リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

手のひら先生スタイル高麗手指鍼の耳鳴り治療

耳鳴りは、中国2千年3千年と言われる東洋医学の歴史でも、難病とされるものです(聞くところによると、中国では57個ある難病の1つに数えられているそうです)。

ちろん西洋医学では全く治療方法がありません。この難病に対し何とかして完全に耳鳴りを封じ込めることはできないかと、高麗手指鍼と伝統的な鍼に独自の視点から工夫を加え、挑戦してみました。患者さんから熱心にレポートを毎回いただきましたので、治療経過がより鮮明にされたことと思います。

ところがそろそろ耳鳴りの治療法を考えてみようと考え、最近始めたレーザー治療器の使用法も頭に入れて、新しいツボを発見したので治療法を試してみました。
直後の変化はまったくなかったのですが、翌日からなぜか耳鳴りの音が小さくなっているのです。

しかしまだ鳴っているようなので翌日再度レーザーを当てると、次の朝はなぜか耳鳴りが起きていません。
消えたしまったのかな?と耳を凝らすのですがなぜか何も聞こえません。

でも長年していた耳鳴りがしなく鳴ったのを俄には自分自身が信じていないのか、なんとなく耳の中がセミの小さな鳴き声がしているようなのです。
そこで両耳に指を突っ込んで塞ぐと、なんと何も鳴っていないのです。
どうやら錯覚のようです。耳鳴りは消えてしまいました。

ところが2日ほどするとまた耳鳴りがしています。
これが二千年以上続く世界の難病なのかと知りました。
挑戦は続いていますので自身の症例研究をご覧ください。
治療家にとって自分の治療は、意外と難しいものです。
しかし難しければ難しいほど、挑戦の意欲は湧いてくるものです。

まだこの治療は理論は有るものの、技術的にはまだ症例がないので完成度はBとします。

手のひら先生耳鳴り完成度 B

耳鳴りの原因

ハッキリ言えば原因はわからないのが現状です。
様々な原因が推測されていますが、原因が考えられるなら治せるはずです。

治療ができないので色々原因が考えられてきたのでしょうね。
ストレスという言葉は何にでも使える便利な言葉で、ストレスは一人ひとり受け止め方も違うので、これが原因と言われても治しようがないのでは?

脳の錯覚だと言われていたことがありましたね。
蝸牛神経の異常で起こると言われましたが、これが正解かもしれません。

西洋医学ではなぜ耳鳴りを治せないのか

西洋医学では原因が特定されないと、治療法が無いのです。
しかし耳鳴りの原因は蝸牛神経の不調が原因であることと、耳鳴り音を視床が覚えているまたは作り出していると、解明されているようです。

それでも対応できる治療法の確立は出来ていません。

恐らく蝸牛神経をもとに戻せる方法が無い、視床という脳神経をピンポイントで治せる手術法も薬もないということです。

漢方薬ではなぜ耳鳴りを治せないのか

耳鳴りは本場中国でも治せないと言われる疾患なので、耳鳴り治療は日本でも漢方薬の治療は出来ないと思います。

いつも引用する「実用中医内科学」上海科学技術出版社刊 財団法人東洋医学研究財団 訳 を紐解いても耳鳴りの病名は見当たりません。

伝統的な鍼従来からの高麗手指鍼ではなぜ耳鳴りを治せないのか

東洋医学では耳は「腎」という臓器と関係が深いとされています。人がコントロールする臓器とされるのです。

そこで耳に関する疾患は全て腎の経絡の気の調整をして、治療を試みるのですが成功したという症例にであったことが有りません。

伝統的な鍼治療ではあまり効果は望めません。

手のひら先生スタイルではなぜ耳鳴りを治せるのか

現在まで患者さんで耳鳴りの治療を処方すると、かなり改善を見ました。

その頃は特に耳鳴りのツボが有ったというわけでもありません。
でも効果がありました。

私自身も耳鳴りが起きていたのですが、気にしていなかったので治療をする気が起きませんでした。
簡単に治せるかなと考えていたこともあります。

そこでそろそろ耳鳴り治療の研究を本格的にしようと考えました。
そこで従来にはない耳のツボの発見がありました。
これは人間の進化と耳の関係を研究した結果、従来の耳の位置とツボでは治療効果がないと考えたからです。

魚の時代にも内耳がありさらに側線という、水の圧力を感じる耳と同じ働きをするものがあります。
進化して鳥と人間となりますが、機能的な進化はありますがやはり内耳で音をきくということは同じです。

