リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

「ようこそ手のひら先生スタイル高麗手指鍼眼底出血治療の世界へ!」

ここでは独自の研究で進化させた韓国の鍼「高麗手指鍼」を、手のひら先生スタイルとしてその効果をご紹介いたします。

高麗手指鍼自体が日本では珍しいことと思います。

手のひらだけで治療できる簡便さはありました。

また手のひらと脳が密接な関係であることを、ペンフィールド教授の研究から説明いたしました。ホムンクルスとして広く知られています。

この科学的な説明から伝統的な日本の鍼や中国鍼そのほかよりも、より高い効果を出せるのが高麗手指鍼である可能性を証明いたしました。

しかし現在までその効果は限定的でした。

韓国人金成万師が私の先生でした。先生はがん治療で有名でしたが、その治療方法は「気」を使う名人の技術でした。

私がここ10年間自らの脳溢血後遺症を治そうとして研究を深めた結果、世界の何処にもない高麗手指鍼の理論と技術を極めました。

世界中の鍼灸師でこれを理解できる方は、今のところほとんどいらっしゃらないでしょうが。

高麗手指鍼をなんとかして進化させ、自らの病気も完治させたいと研究してきました。

その突破口としてフランス人の開発した、耳鍼の理論に出会ったのです。

フランス人医師で耳鍼の創始者ポール・ノジェ博士の研究は、今までにない独創的な理論でした。しかし博士のディメンション理論は、それまでは誰も何を意味していたのか理解できませんでした。

もしかすると博士ご自身もディメンション(位相)の意味するところは、本当は理解していなかったかもしれません。

私は検証重ねることで位相とそのツボの真の意味をすべて読み解きました。

きっかけになったのは元東京芸術大学三木成夫教授の「生命形態学序説」に出会ったことでした。

その意味するところは次のことです。

人間の祖先は4億年前魚の時代でした、それが進化して鳥の時代になり、進化して人間になったということです。

それぞれの時代にそれぞれ進化した脳と臓器が出来て、それに対応するツボが出現しました。

それぞれの時代に作られ進化してきた脳と臓器、それを効果的に調整するにはディメンションを考え、効果的にツボの刺激をしなければなりません。しかし二千年前に作られた鍼灸のツボと理論は、それ以上には発展できませんでした。

それで現代の鍼灸の中心は、腰痛肩こり治療になっているのです。

なぜそうなっているかと言えば、進化していく過程で脳・免疫・臓器に対応するツボ、それは最初に現れたツボ(さかなの時代のツボ)の下に隠れることとなったからです。

このことを明らかにしたことで、それまでは治療不可能であった、免疫疾患・脳疾患・肺・子宮・心臓疾患の治療も可能になりました。

(博士はディメンション6まであるとご著書の中では書かれています。もしかすると進化の過程では6段階ぐらいの変化を、人間はしてきたかもしれません。しかし治療についてはこの3段階で十分です。ちなみに博士のご著書では、ディメンション3までのツボしか描かれていません)

これらのことが眼底出血治療で、十分に生かされ成果を上げられることとなったのです。

ではその効果と成果をご覧ください。

「眼底出血」の原因・病状・治療

眼底出血の原因になる主な病気を上げると、最も知られていのが糖尿病です。

糖尿病になると血管も神経も侵されますが、特に問題になるのが目の血管が脆くなって出血することです。

放って置けば失明に至ります。

その他高血圧による出血、動脈硬化、網膜静脈の閉塞によるものなどが主に挙げられます。

しかし治療法として考えられているのは、レーザー照射による手術です。

これは出血部分を焼いて出血を止めるもので、成功率はあまり高くないようです。

出血そのものは目に原因があるというより、前に上げたような病気が根底にあるので、治療はその対策をしながら並行して出血対策をすることになります。

目という器官は人間が進化してきた最初の魚の時代、初期から存在し目を獲得したことで種の保存には優位に立った重要なものです。

ところが最初は単純な仕組みでしたが、現在のように進化してきた過程では、色彩がついていたりそれを失ったり、紆余曲折の変遷があったようなので、一概にこの延長で目が進化してきたとはいえません。

