リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

「ようこそ手のひら先生スタイル高麗手指鍼の顔面痙攣治療の世界へ!」

ここでは独自の研究で進化させた韓国の鍼「高麗手指鍼」を、手のひら先生スタイルとしてその効果をご紹介いたします。

高麗手指鍼自体が日本では珍しいことと思います。

手のひらだけで治療できる簡便さはありました。

また手のひらと脳が密接な関係であることを、ペンフィールド教授の研究から説明いたしました。ホムンクルスとして広く知られています。

この科学的な説明から伝統的な日本の鍼や中国鍼そのほかよりも、より高い効果を出せるのが高麗手指鍼である可能性を証明いたしました。

しかし現在までその効果は限定的でした。

韓国人金成万師が私の先生でした。先生はがん治療で有名でしたが、その治療方法は「気」を使う名人の技術でした。

私がここ10年間自らの脳溢血後遺症を治そうとして研究を深めた結果、世界の何処にもない高麗手指鍼の理論と技術を極めました。

世界中の鍼灸師でこれを理解できる方は、今のところほとんどいらっしゃらないでしょうが。

高麗手指鍼をなんとかして進化させ、自らの病気も完治させたいと研究してきました。

その突破口としてフランス人の開発した、耳鍼の理論に出会ったのです。

フランス人医師で耳鍼の創始者ポール・ノジェ博士の研究は、今までにない独創的な理論でした。しかし博士のディメンション理論は、それまでは誰も何を意味していたのか理解できませんでした。

もしかすると博士ご自身もディメンション(位相)の意味するところは、本当は理解していなかったかもしれません。

私は検証重ねることで位相とそのツボの真の意味をすべて読み解きました。

きっかけになったのは元東京芸術大学三木成夫教授の「生命形態学序説」に出会ったことでした。

その意味するところは次のことです。

人間の祖先は4億年前魚の時代でした、それが進化して鳥の時代になり、進化して人間になったということです。

それぞれの時代にそれぞれ進化した脳と臓器が出来て、それに対応するツボが出現しました。

それぞれの時代に作られ進化してきた脳と臓器、それを効果的に調整するにはディメンションを考え、効果的にツボの刺激をしなければなりません。しかし二千年前に作られた鍼灸のツボと理論は、それ以上には発展できませんでした。

それで現代の鍼灸の中心は、腰痛肩こり治療になっているのです。

なぜそうなっているかと言えば、進化していく過程で脳・免疫・臓器に対応するツボ、それは最初に現れたツボ(さかなの時代のツボ)の下に隠れることとなったからです。

このことを明らかにしたことで、それまでは治療不可能であった、免疫疾患・脳疾患・肺・子宮・心臓疾患の治療も可能になりました。

(博士はディメンション6まであるとご著書の中では書かれています。もしかすると進化の過程では6段階ぐらいの変化を、人間はしてきたかもしれません。しかし治療についてはこの3段階で十分です。ちなみに博士のご著書では、ディメンション3までのツボしか描かれていません)

これらのことが顔面痙攣治療で、十分に生かされ成果を上げられることとなったのです。

ではその効果と成果をご覧ください。

「顔面痙攣」の原因・病状・治療

顔面痙攣は初め眼の周りから始まります。

眼の痙攣とも間違えますが、やがて口の周りにも発症します。

これは脳の深部のところで、動脈または静脈が神経を圧迫することで起こるとされています。西洋医学的にはこれは手術によって処置されるものです。

手のひら先生の治療では、出来るだけ早く治療を開始すれば、麻痺は最小限または元通りになります。病院では処置法がほとんどないので、入院したりして早期治療の機会を逸してしまうと、後々回復が遅くなったり麻痺部分が残ったりしてしまいます。

治療費

初診料 3,000円
個人専用鍼代 2,100円(治療10回毎にお支払いただきます)
治療費 7,000円

「顔面痙攣」の治療・実績

症例 1 OH の顔面痙攣症例 8年前から左の顔面に痙攣が起きます。1日に何回か口から頬にかけて上に引っ張られるようになります。 06/06/26 初診 筋力テストで原因と程度を測って見ます。術後ヘルペスⅠ型((HSV)450ng、血流障害度トロンボキサンB2は450ngと高い値でした。術後顔色良く、目も開くようになり、感触としてよさそうに感じます。 06/07/03 HSVⅠ型は230ng、トロンボキサン値は200ngでした。

症例 2 YT の顔面痙攣症例

痙攣引きつりに困っている。痙攣は小刻みに起こっています。右の肩こり首のこり、右半身がおかしい。07/05/30 初診 筋肉反射テストを行ったところ、正常時の60パーセントになるのは3回後、80パーセント回復は9回後、90パーセント回復するのは15回後と読み取れました。耳鍼併用です。 07/06/06 今日は立った時の重心のバランスを整えることとしました。術後に筋肉反射テストをすると、現在は74パーセントに改善されたと読み取れました。頬が少し改善したように見えます。 07/06/13 痙攣の出現頻度が減りました。またその程度も軽くなったそうです。 07/06/19 本日は右頬が左に比べ腫れていました。これはリンパの流れがスムーズでないので腫れているのです。重心バランスをとることによってこれの改善を図りました。ご本人も分かるほど、左頬に現れている筋肉の境目が、右頬にも現れてきました。またそれに伴って、痙攣も少し治まってきました。 07/06/27 術後直後痙攣が止まりました。今までは少しずつ改善するも止まることはなかったのですが、本日初めて効果が顕著に現れました。 07/07/04 第6回目。この治療後痙攣が止まったので治療を終了したいと連絡がありました。完治といたしました。