これらの3時代のツボをどのように治療していくか、どのような耳鳴りに対しても治療可能な方法の発見が、現在の課題になっております。

治療技術の完成は今まさに始まったばかりですが、徐々に症例を増やすことで完成できるはずです。

治療費

初診料 3,000円
個人専用鍼代 2,100円(治療10回毎にお支払いただきます)
治療費 7,000円

「耳鳴り」の治療・実績

症例1 40歳代

子供の頃の薬害で難聴があります。耳鳴りは2002年になってから始まりました。一旦日本および中国の鍼治療で治まったように思えましたが、4月頃から 再発し、ジージーとする音がしだしました。補聴器を使うと大きくなり、電車に乗ったり指で耳を刺激すると、さらに増幅されます。それが夜になるとキーンまたはピーと悩ましい音になります。そのほか笛の音(ピー、プー)地鳴り音(ズーン)遠くのサイレン音(ウー)モーター音(ウォンウォン)がします。左耳が特にひどく、右もウーっと言う音がします。
現在までに、日本人の鍼灸師に10回、中国人の鍼灸師に15回ほど治療してもらったが、目だった効果はありません。中国人の鍼灸師は継続治療中で、最近は治療中に音が増大される状況です。 その後は当院の治療に専念されています。(02/10/20現在) ★は治療日の間の患者さんの経過報告です。02/05/31 初診。治療方針と治療経過、ならびに耳鳴りに関する私の考え方をお話いたしました。耳鳴りは血流の異常が背景にある。それを根本から治すには、気の流れの調整をし体の中から治していかないと完治には至らない。それと耳に効果的なつぼの刺激も行っていかないと、この2千年の難問は解けないとお話いたしました。さらに治療が効果的か否かは、その途中で音の変化があること、多くはより耳障りな音になり、それはややもすると治療で悪化したように思うことすらあることをお話ししておきました。
中国人鍼灸師の治療も継続を希望していたので,それはかまわないが今日の治療効果を判断するのに、1日だけ空けるように説得しました。中国式の鍼はつぼ刺激であり、根本の気の調整はしません。よって私の気の調整(本治法)になんら影響を与えるものではないからです。また、過去の歴史を見れば一目瞭然、単に先達の轍の後を追っても、目的地には到達できないのは明白です。ひそかに私は日中戦争とこれを名付けました。あの忌まわしい戦いではなく、治療方針・方法のゲーム(戦争)です。
血流の障害を計測するため、トロンボキサンB2を使ったところ、200ナノグラムと言う高値を示しました。術後は130に低下しました。
★耳鳴りが気にならなくなった。細切れで寝ていたのが連続して眠れるようになった。目覚めた直後はほとんどなく、その後ジーと言う音が始まる。
★右耳に新たなる耳鳴りが始まる。小さいキーンキーンと言う音がたまにするようになった。
02/06/03 術後にトロンボキサン値は100に低下しました。今回から手にする温灸を自宅で行ってもらうようにしました。
02/06/06
★ここ数日就寝中および起床直後は左のジージー音消えています。
★左右のウーというサイレン音は相変わらずだが、以前に比較し小さいことが多い。一番いやだった笛の音も、ここ数日は少ない。
全体的にはよくなっているように思うが、以前から調子の波がありまだ良いと判断はできない。ジージー音に変化はない。
02/06/10 トロンボキサン値、術前70術後50です。
★左のジージー音うるさく、ウーというサイレン音も気になる。補聴器の材質のせいか、右耳に起こっていた炎症がなくなりました。
★ジーと言う音やや強いが日中忘れることもある。ここ2週間良く眠れて、不眠と言うことを忘れています。音馴れもあるか?
★昼過ぎまでジー音がなかったが、代わりにキーンと言う高い音がした。朝は笛の音とか喧しいが、日中は耳鳴りを感じない時もあった。難聴に関してはオージーグラムで検査するも、左右とも聴力の低下はなかった。就寝前ウーウー音強いが、良く寝むれました。
★全体的に悪い状態です。すこし後退した感じがします。笛の音が小さく続く、ジージー音もすこし大きい。右耳のキーーーンと言う高い音が数十秒した。以前は1日1回はしていたが消えていたものの復活です。ほかにチチチと言う新たな音がしだした。
02/06/14 トロンボキサン値 術前50術後30です。
★起床後やや騒がしいが、左のジージー、キンキン音以外は落ち着く。
★朝右のキーン音が左に抜けるように鳴った後、左のピーッピーッと言う音が止まらなくなる。右耳も呼応するように、今までにないキーンキーンと鳴るようになった。ひさしぶりに耳鳴りで不眠になった。中国人に勧められた漢方薬の服用を始め、そのせいか下痢をしています。
★常に4種類の音が鳴っている状態が続いています。キーンとする高音で頭がくらくらする。初期の頃の風のうなるような音も復活、たまらずメイラックスを飲み散歩し小康を得る。今までのすべての症状がぶり返したようだった。
★昨夜は良く寝た。左ジージー音は振れが大きく鳴っています。
02/06/18 術後右の音が止みました。左のジージー音は小さくなりました。
★ジージー音はその後大きくなり、寝る前が特にひどく寝つきが悪かった。
★目覚め直後の耳鳴りはしないが、起床後左のジージー音キーキー音が1日中騒々しい。右もキーンとする。
★夜中に起きた時ジージー音はしないが、笛の音ピープーが聞こえる。起床後も高くやや小さく続くジージー音がある。右は小さいウー音です。
02/06/20
ジージー音大きく、笛の音もかなり気になる。天候も輪をかけているのか、調子が悪い。
★左のジージー音と笛、ウー音の協和でたまらずメイラックスを服用し、その後は落ち着く。
★寝つき良い。夜中に1、2回起きただけであった。起床後キーン、ジー音は続くが、小さいので気にならなくらいである。ここ10日で1番状態は良い。
★朝左騒々しく、再び寝付いてからは音は小さくなった。14時頃から左ジージー音始まり夜まで続く、大きい事もあるが良好です。笛の音、ウーというサイレン音とも小さい。
★起床後30分は耳鳴りなし。午後までは最近にない調子良さです。夕方以降ややウー音大きい、右のキーン音1回ありました。笛の音も気になる。
患者は(最近思ったことは、内耳神経の昂ぶりを抑えられれば、耳鳴りも小さくなり、小さくしていけば耳鳴り消失も可能ではないか)と感じられるようになったそうです。
02/06/25 トロンボキサン値、術前30から術後15に低下。術後右の耳鳴りは消えました。左は音が小さくなりました。
★気になるレベルではあるが、ジージー音ウー音ともひどい状態ではなく、むしろ良いほうである。
★良く寝られた。14時ごろから左ジージー音かなりうるさい。夕方悪く夜には落ち着く。
★起床後20分は、かすかなウー音がするもそれ以外は耳鳴りなし。その後左のジージー音が始まるが軽めです。他の音もごく小さい。右のキーン音が2度あるも、全体としてかなり良い状態です。
★目覚め後は耳鳴りなし。その後左のジーン音が大きいが、以前のように3、4種類の音が同時にしないので楽である。ここ4日はいやな笛の音がかなり小さくなった。昼は左のジージー音のみで、左右ともウー音はとても小さい。
(今回の治療はかなり良い。治療効果が現れている気がするそうです)
02/06/28 術後音が小さくなった。
★夜には音が戻った。
★目覚め直後はほとんど音がない。起床30分後も静かです。夕方ボーリング場、酒場と喧騒の中ジー音(ビーに近い)がうるさい。時々音が切れることもあり、突破口が見えてきた気がする。
★起床から左のビーッ音がやや大きいがしばらくして治まる。日中は時折消えている感じがする。この感じは1ヶ月なかった。左右のサイレンか風に似たウー音は小さく持続している。
★ジー音は日中感じないことがある。夕方からラジオの空電のようなジージーまたはギィキィ音が復活し、よくなる予感がしていたがこれで落胆した。
02/07/02術後トロンボキサン値14に。
★帰宅後ジージー音かなり小さくなる。時々消えたりもします。笛や遠くのサイレン音はしています。
★ジージー音時々止まります。夜も消失している時間が長くなりました。調子が良いのでジョギングをしました。左耳の笛の音やゴニョゴニョした感覚があり、ジージー音と交互になる。右偏頭痛あり。
★朝にキーキー音が騒々しい。ウーウー音気になるが、ジージー音は小さいか消えています。夕方から夜は、頭の中で鳴っているウーと鳴っている方が気になります。偏頭痛は治まりかけています。