進化の過程で目がこのように出来上がったということがわかれば、そこから治療の方法も見つけられるかもしれませんが、現在は不明なようです。

そこで出血治療の基本は、発症原因となっている病気を治します。

糖尿病や高血圧などです。

次に出血を促すまたは改善を阻害している、いわば目周囲の緊張を取ります。

うっ血状態を改善して、新鮮血を流れることで状態を改善することを促すのです。

手のひら先生スタイルの高麗手指鍼では、病気の根底に免疫の衰えがかならずあるので、独自の方法でこれを改善します。

目の治療は目だけで行うのではなく、目は身体の一部であり全体を調整することで、目そのものが良くなると言う方針で行っています。

 

 

初診料 3,000円
個人専用鍼代 2,100円(治療10回毎にお支払いただきます)
治療費 7,000円
ニードルキーパー使用料 30,000円(初回のみのお支払です)
難病とされるリウマチ・ガン・眼底出血などの治療に使用します。

「眼底出血」の治療・実績

1 症例1 女性60歳代の眼底出血

仕事が忙しく、視力がおかしいと気がついて検査したところ、眼底黄斑部に出血があると診断されました。念のためセカンドオピニオンを求めたが、現在の治療方法が適切であるとされました。しかし視力の改善がはかばかしくないので、当院の治療に来られました。 01/10/06 初診 身体が疲れています。まずこれの治療と目と関係ある経絡、肝と腎を補うと言う事が基本の治療になります。それを同時に出来るのも、この治療の特徴です。そのほか前に述べたような、血流改善の独自の処方を取り入れ、治療に入りました。01/10/10 第15回目 やっとですが視力が、0.3ほど改善されて来ました。視力だけの問題でしたら、その場でこの程度は改善するのですが、さすがに眼底出血となると、急激な改善は望めないかもしれません。身体の根本の問題の除去、その改善と伴に眼底も治療されると考えるべきでしょう。 01/10/18黄斑部の出血も順調に吸収されてきたようです。まだ大きな文字が歪んだり、もやがかかったようなところはあります。しかし順調に改善されている実感を、患者さんご本人が感じ始めたようです。 01/11/06 検査で出血は9割程度吸収されたそうです。ただそれでももやって見えるようです。治療は17回目です。

2 症例2 50歳代 の眼底出血

このページを見られていらっしゃいました。眼の静脈の硬化で出血があり、視力がなくなりつつあるとのことです。病院ではレーザーによる治療を勧められていますが、それはしたくないとのことで治療に来られました。出血のきっかけで思い当たるのは、かなりしつこく咳が続いたのが原因でしょうか、という事です。02/01/19初診 十二指腸に潰瘍もあるとのこと。医師からは大きくなれば癌なので、その時手術といわれています。この治療も同時に行なう事といたしました。 02/01/22 前回の治療で眼がハッキリとしてきたそうです。筋力テストで、潰瘍部分も改善しているようです。 02/02/02 第5回目 眼の方は澄んできたとのことです。潰瘍もゆっくりではありますが、順調に回復しています。 02/02/06像の歪みがなくなってきました。霞が晴れてきたような感じだそうです。 02/02/12第8回目血行度の指標となる、トロンボキサンB2で今回から計測することとしました。60です。 02/02/1630になりました。 02/02/1919に低下しました。 02/02/27前回今回ともに16で変化しません。 02/03/01眼科で診察を受けた所、現状は変化なしとのことでした。進行はしていないということです。 トロンボキサンも16と変化なし。このようなことはよくあることで、次の変化前の停滞状態か、または薬等が改善を阻害していることがあります。 02/03/04数値は14に。 02/03/07数値は12に。 02/03/14数値は10に。 02/03/19数値は1桁台に入り、7になりました。 03/03/23数値はさらに下がり、3になりました。像にはまだ歪みがあるようです。今回からまた新たに目のつぼを追加、さらに体の歪み捩れを矯正する処方も加えた結果が、今後どのような結果をもたらすでしょうか。 02/03/29 目の周りの血行改善を図るため、温灸器を使用しました。術後は目が冴えた感覚がありました。 02/04/12 第23回目の治療です。久しぶりに筋力テストを行いました。腫瘍潰瘍に関しては問題無いようです。 02/05/02 第25回目。韓日学術大会でえたことをヒントに、1つ新しい技術を加えてみました。血行改善については、即効性がありました。視力等には変化は見られません。 02/05/04 6回ほど前からバイオプトロンという光線治療器で、目にエネルギーを注入する方法をとっています。血行障害改善に関しては、かなり効果的な方法と考えていますが、直接的な効果はまだ見られません。 今回からニードルキーパーを使い、より気の流れを強め回復力を戻そうと言う治療に切り替えました。 02/05/10 前回の治療後、眼科で検診を受けました。その結果緑内障の恐れはなくなったとのことです。出血もほとんど抑えられているそうです。問題は黄斑部の浮腫のみになりました。浮腫については、ニードルキーパーを使用することで改善されるはずです。 02/06/13 第36回目。黄斑部の浮腫に付いては、ニードルキーパーは効果的ではなかったようです。第6回目前後の治療成績が良かったので、患者さんの希望も取り入れ、30回目から手指鍼と頭にあるつぼとの併用に戻しました。 また特別に金の鍼を使用し、その運用もいたしました。前前回目あたりから効果が出たのか、やや歪が弱まっている気がするそうです。 02/06/19 今回は手の鍼をした後、頭部のつぼに低周波治療を行いました。術後の目の状態は良さそうです。カレンダーの数字の歪みが、少し取れてきたそうです。 02/07/04 血行および腫瘍については改善済み。眼底の浮腫から来るゆがみも、少しづつではありますが改善しています。 02/08/12 第43回目。前回7月17日から、仕事の都合で治療間隔が開いています。「先日眼科で検査したところ、すっかりよくなっていて、お医者さんもびっくりしていました。ですから次は2ヶ月後に行けば良いそうです」と報告を受けました。遠くから熱心に、それも長期にわたり治療に来られ、やっと結果が出て正直ホットしています。 02/10/09 農繁期でこの間第3回目です。お医者さんから、「次回の診察からは、眼底出血の薬は出さなくてもよくなるかもしれない」と言われたと喜んでいました。ただし浮腫の後遺症は残る可能性も指摘されたそうです。ではこれも治してしまおうと、目用に開発したニードルキーパーを今回から使用いたしました。