症例3 HT の顔面痙攣症例

右目の周囲が常に痙攣を起こしています。過去の治療歴は、鍼灸6箇所うち中国針、気功、カイロプラクティック、ボツリヌス菌から作った筋肉弛緩剤の注射をしました。しかしすべて効果がありませんでした。08/02/04 初診 血行障害度をオーリングテスト試料、トロンボキサンで計測。術前700ng術後250ngと激減しました。また免疫度をヘルペスⅠ型 HSVⅠ型で計測。術前700ng術後260ngとこれも激減しました。08/02/18 トロンボキサンは術後100ngに下がりました。HSVⅠ型も100ngと下がりました。今日から耳鍼を併用します 08/02/26 トロンボキサン値は術後30ngに下がりました。HSVⅠ型は30ngでした。HSVⅠ型は手のひらでの計測でしたので、目のところで計測すると60ngとまだ倍ありました。

症例4 IY

約20年前から発症しました。目をつぶると瞼から口のあたりまで痙攣が起きます。いろいろな病院を回り、MRI検査を受けましたが原因不明でした。 10/03/23初診 オーリングテスト試料トロンボキサンを使って、血流の障害度を測ると術前1040mg、術後450ngと数値が低下し、改善したことを示しています。この後は自宅で瑞岩灸という学会で販売している、温灸を毎日していただくことにしました。体を温めることで、血流の改善と免疫を高めることができます。

症例5 MY

ほんの1週間ほど前に左の顔の動きが悪いのに気がつきました。医者に行くと顔面麻痺と言われ、治療法もないと言うことで来院しました。口元の動き目の周りの痛みなどがあります。原因は過労です。

13/08/05 初診オーリングテストで検査すると、免疫低下がみられました。またまゆ毛の上から顎の下まで反応がありました。処方は免疫調整 ISS1,2,3を中心に行いました。

10/08/07治療第2回目。遠距離通勤や過労による原因なので、その調整をしないとこれからも発症の危険性を指摘する。

13/08/24治療3回目。前2回の治療でかなり良くなったせいか、治療間隔をあけてしまった。これは患者の無知から来るので、顔面麻痺の恐ろしさを伝える。私の治療効果が早く出て安心しても、オーリングテストではまだ異常部分が残り、違和感も残っているので早くそれを取り除かないといけない。もし治療をだらだらとしていると、後遺症として残ってしまうことを警告しました。今回検査すると目の周りの反応はなく、あとは左口の周りから顎にかけて異常値が出ています。このことは患者さんも自覚していて、次回の治療をなるべく早くしまた仕事についても検討するようです。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ(リュウマチ)
シェーグレン症候群 治療
全身性エリトマトーデス 治療
自己免疫性肝炎 治療
橋本病 治療
アレルギー
アトピー性皮膚炎 治療
アトピーと蕁麻疹の合併症
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息 治療
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療
脊椎すべり症 治療
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰 治療
三叉神経痛 治療
肋間神経痛 治療
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)
目の病気
網膜色素変性症 治療
眼底出血 治療
飛蚊症 治療
緑内障 治療
網膜中心静脈閉塞症 治療
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療
角膜潰瘍 治療
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎
加齢黄斑変性症 治療
耳の病気
耳鳴り・難聴 治療
耳鳴り
突発性難聴 治療
メニエール病
がん・癌・ガン治療
がん治療
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病 治療
進行性核上麻痺
骨折・捻挫・肉離れ
骨折 治療
疲労性骨折 治療
捻挫・肉離れ治療
循環器の病気
不整脈 治療
高血圧 治療
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症
冷え性 治療
つわり(悪阻) 治療
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎
C型肝炎
ヘルペス(帯状疱疹)
脊髄炎 治療
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症 治療
遊走腎
腎臓疾患 治療
血尿
痛風 治療
呼吸器疾患
肺気腫 治療
間質性肺炎
消化器疾患
クローン病 潰瘍性大腸炎 治療
手術後の癒着 痛み
逆流性胃炎・逆流性食道炎
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療
舌痛症 治療
ミオクローヌス
顔面痙攣 治療
パニック障害・不安神経障害 治療
不眠症
麻痺
ベル麻痺
脳卒中(脳溢血・脳梗塞)後遺症 治療
関節症
顎関節症 治療
変形性膝関節症 治療
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化(黄縦靭帯骨化症) 治療
四十肩・五十肩 治療
手根管症候群 治療
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療
慢性疲労症候群 治療
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療
042-365-9781