★朝にやや騒々しいが、日中は比較的良い状態が続いています。左の笛の音、ウーウー音、ジージー音はあってもかなり小さくなっています。
02/07/05 低周波治療、2経絡から3経絡に増やしました。
★夜までジー音が小さく続く、夜中にウー音がひどくなる。
★あまり良い状態とはいえない。左ジージー音が止まらない。右もキイキイ鳴っています。左の笛の音も時々大きい、しかし気のせいか聴力が戻った感じもあります。
★起床後騒々しいが昨日よりは良い。ジージー音はたまに感じない時がある。ウーウー音が気になる。偏頭痛は治ってきた。
★起床後から午後2時まで良い状態。その後頭全体にズーンと言う地鳴りのような感じがあった。左ウーウー音ジージー音は大小変化が続く。夕方中国人鍼灸師の治療後一瞬すべての音が止まった。軽いジョギングをした夕方から夜にかけ、左のジージー音と笛のミックスした音がやや辛い。昨日よりは良好。
★午後2時までは良い状態でした。左のざわついた感じがあるが、ジージー音も小さい。
(やや良くなっているのかな?とやっぱりだめなのかなと言う思いが繰り返します。ここ2、3日は良い感じではあるが。)
02/07/09 耳は腎と密接に関係しているので、便宜的にステロイドホルモンを利用し、オーリングテストでその状態を判定してみました。今回術前は忘れたので、術後のみですが0.1グラムでした。これより小さい値はないので、良い状態と思われます。術後ジージー音全く止まりました。
★止まったジージー音が大きくなったり小さくなったり波がありました。ウー音があったが寝る頃には治まった。
★起床後左がキイキイゴニョゴニョしていたが、昼過ぎまでは状態は良い。夕方左の笛の音がうるさかった。中国人鍼灸師の治療直後音が一時止む。夜にはやや悪くなった。
★起床後2、30分は静かです。左ジージー音は大きい時と感じない時と波がある。小さいウー音が気になる。
02/07/11 ステロイドは術前0.8グラム術後0.1グラムでした。術後ジージー音止まるが、小さいウーウー音は残る。
★日中左やや喧しいが音は小さめで、夕方以降いつにないくらい好調でした。
★起床後20分耳鳴り全くなし。左のジージー音が出てくるも、パーティー会場の喧騒の中では、いつもは悪化していたが、今回はそれがなかった。飲みすぎで早朝ゴウゴウ音の耳鳴りがした。
★左ジージー、キイキイ音あるものの忘れることが多い。笛やウー音も少ない。全体的に良。
★起床20分ほど耳鳴り全くない。その後小さいジージー音がでる。3時ごろから右耳でやや気になるウー音がでる。ジージー音は止まっていると感じる。
★起床後から昼すぎまで、左右の耳とも耳鳴り音はとても小さい。室内でこれだけなので、外出すれば気にならない程度になっているはずです。その後右ややウーウー音がし、左ジージー音は断続的にしています。
(この2、3週間は波がありながら快方に向かっている。ここ1週間はぐんと良くなっている感じがする。)
02/07/16 ステロイド術前0.8グラム術後0.1グラムでした。前の数字は現在の状態、あとの数字は回復度を表すと見ているので、回復力は出ているもののそれが持続しないため、現在の状態が今一歩にあるとこれは示しています。
★ジージー音気にならないこと多い。代わってウー音がやや気になる。
★起床15分耳鳴りなし。日中は左ジージー音が気になる。夕方も夜も良好でジージー音が止まることもある。左の笛の音がたまに気になる。
★起床20分耳鳴り全くなし。ジージー音が出入りしていた。夕方左のウー音がやy大きくきになる。
★起床後30分はかすかな耳鳴りのみ。左は小さく、笛、ジージー、ゴニョゴニョ、の感じがある。頭の中で風が吹くウーという音が気になっている。
(ここ4,5日は安定している。気になるレベルの音はしているものの、良くなっている感じに変化はありません。ジージー音が鳴っている時間が短くなっています。)
02/07/19 今回経絡の取り方に工夫をしました。術後すべての音が全くしなくなりました。患者さんが注意深く何度も聞き耳を立てて、耳鳴りの尻尾を捕らえようとしたのですが、全く止んでしまったようです。
★当日の夜8時までウーウー音は止まっていた。ジージー音は、しばらくして復活したが小さめです。
★起床後1時間ほとんど耳鳴りなし。左のジージー音がかすかにするのみ。使っていなかった左の補聴器を入れたら、ジージー音がうるさくなり、夜にかけてはウーウー音もし始めた。夜間には治ったが。
★夜中に目覚めた時耳鳴りがしたものだが、現在はほとんど感じない。ウーウー音が小さく、補聴器使用もジージー音小さい。
★起床後20分前後は無音状態です。その後ウーウー音に波がある。ジージー音、笛の音は気にならない。最近運動する意欲が出てきて、よくジョギングをするようになった。
★補聴器をした時と騒音に合うと、左のジージー音が騒ぐのは変化がない。しかし静まるのは早くなってきた。午後左のウーウー音気になる。久し振りに1回だけであるが、右耳にキーンと言う音がした。
02/07/23 術前ステロイドホルモン値0.5グラムと一段と低下しました。術後は0.1グラムです。ジージー音はかすかにするものの、ウーウー音は全く消えています。体の芯から変化しているので、変化はあるものの確実に改善しています。
★治療直後は音が消えるが、夜中にウーウー音が一時強くなる。
★起床後は静寂、午後から夕方にかけ街中で補聴器を使ったが、いつになく左耳が騒ぎまた止まない。ウーウー音がうるさいが、ジョギングを行った。
★就寝中右から左に抜ける高音のピーンと言う音がうるさい。起床後いつになくザワザワした感じがし、左はジージー音に時々キンキン音も混ざっていた。深夜はウィンウィンというモーター音が気になった。状態悪く悪化したのかと思ったことでした。
★起床時から昼過ぎまではウーウー音が気になるが、昨日よりはよい状態です。
(寝つきはよくまた眠れてはいますが、昼間の状態が悪く家や気分的に落ち込んだ状態です)
02/07/26 術後のステロイドホルモン値は0.1グラムでした。ジージー音は止まり、ウーウー音は極度に小さくなりました。全体としては快方に向かっていると見ます。現にこの治療を始めてから、ほんの20分程度ではありますが、一時訪れる朝の静寂は、今までの治療では味わえなかったものだそうです。次週は海外でバカンスとのことです。前の休暇時も耳鳴りは軽快したので、今回もその効果が期待できそうです。これは耳と関係する「腎」が休まり、ステロイドホルモンがよく出るようになるのか、またはほかの事で消費されなくなり耳に効果的に届くからなのでしょうか。
★ウーウー音かなり小さく、ジージー音はやや小さめに鳴る。
★起床から夕方まで快調であったが、疲れからかジージー、ウー音、笛の音が夜にでる。
★飛行機の騒音で刺激されることもなかった。旅行中は快調でした。
★帰宅直後の2日間は安定していた。キーン音が1回ほどあった。
★夏ばて気味です。左のザワザワが気になる。昼寝ができる。
★就寝中やや騒がしい。起床直後からザワザワ感とウーウー音が気になります。夕方から深夜に掛けジージー音ひどい。
★メイラックス服用。炎天下歩き回り疲れからか、左ジージー音ウーウー音もうるさい。
02/08/07 ステロイド術前0.3グラムでした。術後ジージー音はかすかになりました。ウーウー音は後頭部の、それも離れた上の方でなっている感じがするそうです。
★目覚め直後ジージー音がしたが、起床後は回復した。午前中1回のみキーン音があった。外出中耳鳴りは気にならなかった。
★起床直後から安定しない。夕方以降左の笛の音がやかましい。
★何か集中することがあると、耳鳴りはほとんど気にならないところまで回復している。
★左のジージー音は補聴器使用時以外、ほとんど気にならない。なったとしても短時間です。笛の音やウー音も程度は軽い。
★風邪気味であるが、耳鳴りは安定している。
★目覚め直後の左の笛の音がうるさい。左はゴニョゴニョ感があり、頭のウー音は小さいが持続している。
02/08/13 治療後は音が小さくなりました。しかし無音と言うわけではなく、かすではありますがジージー音、ウー音はしています。
★起床1時間は左耳のゴニョゴニョした感じ以外は無音でした。夕方まで快調でした。5ヶ月ぶりに聴力測定を行った。低音125khzで10デシベル改善、他の音域でも平均5デシベルの良くなっていました。実感としての改善はないものの、今まで低下し続けた聴力が、改善したのはトピックスではないでしょうか。夕方に疲れからかジージー音と笛の音が1度大きいことがあった。
★午前中は昨日より悪く、午後はかなり良い。ジージー音のみ。
