と歩調をあわせたのでびっくりされました。 00/07/28 よく胸が苦しくなり、救急車で病院へ運ばれることがあるそうです。今回もまた運ばれ、心電図をとるも問題なしとされました。ニトロを処方されたそうです。しかしそれを服用したところ、いつもはなんでもないのが、今回は3日ほど頭痛が取れなかったそうです。以前から坐骨神経痛は、糖尿病から来るものなので、これを治さないと体全体が悪くなると説明していました。患者さんが、今回の胸の痛みはおかしいというので、それは糖尿病からくる痛みですよと説明しました。現にニトロが合ってないので、心臓の血管のほかに、脳血管も必要以上に広げたので、頭痛を引き起こしたのだと推測しました。しかし理解はされなかったようです。坐骨神経痛が完治したら見えなくなりました。

症例6
ふるえとか振戦と言われるものには、原因が分からないものが多いものです。またこれが原因であろうと推定しても、対症療法の薬がで抑えるのみで、なかなか完治に至らないことがあるようです。さらに本人は気にしても、大きな病気が存在しない時は、そのままにされているのが現状ではないでしょうか。 高麗手指鍼には、風方という治療法があります。これを使うと、場合によって目覚しい効果が現れます。ただし精神的なものから来る、激しい震えについては、1例ですが効果はありませんでした。 70歳代 他の疾患で治療中手のふるえがあったので、1回のみ治療いたしました。そのほかにも対症的に使った例は、多くありますので、代表的な例を1件紹介いたします。 99/10/06 坐骨神経痛の治療を行っているとき、手のふるえが目に付きました。治しましょうか?と言って治療し、治療直後から治まり始め、治療中にぶり返しながらも、30分後には治まりました。ふるえを起こす病気、たとえば代表的なパーキンソン病医などではなかったため、比較的早く効果が現れたものです。

症例7手に力が入らず筆記用具も持てない。足も同様で歩行も困難である。病院ではMRI検査でも問題ない。仕事のストレスから来ると、心療内科も受診しています。 02/08/01 手の痺れは頚椎の問題、足のしびれと言うか違和感という表現のものは、坐骨神経と関係するのかとも思われるが、神経痛とも異なる感じがします。 02/08/03 すこし症状が緩和されたようにも思えます。 02/08/06 原因がはっきりしました。頸の形を見ると、身長の高い方にありがちな、猫背と頸が前に折れて出ています。横から見ると九の字に曲がっています。これが四肢麻痺を起こしている原因と突き止めました。頸に圧峰という高麗手指鍼療法独特の器具を張りました。直後から手指に力が入って来ました。

症例8事故で高所から落ち入院しました。頸が曲がらず、手足にひどい熱感がある。 お湯のなかに手足を突っ込んでいるような感じがあるそうです。寝るときは氷で冷やしているます。外から触っても、本人が訴えるほどの異常は感じられない。(この項頚椎症と重なります) 02/08/13 左右頸の可動域は0度でしたが、治療中におよそ60度に改善いたしました。 02/08/15 右手の痺れが改善いたしました。 02/08/24 第6回目。体のねじれを矯正するため、股関節の矯正をしました。 02/08/26 手は外部からも熱さが感じられるほどです。CDと言う処方を行いました。術後にやや熱感は引きました。 02/08/28 手の熱さは取れ、正常に戻りました。しかし当初から患者が訴えている、足の熱感は全く変化がありません。足を触っても何ら異常はなく、寝るときに氷で冷やすと言うのは、理解できないほどです。 02/08/31 熱感は、神経を何かしら刺激していると考え、その原因は体の歪みから来ると考えました。CDによる矯正を引き続き行います。02/09/04 前回の処方が効いたのか、足先の熱感が一時消えたそうです。 02/09/07 熱感は途切れ途切れに出ると言うようになったようです。夜寝るときに熱さを忘れることもあるようで、鍼の効果が徐々に現れて来たようです。 02/09/16 第13回目。手のひらは元に戻り熱感はなくなりました。足は先の方が冷えてきたようです。 02/09/23 第16回目。足首まで熱感は取れてきたそうです。 ★この方は原因不明の熱感としてこられましたが、頚椎症による熱感としての患者さんは、頚椎症のページに乗せていますのでご覧ください。

症例9近くの医者で筋萎縮側索硬化症と診断されたが、病院での筋電計によるテストでは異常が無かった。神経の病気と言われた。漢方医でもそのように診断され処方薬が出ている。私の見る限り、これは頚椎の障害から来る四肢麻痺です。よって頚椎症に載せますので、ご参照ください。

症例10親指の痛み。弾発指の痛みでもなく、また頚椎症の痛みでもないもの。 03/03/18 右手親指が2,3年前からいたみがあった。先月からそれが特に痛くなった。診断すると胃の経絡と肺の経絡に気の異常があります。また右親指は体で言えば、左足に相当します。特に痛みのある第2関節は、股間節になります。ここで問診です。すると股関節は手術で人工のものを入れています。更にその手術の時に、血の塊が肺に行ったとかで、肺繊維症になったそうです。またそのほかにも肺に関しては疾患があったそうです。術後には痛みが無くなりました。今後は全体の気の調整、健康回復のため治療に通われるとのことです。

症例11手が握れない、グーが出来ない。こう言われて来院されました。 04/11/20初診胆のう摘出手術、高血圧、大腸ポリープがあります。また以前から抗うつ薬を服用しています。下痢軟便が続きます。 問診をして、これは薬の飲みすぎから来るものと考えました。まず抗うつ薬をアプライドキネシオロジーテストでその量が適正か否かを判定しました。まったく体にはあう量が無い、すなわち量からすると必要ない薬になっていました。患者さんに聞くと、すでに症状は改善されているとのことなので、これは服用しない方が良いのではとお話いたしました。 04/11/27 体調良く、薬の服用はすでに止めているそうです。 04/12/04 すこし手が握れるようになりました。 04/12/11 さらに手が曲がるようになりました。目視で80パーセントは改善しました。 05/01/08 第7回目。ほぼ完治となりました。