症例 3 40歳代 の眼底出血例 遠隔地からのため、週1回の治療でどこまで回復可能か少々心配いたしました。そこで、目専用のニードルキーパーを作成し、つかって見たところ、1回目から効果が現れたようです。02/10/05これといった原因がないにも拘らず、眼底出血をしています。しいて言えば動脈に硬化がみられるとの、病院での診断です。 筋力テストで血行障害度を測ると、250ナノグラムと言う高い数値を示しました。術後は100です。ニードルキーパーを装着し、治療を行いました。 02/10/12 病院検査を受けたところ、出血が治まってきているそうです。またご自身の感覚でも、霧が晴れて来ているように景色がはっきりしてきているそうです。初回で効果が現れて、正直私自身が驚いています。 02/11/02 第4回目。 出血はまだ続いているようですが、視力が0.1から0.3に回復いたしました。 02/11/23 視力が0.4になったそうです。出血はまだあります。お医者さんが「硝子体が剥がれてきた。これは良い兆候です」と言っているそうです。詳しいことは分からないのですが、体に良い変化が起こっていることは確実なようです。

4 症例 4 の網膜障害例 20年ほど前の水疱瘡で起こったと言われているが、原因は不明である。現在は網膜の1部が弱視の状態で、ドーナッツ型に見え難くなっています。 05/05/10 初診 血行障害度は術後で、1120ngと高い値を示しています。 05/05/17 今までモノクロームであった像に色がついてきました。05/05/27 色がはっきりとしてきました。 05/09/26 第12回目。見えなかった部分がだんだん小さくなって来ました。 05/10/11 中心部の視力は良くないが、周辺部の景色の見え方が良くなったいます。05/11/21 第17回目。前回からCDと言う技術を加えた見ました。これが効果を発揮したのか、一段と中心の見えなかった部分が狭まって来たように思えるそうです。

症例 5 AT の眼底出血治療例 5,6年前と 2,3年前にレーザー治療をしました。しかし一向に出血は止まらず、かつ黄斑部に浮腫みがあり像がゆがんでいます。 07/01/12初診 左手の痺れも治療しました。07/01/24 筋肉反射テストで、治療効果が出るのは3から4回の治療後と出ました。 血行障害度を筋力テストで計測、トロンボキサン値700ngと出ました。 07/02/14 第5回目。眼科での検査結果は、出血が止まっていたそうです。鍼治療は医師に言っていないので、医者は薬が効いたと思っていたようです。トロンボキサン値は手のひらで70g、目のところで160ngとまだ高い値です。黄斑部の腫れは時間はかかりそうですが、徐々に改善していくはずです。