★午後は良くない。頭の中のウー音が耳障りに鳴った。騒々しいところにいたので、ジージー音が誘発された。ジーがピューと感じる時もあった。
★目覚め直後のウー音が気になったが、起床後は治まる。ジージー音は、気になるレベルと小さく気にならないレベルとの間を振れの少ない振幅をしている。ジージー音のみ。
★とても快調。ジージー音小さく笛やウーウー音も気にならない。1週間を通して耳鳴りが安定してきており、振幅も収束してきている。
02/08/19 治療直後耳を澄ますと、ウー音が頭の後ろでジージー音が耳の中で、ほんのかすかに鳴っている。
★朝方ややウーウー音がうるさい。中国人鍼灸師の治療後、笛やウーウー音がかなり気になる。左耳はジージー音からキィンキィンという新しい音がしだした。久々に不眠となる。
★起床後の耳鳴りがひどい。色々な音がゴニョゴニョして耳の中が不安定状態です。右から左に抜けるキーン音、ジージー音とキンキンおんが混ざり、笛の音も加わる。やや不眠。
★目覚め直後から耳鳴り。中国人鍼灸師の強い刺激の治療でさらに悪化、最近2ヶ月で最悪の状態になった。キィンキィンに風のうなりのザーっという大きな音がし、完全に不眠となる。
★1時間も眠れなかった。安定剤メイラックスを処方してもらう。そのほかメチコバールやアデオスコーワも服用予定。安眠。
★左ジージー音うるさいく笛の音と混ざり合う。これ以後中国人鍼灸師の治療は休むそうです。
★起床後30分無音、元の状態に戻る。ジージー音や笛の音など以前のおとなしい時に戻る。
02/08/27 ステロイドホルモンでオーリングをすると、1.0グラムと以前より悪い数値です。術後は耳鳴り治まっています。
★治療直後はウー音ジー音が治まった。全体的に小さい音になり、一時ほとんど感じなくなる。深夜右のウー音と左の笛の音がするも睡眠には支障がなかった。
★目覚めから20分は静かであった。その後夜までは耳鳴りするも、それほど悪くない状態を保っていた。
★目覚め直後から寝るまで変化が激しかった。午後ウー、ザーと言う音が騒々しい。ジョギングすると左のウー音が右に移った。遠くで飛行機が飛ぶ音がしたと思うと、1時間ほど全く無音。寝る前にウーウー音が出るも、就寝前には治まった。
★右から左へキーンと2回ほど抜けた音。左のジー音左億のウー音あるも気にならない程度です。
02/08/30 ステロイドホルモン術前0.8グラム術後0.1グラムと改善、術後の耳鳴りは、細心の注意して耳を澄ませば聞こえる程度です。
★術後から快調。昨日に比べ格段に良い。
★起床から日中かすかなジージー音とウー音のみでした。夜気になる程度に鳴ったが、それもつかの間であった。
★昨日よりより改善した。メイラックス服用を中止する。
★就寝中にキンキンとうるさいことがあった。起床後は治まる。小さいウー音が右や左に動いている。笛のような音のゴニョゴニョ感がある。
★起床後1時間、ほとんど耳鳴りを感じない。その後は気にならない程度に、ゴニョゴニョ感覚とウーウー音、ジージー音がある。現在は耳鳴り治療の改善度を採点すると、60点とのことです。
02/09/03 術後はいつものように、また今回はさらに音が小さくなった。まだ完璧に治まってはいない。次は耳のつぼを使っての治療を試みましょうか?と言う段階に入っています。 飛蚊症治療も加える。
★治療後の変化なし。
★起床後からジージー音は気になる程度、ウーウー音はかすかな時が多い。ゴニョゴニョした感じやたまに笛の音が混ざるが、良い感じである。
★起床後無音、ジージー音他1時間程度小さかったが、その後は午後より左耳にウー音やズーンと言う地鳴り音が混ざり寝るまで不安定で、最近になく悪い。
02/09/06 治療後の変化なし。
★夜11時まではまずまずであったが、その後右ウーウー音がうるさく苛付く。
★左耳の不安定感がある。音は大きくはならない。
★起床直後から、ジージー、ブーンブーン、それと笛の音、小さく治まっていた。
★起床後50分は静かであった。その後波はあるものの小さい音です。またミックスした音が消え、ジージー音のみの時もある。
★起床後20分してから、左のウー音とシーと言うハミングに似た音がするも小さい。
02/09/10 治療後音が小さくなる。
★夜まで安定、深夜ウーウー音が大きくなった。
★朝方目が覚めた時はウーウー音が大きかったが、起床後は落ち着いた。音は小さいものの、左のジージー音とシーと言うハミング音がが重なる。日中は耳鳴りは気にならなかったが、夜にエンジン音のウィーンウィーンという音が気になった。全体的には良い。
★朝方は昨日と同じ状態。日中はほとんど耳鳴りを感じなかった。夕方左に補聴器を使った影響で、笛の音が大きく鳴り出した。深夜左のゴニョゴニョした不快感が強かったが、寝るまでに治まった。
★起床前左でヴ・ヴ・ヴと言うウーウー音の変形した音が大きく鳴っていたが、起床後は落ち着いた。気にならないウーウー音と、時々左がキンキンする。ここまでの採点は50~70点だそうです。ジージー音が気にならなくなり、ウーウー音が気になる。
02/09/13 治療後耳鳴り音を確かめてもらうのですが、耳を澄ましてもジージー音は聞こえないようです。全く消えたとは言われないのですが(しぶとい)、耳をそばだてても確認できないようです。これは治療開始から初めてのことでした。右後頭部からもっと後ろで、ウーウー音は微かに残っています。今回はあるヒントから、特別に処方を加えたのが、更なる効果を引き出したと考えられます。完治できるかな?そんな期待が出てきた日でした。
治療後は小さくなった音が、外界の騒音で元に戻る感じがする。60点
★起床から夕方までは我慢できる範囲に収まっていた。夕方から左のウィーン・ウィーンと言う音が耳障りだった。
★起床前後左ジージー音と笛の音が混ざってうるさい。夕方に赤ん坊の泣き声で左ジージー音がギィンギィンに代わってひどい状態であった。風邪気味になった。
★今日の状態は70点とまあまあでした。
02/09/17 前回の処方を行う。治療後音がかなり治まったようです。前回の処方を加える。
★風気味で体調も悪いのか、一旦治まった音もすぐ悪化してしまった。
★就寝中は良い。日中を通して65点ほどの状態が続いた。
★二日酔いと風邪が重なって体調は不良です。伴って耳鳴りも悪い状態です。昼頃よりジージー音、正午過ぎからギーンギーンと言うが酷くなる。波のように繰り返し起こりやがて治まる。そのほかウーンとウオーンと言う2種類のウー音に相当悩まされた。それと笛の音が重なり、メイラックスを服用した。
02/09/20新処方を加えやや刺激を強くしました。術後は音は下がったようです。
★ ウーウー音が下がった程度で術後はよくない。ただし騒音が入ってもそれに同調してのジージー音が上がらないでいる。
★早朝に耳鳴りで目覚め、メイラックスを飲む。今日はジージー音が大きく騒がしかった。60点
★全体としては悪くない1日であった。60点
★就寝中耳鳴りほとんどなし。起床後15分は無音。日中は波はあっても格段に良い。疲れた深夜にウィーンウィーン大きかったが、今日は65点。
★ 目覚め直後はウーウー音があるも、起床後は落ち着く。左の高めのジーやウー音がミックスしたザワザワ感があった。日中はウーウー音も感じない、また外出中にはジージー音以外はほとんど感じない。深夜はウーウー音他がある。68点
02/09/25 本日は耳の血流を強制的に温める方法をとる。さらに前回から加えた処方も行う。術後はウー音が微かにある程度であった。また左耳の周囲が硬かったので、これをほぐす鍼を加えた。直後は無音に近いようでした。これが持続するまたはその効果が出て、1日のうち何回かは無音状態が現れてくれば、その先が見えてくるでしょう。今日はいつもの術後と違って成果が現れそうな予感がします。
★治療後15分無音状態が続いたそうです。朝しかなかったことが、初めてに中にも起こったそうです。風邪治らず。68点。
★就寝中の耳鳴りはなし。起床後から午前中は快調、午後はジージー音とウーウー音がある。夜はウィーンと言う音で、今日は63点
★起床後20分無音。日中ジージー音が持続し辛い、それ以外は良い。64点
★起床後左がピーと高音でうるさく、午後からジージー音に代わり煩い。子供の声、泣き声に触発され、耳鳴りが酷くなるようだ。全体として不調。63点。
02/09/30 今日から耳用に開発した、ニードルキーパーを使用して見ました。ジージー音は小さくなった。ウー音はいつもは微かに残り、頭の後ろでなっていることが多いが、今回は消えそうなほど小さくなったようです。初めての変化が現れたことで、これを改良して治療を進めていきます。