症例12手足に定期的に酷い腫れが出来て、歩行困難と痛みで不眠が起こります。 04/07/31 初診 30年前に尿崩症があり、慢性腎炎の持病があります。 腎炎等で体が弱り、免疫が下がってしまったと診断しました。そこでヘルペス(HSV)とサイトメガロウィルス(CMV)を使い、 アプライドキネシオロジーテストを行いました。術前HSVⅠ型は1000ng、術後500ngに。HSVⅡ型は術前1000ngが術後500ngに。CMVは術前1000ngが術後500ngにそれぞれ下がりました。 04/09/08 前回の治療が効いて、手足の浮腫みは消えてしまいました。術後はそれぞれ、HSVⅠ型200ng、HSVⅡ型200ng、CMV200ngでした。 04/10/16 術後の結果は、HSVⅠ型70ng、HSVⅡ型70ng、CMV70ngでした。 04/12/21 その後はまったく異常なく、今日は検査数値を0にまで持っていくために治療に来られたそうです。術後は、HSVⅠ型10ng、HSVⅡ型7ng、CMV10ngでした。

症例 13首が曲がってしまう、斜頚が出て治りません。原因不明です。 08/06/07 初診 仕事場の人間関係でうつ症状が出ました。精神科の処方でうつは改善してきたのですが、首が曲がってしまう、斜頚がでて仕事に生活に支障が生じています。診断すると脾が実になっているので、甘いものを控えるように、アドバイスしました。首が軽くなった感じが出ました。 08/06/14 本日は耳鍼で、視床を刺激しました。ドロップで体の歪みを矯正しました。また体鍼を使い首の強い歪みを矯正して見ました。術後今まで強く引っ張られていた感じがなくなりました。薬をオーリングテストで検査すると、明らかに量が多すぎると出ました。これが病気の原因と思われます。徐々に減らし、最終的には睡眠導入剤の使用をやめるまで、治療が進めることが出来るはずです。 08/06/21 仕事を心配して薬を減らしていないとのこと。状況は変化していません。なおりたいのであれば、原因が薬の副作用なので、これを変えないと治らないということを説明しました。治療では体のツボを使い、首が強く引っ張られる感じがなくなっています。4から5割ほど戻って来ているようです。 08/06/28 ドロップ併用です。気を使って足の長さを調整しました。高麗手指鍼だけでは、強い筋肉のこり、強直なので、身体に直接刺鍼することで対処することにしまいました。直後は強い引っ張り感がなくなりますが、完全に戻ることはありません。60度ほど横を向いてしまいます。 08/07/05 斜頚が少し緩んで、前に向き始めた感じがあります。 08/07/26 薬の量を、抗精神薬は飲まないようにし、睡眠導入剤は極力少なくして服用するようにしました。前回に比べ、かなり斜頚は改善しており、最初が90度とすれば現在は45度以下になりました。また強く引っ張られる感じが取れてきているので、これは時間と伴に元に戻るはずです。薬害または副作用のなせる業でした。 08/08/02 斜頚はさらに改善し、右斜めおよそ15度程度まで回復してきました。脳反射テストで聞いてみると、現在は正常時に比べ、82から83パーセントまで回復しています。 08/08/16 首の角度は10度以内と、よく見ないと分からない程度にまで回復しています。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室
シェーグレン症候群|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
全身性エリトマトーデス|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
自己免疫性肝炎 治療
橋本病|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
アレルギー
アトピー性皮膚炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室
アトピーと蕁麻疹の合併症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
喘息 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
脊椎がずれて神経を圧迫し痛みが起こる脊椎すべり症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
三叉神経痛 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
肋間神経痛 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
目の病気
網膜色素変性症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
眼底出血 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
飛蚊症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
緑内障 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
網膜中心静脈閉塞症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
角膜潰瘍 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
近視治すなら|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
ぶどう膜炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
アレルギー性結膜炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
加齢黄斑変性症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
耳の病気
耳鳴り・難聴 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
耳鳴り|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
突発性難聴 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
メニエール病|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
がん・癌・ガン治療
がん治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
リンパ浮腫|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
神経性難病
パーキンソン病治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室
進行性核上麻痺|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
骨折・捻挫・肉離れ
骨折後療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
疲労性骨折治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
捻挫肉離れ治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
循環器の病気
不整脈治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
高血圧|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
冷え性 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
つわり(悪阻)|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
C型肝炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
ヘルペス(帯状疱疹)治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
脊髄炎 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
微熱
インフルエンザ|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
泌尿器疾患
前立腺肥大症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室 
遊走腎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
腎臓疾患 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談
血尿
痛風 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
呼吸器疾患
東洋医学の肺気腫治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
東洋医学の間質性肺炎治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
消化器疾患
クローン病潰瘍性大腸炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室 
癒着が必ず良くなる治療方法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生鍼灸治療
逆流性胃炎・逆流性食道炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
舌痛症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談
ミオクローヌス
顔面痙攣|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
パニック障害|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室
不眠症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
麻痺
ベル麻痺|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
脳卒中(脳溢血・脳梗塞)後遺症が良くなる治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
関節症
顎関節症治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
変形性膝関節症 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化症(黄縦靭帯骨化症) 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
四十肩・五十肩 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
手根管症候群治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
慢性疲労症候群 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
042-365-9781