症例 6 YM の眼底出血 2006年に眼底出血を起こしていると、日本一といわれる眼科で診断された。1週間後には急に新聞も読めなくなってしまった。スポーツをしているのでこのままではあきらめなければと思い始めていたところだそうです。 07/05/14 初診 筋肉反射で読取った情報では、現在の症状は48パーセントにある。6回後の治療では、正常時の80パーセントに回復、13回で90パーセントになると出ました。視力の現在は矯正して0.1までしか出ていない。これがあと3回で0.5に、8から9回目ごろに0.9まで回復するとでました。 07/05/22 その世界ではがんばっている方なので、スポーツ仲間や体をケアしている整骨院の方が回りに大勢いらっしゃって、日本一の眼科で回復は無理と言われたのが、初回で回復すると言われたので、経過を固唾をのんで見守るような体制が出来上がっているそうです。いわばこれプレシャーですね。07/05/30 筋肉反射テストで、左66パーセント右80パーセントとでました。本日から頭皮にある「承光」というツボは、工夫を加えて刺鍼することといたしました。 07/06/04 視力検査では、良くなっていると言われたそうです。本日は重心が傾いていたので、この調整をいたしました。 07/06/11 この間夏季のトレーニングに行ってらしたそうです。遠景が少しはっきりしてきたそうです。 07/07/18 第10回目 脳反射テストで目の状態を聞くと、左83パーセント 右94パーセントの状態と出ました。 07/08/06 第13回目 脳反射テストでは、左91パーセント 右95パーセントの状態と出ました。最近もトレーニングに行ってこられました。段差がある場合のほかは何も問題がなかったそうです。 症例7 HT 既往症は子供の時の腎臓疾患のみです。原因は日課のようになっている、大量の飲酒から来る高血糖と考えられます。 09/05/20治療後にオーリングテスト資料、トロンボキサン値を使って血行障害度を検査しました。800ngと高い値でした。09/05/22術後のトロンボキサン値は370ngでした。 09/05/26術後のトロンボキサン値は180ngでした。 09/05/30術後のトロンボキサン値は70ngでした。急激に下がりました。 09/06/01術後のトロンボキサン値は30ngでした。 09/06/03術後のトロンボキサン値は10ngでした。術後の半日から1日は調子が良くなりました。 09/06/06術後のトロンボキサン値は1ngでした。本日は前立腺の治療も行ないました。 09/06/12特に変わりはありません。 09/07/24長期に出張し治療間隔が開いたので、治療後のトロンボキサン値は50ngに少々戻りました。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ(リウマチ)
シェーグレン症候群 治療
全身性エリトマトーデス 治療
自己免疫性肝炎 治療
橋本病 治療
アレルギー
アトピー性皮膚炎 治療
アトピーと蕁麻疹の合併症
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息 治療
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療
脊椎すべり症 治療
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰 治療
三叉神経痛 治療
肋間神経痛 治療
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)
目の病気
網膜色素変性症 治療
眼底出血 治療
飛蚊症 治療
緑内障 治療
網膜中心静脈閉塞症 治療
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療
角膜潰瘍 治療
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎
加齢黄斑変性症 治療
耳の病気
耳鳴り・難聴 治療
耳鳴り
突発性難聴 治療
メニエール病
がん・癌・ガン治療
がん治療
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病 治療
進行性核上麻痺
骨折・捻挫・肉離れ
骨折 治療
疲労性骨折 治療
捻挫・肉離れ治療
循環器の病気
不整脈 治療
高血圧 治療
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症
冷え性 治療
つわり(悪阻) 治療
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎
C型肝炎
ヘルペス(帯状疱疹)
脊髄炎 治療
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症 治療
遊走腎
腎臓疾患 治療
血尿
痛風 治療
呼吸器疾患
肺気腫 治療
間質性肺炎
消化器疾患
クローン病 潰瘍性大腸炎 治療
手術後の癒着 痛み
逆流性胃炎・逆流性食道炎
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療
舌痛症 治療
ミオクローヌス
顔面痙攣 治療
パニック障害・不安神経障害 治療
不眠症
麻痺
ベル麻痺
脳卒中(脳溢血・脳梗塞)後遺症 治療
関節症
顎関節症 治療
変形性膝関節症 治療
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化(黄縦靭帯骨化症) 治療
四十肩・五十肩 治療
手根管症候群 治療
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療
慢性疲労症候群 治療
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療
042-365-9781