★治療後は改善したが、持続しない。50点
★台風の影響か状態は悪い。台風が去ったあとは、音が極端に小さくなった。50点
★起床後1時間ほぼ無音状態が続いた。左右でほんの小さな音を感じるだけであった。その後はいつものような音がし、それが一日中波があった。60点。
02/10/03 ニードルキーパーを使って、2回目の治療です。直後はいつもと同じように音は小さくなりました。
★治療後から夜に至るまで調子はよくなかった。58点
★寝入りばなにザーと言う音がして、結局寝たのは明け方4時であった。起床後30分は無音だったが、左耳奥でボーッと鳴っていた。夕方ザーッと言う音とピープー音が時々し気になった。65点。
★良く眠った。午後に右がボワンと左はややザワザワした。全体として音が小さくなった。74点。
★起床近くはウーウー音がやや大きかったが、起きてからは落ち着いた。ジージー音ウーウー音とも日中外出していても気にならなかった。72点。週末はかなりよくなった実感があったそうです。
02/10/07 本日はさらに改良をしたニードルキーパーを使用しました。改良前のものを2回使用して成果が出たようなので、今回のものはそれ以上であると期待しています。術後は耳が良い状態で来られたのですが、それがよりよくなったそうです。
★ウー音ジージー音とも悪い状態ではない。68点
★風邪が悪化し1日体調が悪かったが、耳鳴りそのものは悪化はしなっかた。起床後と昼寝後の15分は無音でした。68点
★午前中は風邪のため、寝ていたそうです。寝てい間の耳鳴りはなし66点
02/10/10 術前のウィーン音が、術後はザーッと言う音に代わったそうです。風邪から治りきらない体調ですが、耳鳴りが気にならないのは効果が出てきた証拠と思われます。
★風邪で体調が悪い。ウーウー音とウィーンと言う音が鳴りっ放し。60点
★寝しなにザーと言う音が大きく、メイラックスを飲む。就寝中も耳鳴り感がある。起床後はウーンというのと、小さいピーが混ざっていた。風邪を更に悪化させてしまった。63点
★補聴器をすると耳鳴りはなく、はずすと感じる。体調悪いにも関わらず悪化せず。64点
★咳が残っている。就寝中耳鳴りなかった。起床後はウー音があるも、その後小さくなった。街宣車の音でザワザワするも、夜までには落ち着いた。68点
★昨日の大音量で、左耳の状態が悪い。ブーブー音が酷い。メイラックスを飲む。60点
02/10/15 治療後はいつものとおり音は小さくなる。
★夜の雷雨で左耳がキンキンと騒ぐ、その後は静まったが今日は波が激しかった。55点
★早朝メイラックスを飲む。起床後は静かだったが、その後左はピープー音とウーンウーン音が二重奏を行っていた。60点
★起床前ウィンウィンがうるさく、起床後は小さくなる。ウィン音とウー音が、右左交互にめまぐるしくでた。61点
02/10/18 今日は1日よい状態で来院された。治療に今日は工夫を加えてみました。術後耳鳴りは「 ジージー音というような、耳鳴りの音は全くしない。ただなんとなく鳴っているような気がする」までになりました。今までは音が小さくなるというところまででしたが、今回は音がしているかどうか分からないまでになりましたこれが持続すれば良いのですが。
★治療直後はほとんど無音で快適であった。就寝前までは持続した。71点。
★午前中よかったが、午後外出してかはキンキンやヴーヴーウーウーと言う、リズミカルな音がうるさかった。58点。
★風邪のぶり返しと重なって、耳鳴りの状態は悪い。55点。
★就寝中は耳鳴りせず。起床後の15分は無音、ザワザワする感じだが快適な時が午後2時まで続いた。キーン音はあるが、話中は気にならなかった。66点
02/10/22 治療直後は音が小さくなるものの、前回ほどの効果的は出なかった。体調面の悪さを差し引くと、治療の効果が持続し始めているようです。
02/10/25 ここのところ風邪で体調が悪いにも関わらず耳鳴りは良い状態を保ち始めています。特に午前中は良いようです。全体的に悪い状態の下限が上がってきているようです。術後は左耳のみに、ウィーンとジージー音が小さく鳴っています。
★起床後10分無音。その後ザワツキあるも安定し、午後も良かった。午後8時ごろは耳鳴り感じず、朝以外では珍しいことである。71点。
★ 起床後無音。午前中は良かったが、外出してから気に障るような音がした。64点
★ 起床後の1時間は無音。ジージー音などするも、午後7時半ほとんど耳鳴りせず。深夜に無音状態があった。71点
★ 本日は状態が良くない。62点
02/10/29 術前は右の後頭部の外と左耳に音があった。術後は右後頭部のウーンという音は消えました。左は小さくなりました。
★治療後は良かったが、ジージー音が気になる。63点
★就寝中から始まり、波がある1日でした。60点
★午前中メイラックスを飲む。ジージー音ウーウー音が混ざっていたが、午後は落ち着く。体調良くなり音も落ち着く。就寝前は無音に近くなった。65点
02/11/01
前回から骨格矯正の調整鍼を行っています。術後は音は小さく鳴っています。
★治療後にウー音は消えたが、夜になって復活した。66点
★起床後30~40分かなり静かであった。ジージー音以外は気にならない。昼寝は出来なかったが調子は良い。70点
★寝不足で午前中はウィンウィン音がうるさい。帰宅後は疲れが出てやや音が大きい。68点
★ぐっすりと寝られた。キーン、キンキン、ジージー音すべて小さく、意識しなければ気にならない程度である。75点
★起床後20分は静かであったが、その後は不安定な状態であった。深夜にメイラックスを服用。65点
02/11/06 今回からニードルキーパーを増やし、体全体の気の調整を強めることといたしました。耳のつぼにさした鍼に通電する方法に限界を感じているからです。他の方たちが従来からやっている手法では完璧をきせないこと、この患者さんは低血圧なのでそれも耳鳴りの一因と感じ、今回から治療手法を変更いたしました。治療直後は従来のような即効性がないので、耳鳴りの変化は小さいものでした。
★新しい方法に変ったので、治療後の状態の変化がない。夜が悪かった。66点
★ブーブー音がうるさく、昨晩と朝にメイラックス服用。午前中は良く、午後は低音のウー、リズムのあるウィンウィン音、ジリジリ音がある。家で一人で仕事をしていると気になってしまう。61点
★ 昨晩はよく寝るも、目が覚めると耳鳴りはしている状態です。起床後1時間は静かでした。それ以後も安定していた。
02/11/08 ここ数日は悪化した状態の程度が、以前に比べ酷く悪くはならないようです。本日は音叉による、難聴のテストを行ってみました。高音が聞こえないと言うことで、高音のみのテストです。なお括弧内の数字は、肩幅でならして減衰していく音が、何秒で聞こえなくなっていくかを計ったものです。 左 2センチ(3) 右 15センチ(6) ちなみに私の場合は、左 (18秒) 右 (16秒) です。
63点 65点 68点 73点 63点
02/11/13 左 4(1) 右 74(6) 音叉による難聴の検査で、最初の1打だけですが、聞き取れる距離が長くなっています。
70点 73点
02/11/15 左 24(1) 右 75(5)
64点 65点 64点 62点
02/11/19 左 13(2) 右 85(5)
66点 66点
02/11/21 左 40(2) 右 115(5) 難聴に関しての問題は、音を持続して聞き取る神経のスタミナがないことです。耳鳴りはご本人の点数に見るように、底上げで極端に悪い時はないものの、突き抜けて良い状態も出現していません。
69点 60点 66点 63点 66点 全体によくない状態が続いています。
02/11/26 難聴検査 左 17(3) 右 120(6) 良いほうの右耳の可聴範囲は伸びています。持続力は改善しませんが。今日は新たに一工夫をしたためか、直後の耳鳴りはザワザワ感のみ残っただけでした。
68点 68点
02/11/28 本日は新たな耳鳴り治療対策を立てました。まず94歳、メニエール病の耳鳴りと効果が出たので、この方にも施術しました。
術後耳鳴音が小さくなりました。左 63(3) 右 150(6) 距離は一層伸びています。
67点 66点 77点 70点
02/12/02 引き続き前回と同じ治療をする。術後は今までにない程耳鳴りは小さいようです。また次のように、左耳の音を聞き続ける体力が付き始めたようです。左 60(5) 右 120(7)。
66点 66点 70点 72点

02/12/10 第50回目。脈を診るとゆったりした落ち着いたものになっています。体の中が変化している証拠です。最近は酷い耳鳴りはしなくなったそうです。この方の耳鳴りは、スポーツマンではありますが、低血圧を初め子供の時の薬害などで、体が弱っているところから始まっていることが改めて理解されます。以前は沈んで触れないとか虚していると言う表現をしますが、力の無い脈でした。これが変化していることで、これからはもっと音の改善が図られるのではないかと考えます。
63点 63点 70点 10月からの週平均点を計算したそうです。 61.3 65.3 60.0 67.8 64.9 66.1 67.4 64.6 68.9 67.7 すこしづつ上昇中でしょうか。
02/12/13 治療後 左 90(5) 右 300(8) 今日は聞こえる範囲が飛躍的に延びました。また左右の持続力が同時に伸びました。これはどのような効果を今後もたらすのでしょうか。
73点 73点 72点 69点
02/12/17
67点 65点 68点(左耳は悪い状態)
02/12/25
60点 66点 (左の状態に波がある)
02/12/27
66点 70点 75点 67点 69点 68点 70点 69点 67点 (年末は忘年会で大きな音がしても状態は良かった。最近は寝つきから就寝中の状態は比較的良い。)
03/01/07 本日より流す電流を、直流から交流にかえました。これは単なる思い付きからではなく、脳の情報伝達系からのヒントを受けてのものです。一段と改善が進むと良いのですが。最近は右の方は難聴(補聴器は離せませんが)が改善されています。それに比して左耳は元に戻ってしまったようです。
66点 70点 68点 (波のある状態)
03/01/10 治療後は音が低くかつ小さくなります。右耳の高音を聞く長さが9から10秒の間になりました。左は一時とははなはだしく異なり、近くで無いと聞き取れません。右は3メーター先でも音叉を聞くことができています。
67点 69点 71点 68点
03/01/15 治療直後は耳鳴り治まる。ただし難聴度で音叉を聞き続ける持続時間があまり良くない。前回9から10秒が、7から8秒になっていた。脈からすると、体の状態は順調に回復しています。
70点 68点 67点 70点 71点 この1週間の平均点は過去最高値でした。
03/01/20 今日は耳鳴りに聞くのではないかと、アイデアが湧いたので試すこととしました。治療後は耳鳴り音が小さくなりました。治療後の成績としては、最近にない成果でした。右の難聴は更に改善しているようで、高音の音叉は約3メートル先でも聞こえるようになりました。
69点 70点 72点 70点
03/01/24  補聴器店でオージオグラムをとってもらいました。補聴器装用で左右とも30dlで綺麗に揃い、前回より聴力がアップしていました。今回は70点以上が多くなりました。この点数をつけるときは、耳鳴りがしていても気にならないレベルの時です。
70点 70点 73点 68点 68点 この間の平均点は過去最高値を示しました。嫌なとか悩まされることが無くなっています。
03/01/29  脈を診ると、体の右の状態がまだ回復していません。しかし当初からは格段に良くなっていて、特に左半身は大きくゆったりとして落ち着いた形をしています。体の変化とともに耳鳴りもまた良化しています。
03/02/03 治療後は耳鳴りは小さくなりました。
77点 68点 68点 70点
03/02/07 77点と最高点が付いたように、最近の中では状態は非常に良くなっています。術後は微かに左がなっている程度です。
70点 73点 71点 67点 70点 平均点70点と過去最高です
03/02/12 治療後は良い状態に。音叉の高音が聞こえる、持続時間も12秒と良くなった。
69点 68点 71点 68点 74点
03/02/17 本日は体の冷えをとる処方を加えてみました。音叉での持続時間変らず12秒を保っています。距離で測ると正常値です。
70点 70点 69点 68点
02/02/21
67点 70点 74点 70点 68点 69点
03/02/27
67点 68点 68点 72点 72点
03/03/04 今回から新たに考えた耳鳴り治療法をすることにいたしました。術後は今までにないほど耳鳴りは治まりました。
70点 70点 69点
03/03/07 前回同様の治療をするが、今回はそれほどの変化はありませんでした。
66点 74点 70点 68点 70点 この週はやや悪く、はっきりと良いという状態が減っている。停滞中です。
03/03/12 ここのところアイデアが湧き、金鍼を使っての治療が様々な病気に有効でした。耳鳴りにも試してみましたところ、術後は耳鳴りが聞こえなくなり、かろうじてなっているのを探せば、頭の隅で微かに聞こえる状態が出てきました。
72点 68点 67点 71点 73点 74点
03/03/18
前回は金鍼とステンレスの組み合わせでしたが、今回は金鍼銀鍼の組み合わせに変えました。本来の理想的な使用はこの組み合わせです。術後の変化は前回ほどではありませんでした。
70点 68点 69点 73点 70点 71点 (この間の平均点 70.71点)
03/03/24 術後右耳については全く耳鳴りはしていません。
72点 72点 68点
03/03/27 新しい技術を取り入れてから、目の周りの隈が取れやすくなったまたは出なくなった、抜け毛が少なくなった、ふけがでなかなったなどの効果を実感されたようです。また見ると今まで唇が濃い紫色でしたが、ピンクに近くなっています。また目の周りを中心に、すっきりかんが出ています。血行改善が急激に起こっているようです。術後の左耳にはジージー音のみが微かに残りました。
73点 70点 68点 70点 70点 72点
03/04/02
68点 67点 71点 68点 70点 (平均点 69.42点)
03/04/07
73点 69点 73点
03/04/10 このところ新しい技術の効果で、術後は右耳の音は全く消え左耳のみになりました。それも小さいのでこの状態が持続すれば、十分に満足とのことです。
68点 72点 70点 71点 69点
03/04/15
70点 71点 68点
03/04/18 いつも使っているつぼをオーリングテストで判定したところ、修正しなくてはところがありました。
72点 72点 72点(ここまでの平均点70.57点です。) 75点 ツボを修正したことによるのか、初めて70点を越える日が続いています。
03/04/22 治療中も後もいつものようです。
70点 71点 71点
03/04/25
69点 68点 73点 69点 71点
03/04/30
68点 67点 68点 70点 75点 74点
03/05/06 本日は体調も耳鳴りも良い状態で、治療が始まりました。治療後悪い左は微かにゴニョゴニョ鳴っているだけとなりました。音叉による聞き取りも、初めてでしょうか14秒も持続いたしました。本日は初めて、頭皮針も併用してみました。
73点 70点 72点 70点 70点 73点 平均 71.71点 過去最高です。70点以下は耐えられない、73点以上なら満足75点以上なら支障なく快適という目安だそうです。
03/05/12 最近はジージー音が気にならなくなってきたそうです。平均点もよく本日の術後は微かに左のウーと言う音がしています。小さくかつ気にならない音のレベルです。
73点 71点 70点 71点
03/05/16
70点 72点 71点 70点 71点
03/05/21
69点 71点 70点 74点 74点 70点 73点
03/05/30 24日から26日まで出張し疲れが出ています。また風邪気味でもありますが、耳鳴りは安定しています。
70点 70点 71点 71点
03/06/03
本日は頭皮針を使ってみました。術後の成績は良くありませんでした。
70点 71点 69点
03/06/06 元の治療に戻しました。
73点 72点 70点 72点 70点 74点 73点(耳鳴りが気にならないことが多くなっています)
03/06/13 通常の治療に、頭皮針を加えて治療を行いました。小さく治まりましたが消えたわけではありません。このごろは体調良く、運動をすると、耳鳴りもよくなるそうです。
71点 70点 70点(6/9~6/15までの平均点71.42) 73点 76点 73点 70点
03/06/20
72点 72点 72点(6/6~22までの平均点72。57最高点です) 70点 70点 71点 69点 73点 71点(6/23~29平均点71.0) 73点 74点 72点

03/07/04 通常の治療後の状態、耳鳴りは小さくなりました。予定の100回治療まではあと9回です。
72点 72点 71点(6/30~7/6 平均 72.43) 70点 69点 72点 70点
03/07/11
70点 74点 70点 (7/7~/13 平均70.71) 71点 76点 74点 72点
03/07/18
74点 71点 (7/14 ~20 平均 72.1点)
75点 74点 71点 72点 69点 73点 77点(7/21~27 平均 73点 過去最高点)
72点 70点 70点 71点
03/08/01
72点 74点 75点(7/28~8/3 平均72点)


最近の状態を記します

03/08/04
朝方やや耳鳴りを感じる。起床後はザワツキを感じるかくらいである。鈍い地鳴りのような感じもあるが、外出中はおおむね良好であった。75点
03/08/05
風のような音がするがまずまずの状態である。外出中騒音の中を除くと良い状態である。73点
03/08/06
就寝中は良、起床後風の音するも気にならず。今日は悪いと感じる時がなかった。76点
03/08/07
左のジージー音右のウーウー音は小さめ。深夜が少し悪い。74点
03/08/08 左はザワザワした感じがあるが補聴器を使うとなくなる。頭なりもあるが大きくはない。75点
03/08/09 就寝中の耳鳴りが全くなかった。ホームパーティーに参加するも耳鳴り気にならず好調。76点
03/08/10 二日酔であるが耳鳴り気にならず深夜まで良好。 76点。
(8/4~10 平均点 75点 過去最高点でした。)

03/08/18~24まで。平均点73.71点

03/08/25~31まで。平均点73.85点 (最高76点、最低72点)

03/09/01~7まで。平均点74.28点 (最高76点 最低73点)

03/09/08~14まで。平均点73.28  (最高75点 最低71点)

03/09/15~21まで。平均点73.85  (最高77点 最低71点)

03/09/22~28 まで。平均点72.14  (最高74点 最低70点)

03/09/29~10/05まで。平均点72.43(最高75点 最低70点)

03/10/06~12まで。平均点73.71 (最高75点 最低73点)

症例2 30歳代

3ヶ月ほど前から、右耳の後ろでジージー、ミーンミーン、キーンと言うような、高音の耳鳴りがします。

02/07/19ステロイドホルモンで、副腎の働きを計測します。術前2.3グラム術後1.0グラムと変化しました。耳鳴り自体に変化はありませんでした。
02/07/22 術前のステロイドホルモン2.1グラムが術後0.4グラムに低下。今回は血行を計るトロンボキサンを使って計測したところ、術前100ナノグラム(10億分の1グラムの単位)が術後50になりました。耳鳴りに変化はありませんが、これらの数値がもう一段低下すれば、音が変化するかまたは小さくなるはずです。
02/07/26 トロンボキサン50→10。ステロイドホルモン値1.9から0.2グラムへ。やや音が大きくうるさくなり、左の耳も音がするようなったそうです。
02/07/27 ステロイドホルモン値1.7グラムから0.1グラムに低下しました。
02/08/01 昼休み中に1時間ほど音が小さくなったそうです。ステロイドホルモン値術前1.5グラム術後0.1グラムでした。術後の0.1と言う数字は、耳と関連する「腎」機能に、回復する力がでてきたことを示しています。
02/08/05 術前1.3グラム術後0.1グラムでした。術前が1グラムを切れば、さらによい状況が出てくるはずです。
02/08/15 術前は1.0グラムです。あと一息と言うところまで来ました。耳鳴り音が変化しているそうです。
02/08/30 間隔が開いたので、ステロイドは術前1.0グラムでした。耳鳴りは一進一退と言うところです。
02/09/06 術前0.8グラム術後0.1グラム。最近音に波があり、大きくうるさく鳴ったり、小さくなったりするそうです。また1時間程度全く耳鳴りが気にならない時があるそうです。
02/09/14 前回の治療後3日ほど良かったが、その後ひどく鳴った。また職場の人間関係が、一時ではあるが良い状態になり、そのストレスから開放されたのか、耳鳴り音が小さくなった感じもあるそうです。この方に関しては、治療直後の音の変化は見られません。治療後1日から2日後ぐらいに変化が訪れるようです。
02/09/19耳鳴りには波があります。初めの頃より全体に音が低くなっています。また日中全く気にならないこともあるようです。
02/10/04 第13回目。耳鳴りはしてはいるが、日常生活に気にならなくなってきたそうです。状態は良好です。今回は耳専用ニードルキーパーを開発し使用いたしました。術後はそれほどの変化はなかったのですが、しばらくして「何かいつもより良いようです」と言って 帰られました。
02/10/10 ひどく気になる耳鳴りはなくなったようです。術後は来られた時より、音が小さくなりました。

症例3 30歳代後半

耳は腎(水の性質に属す)という臓器と関係が深い、こう東洋医学では考えます。この方は尿管結石に持病もあります。また水の母に当たる金すなわち肺の気に関係する、自然気胸も経験しています。この体質の上に仕事上のストレスが重なって、耳鳴りが発生したと考えられます。

03/01/08 初診
03/01/11 前回の治療で、耳鳴り音が澄んで来たように感じられるそうです。
03/01/15 尿管結石をわずらった時のような、違和感と痛みがあったそうです。
03/01/21 第5回目。前回後耳鳴りが始まった頃のような、ストレスやム胸に違和感を仕事上で感じ、耳鳴りが強くなってしまった。術後は耳鳴りはほとんどしなくなり、加湿器の発する音と判別できなくなる程です。
03/01/29 第7回目。 根を詰めることをしてしまったら、耳鳴りが酷くなったそうです。術後はいつものように小さい音になりました。
03/02/17 第11回目。この2・3日耳鳴りは全く消えていました。今日は少ししています。この方の場合は血行障害が大きな比重を占めていると考えられます。手の斑模様がそれを表しています。積極的に手のマッサージをするよう勧めました。
03/03/08 第14回目。日によって耳鳴りに変化があるそうです。音が大きい時は仕事が忙しくなっています。今回も耳鳴りがありましたが、術後は消えています。
03/03/15 仕事が忙しく疲れると耳鳴りが悪化します。今週は波があったそうです。
03/03/19 今回は金鍼銀鍼の特殊技術を使って見ました。耳鳴りは順調に回復しています。
03/04/15 第19回目。仕事が忙しいまたは疲れたときなど、ストレスがかかると耳鳴りが起きます。そのような時に治療に見える、そのような治療間隔になって来ました。

症例4 50歳代

キーンと言う高い音に悩まされています。以前4回治療を行いました。その後西洋医学を選択されていましたが、効果なく治療再開になりました。ただし耳鳴りは脳が終えてしまった雑音と言うことで、同じような雑音を常時聞くことによってこれを打ち消すという、治療は併用されています。

03/03/01 血行の障害度を測ると30でした。やや悪いと言う状態でした。
03/03/08 相変わらず辛そうです。夜も眠れないそうです。前回もそうですが、以前の段階での治療とは違い、新たな考え方で治療のツボの選択を行っています。
03/03/15 このところ耳鳴りはしていますが、嫌な気分が変になる耳鳴りはへり、睡眠が出来るようになったそうです。本日は金鍼を使い、更なる治療効果を狙ってみました。直後の治療効果は確認できませんでした。
03/03/29 第5回目。目立った効果は無いものの、耳鳴りが安定し極端に嫌なものは少なくなってきたようです。

症例5 60歳代

私自身です。
17/11/22 従来にはなかった耳のツボはすでに発見していました。そこをレーザー治療器で刺激することをはじめました。当日は何の変化もありませんでした。
17/11/23 朝気がついたのは耳鳴りがしていないことでした。でもまだ信じられずにいるのか、なんとなくしている気がしていました。そこで再び治療を行いました。
17/11/24 朝には耳鳴りはしていません。でもなんか違和感があったので、耳孔を指で塞ぐと何の音もしていないのです。ただ深山に分け入り何も聞こえないところに行くと、なんとなくキーンと聞こえるような錯覚音はしています。これからどうなるのか楽しみです。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室
シェーグレン症候群|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
全身性エリトマトーデス|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
自己免疫性肝炎 治療
橋本病|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
アレルギー
アトピー性皮膚炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室
アトピーと蕁麻疹の合併症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息 治療
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
脊椎すべり症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
三叉神経痛 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
肋間神経痛 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
目の病気
網膜色素変性症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
眼底出血 治療
飛蚊症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
緑内障 治療
網膜中心静脈閉塞症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療
角膜潰瘍 治療
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
加齢黄斑変性症 治療
耳の病気
耳鳴り・難聴 |東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
耳鳴り
突発性難聴 治療
メニエール病|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
がん・癌・ガン治療
がん治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室
進行性核上麻痺|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
骨折・捻挫・肉離れ
骨折|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
疲労性骨折治療法
捻挫肉離れ治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
循環器の病気
不整脈治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
高血圧|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
冷え性 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
つわり(悪阻)|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
C型肝炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
ヘルペス(帯状疱疹)治療法|シェーグレン症候群|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
脊髄炎 治療
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室 
遊走腎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
腎臓疾患 治療
血尿
痛風 治療
呼吸器疾患
肺気腫 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
間質性肺炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
消化器疾患
クローン病潰瘍性大腸炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室 
癒着が必ず良くなる治療方法|難病治療なら手のひら先生鍼灸治療
逆流性胃炎・逆流性食道炎|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療
舌痛症 治療
ミオクローヌス
顔面痙攣|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
パニック障害|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先のリウマチ相談室
不眠症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
麻痺
ベル麻痺|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
脳卒中(脳溢血・脳梗塞)後遺症|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
関節症
顎関節症治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
変形性膝関節症 治療
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化症(黄縦靭帯骨化症) 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
四十肩・五十肩 治療|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
手根管症候群治療法|東洋医学、鍼灸治療なら手のひら先生のリウマチ治療相談室
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療
慢性疲労症候群 治療
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療
042-365-9781