リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

「めまい」の原因・病状・説明

「めまい」この厄介な症状は、まだ完全にその原因を解明されていません。特に有名なメニエル病であるが、これは三半器官の障害です。また手術で治癒というのが、西洋医学的処置です。最近の脳研究では、平衡感覚は三半器官だけでなく小脳なども関係している。と解明が進んでいます。

治療に関して問題は、重篤で緊急を要するめまいを、いかに鑑別するかです。これは東洋医学より、緊急を要するまた重篤な疾患は、外科的手術の方がより患者に適切であるからです。全体から見れば、これらの判定を要する「めまい」より原因不明のものの方が多いはずでしょう。原因が不明と言っても、疑われている最大のものは、椎骨脳底動脈の循環不全です。西洋医学成書でもこの研究がなされています。私が日々臨床で出合う「めまい」患者を診ると、手かざし診断で頭部の循環不全を推測できます。また高麗手指鍼は抜鍼時に、体に対応する部分の出血を見ることが多いようです。ほとんどの患者は頭部に対応する、第3指先端から出血を見ます。その色も黒ずむことが多く、循環不全を示します。治療を重ね症状の改善を見る頃は、この色も鮮紅色を呈しかつ出血自体も少なくなってきます。

めまいはその引き起こす原因が複雑で、結果として椎骨脳底動脈の循環障害をもたらすのでしょう。したがってめまいの処置を特にしなくても、症状は消えてしまうことが多いのです。基礎に免疫不全があり、低血圧虚弱体質を伴うめまい。ストレスが重なりそれがとれて来て治療中断した後に、坐骨神経痛を発症した例などあります。これなどは後から見れば、中国医学で言う「腎」の衰えがあり、腎機能の衰えすなわち骨の疾患ひいては坐骨神経痛とつながって、発症したのでしょう。腎機能は血圧調整とつながり、神経調節機能と関係します。そう東洋医学からは考えられるのです。

治療費

初診料 2,000円
個人専用鍼代 2,100円(治療10回毎にお支払いただきます)
治療費 6,000円

「めまい」の治療・実績

症例 1 70歳代 のめまい治療例 日常は特に支障はありません。お茶の稽古中に、体を反転するとめまいが起きます。全体の立ち姿を見ると、背中がかなり丸くなっています。子供をかばって倒れたときに背中を打って、手当てもしなかったのでそれ以来こうなったそうです。顔や全体から受ける感じはそうでもないが、ややおとなしめな話し方などはこの影響もありそうです。「肺は気迫をつかさどる」、こう言われている。現在7回の治療が行われましたが、その中心となる経絡は肺と腎です。呼吸と水分代謝と血圧に関連するものです。平衡感覚の三半規管から来るものであれば、相当頻繁に症状が出ると思われますが、1つ限りの動作が影響するのは、おそらくそれによってもたらされる血圧の変化をもたらす、循環障害が大きいと推測いたします。
症例 2 60歳代 免疫機構が弱っています。初診時は、腰痛、手足に浮腫み、便秘、不眠、めまい、胃のもたれ、様々な症状を抱えていました。体内の細菌、特に扁桃にいる溶連菌などが強くなると、ぎっくり腰を起こし、2ヶ月は寝こみます。これらの病気を克服してくると、最後に残ったのが「めまい」です。子宮筋腫の手術や、腎臓系統の弱さや骨格筋の衰え弱さなど様々な要素と、体内細菌に対する抵抗力の衰え、それら複雑に絡み合った要素からめまいが起きます。4年前からの患者さんですが、ここ2年ほどは、めまいが起きた時だけ治療するほどに回復しています。 02/10/23この方の耳石は時々正確な位置に収まらないことがあります。その修正方法を教えてくれる病院があるそうです。一時はその方法で治まったのですが、その後も眩暈を伴う体調不良が起きます。本日は骨格を矯正する鍼を取り入れて見ました。 02/11/15 海外旅行に行く前に眩暈が起こり、今日まで3日連続の治療を行いました。眩暈自体は前回で納まりました。結局この方の眩暈は、からだ全体からくるものだと言う結論なのです。耳石の移動状況などは、体の異常を知らせる一端でしかないということでしょう。
症例 3 40歳台 本来この症例は頚椎症に分類するところでしょうが、初診時に眩暈がする、病院では原因不明であるとこられたので、この項で紹介するものです。私の診断は、頚椎打撲による影響から来る、一過性の脳虚血が断続して起こることから来る、眩暈です。治療は簡単です。 03/06/25 慣れないアイススケートをして転倒、頭を強く打った後船酔いに似た眩暈が始まりました。MRI等による検査を重ねるも原因は分からず、仕事にも支障が生じていました。 アプライドキネシオロジーテストで計測すると、血流障害は300ナノグラムとトロンボキサンは通常の方の300倍悪いと言う数値でした。 03/06/27治療後75に減少しました。 03/06/28 午前中は眩暈が気にならなかった。午後は頸が強張りました。午前中調子が良かったので、久し振りに張り切った結果でした。数値は30になりました。 03/07/01数値は10とあと一息です。03/07/08 1週間間隔が空き、めまいの状態は残っています。治療後は眩暈感はなくなりました。数値は1です。 めまいの症状自体はかなりの患者に見られる症状です。しかし以前から見られて症状が固まったもの以外、MRIという効果的な機器もあり、まず神経および内科的診断が優先します。しかしそれで原因がわからないものについては、鍼が効果的と考えます。筋肉弛緩剤や意識障害改善剤・精神安定剤を処方すると聞くと、ぞっとします。肩こりは東洋医学では単なる筋肉の硬直とは見なしません。うつの症状も私の場合は、単に気の乱れから来る物とみなすの で、精神安定剤と言う一時は良くても、常用して益のない薬はやめるべきです。 [最近の治療から] ①耳の周辺をFTと言う診断方法(気の滞りを調べる方法)で検査しても、異常がみあたらないのに「めまい」を訴える患者さんがいます。これらはおそらく、一過性の脳虚血として片付けられてしまうのでしょう。最近は椎骨脳低動脈に注目し、これを調整する方法を取っています。かなり成果は良いようです。年齢と伴に、背骨の間隔がつまり、ある方は坐骨神経痛、ある方は頚椎症やこのような症状を呈すると考えられます。 ②上記の患者さんを診ていると、扁桃に住む病原菌が原因で首や肩がこり、それがめまいを引き起こすことがわかります。僧帽筋を固くするので、血行障害が起こっているのだと推測します。 参考文献 椎骨脳底動脈循環障害におけるめまいの病態整理 松永 喬 編著 診断と治療社 メマイ診療の鍵 中井 義明 鈴木 淳一 編 篠原出版
膠原病 免疫疾患
関節リウマチ(リュウマチ)
シェーグレン症候群 治療
全身性エリトマトーデス 治療
自己免疫性肝炎 治療
橋本病 治療
アレルギー
アトピー性皮膚炎 治療
アトピーと蕁麻疹の合併症
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息 治療
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療
脊椎すべり症 治療
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰 治療
三叉神経痛 治療
肋間神経痛 治療
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)
目の病気
網膜色素変性症 治療
眼底出血 治療
飛蚊症 治療
緑内障 治療
網膜中心静脈閉塞症 治療
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療
角膜潰瘍 治療
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎
加齢黄斑変性症 治療
耳の病気
耳鳴り・難聴 治療
耳鳴り
突発性難聴 治療
メニエール病
がん・癌・ガン治療
がん治療
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病 治療
進行性核上麻痺
骨折・捻挫・肉離れ
骨折 治療
疲労性骨折 治療
捻挫・肉離れ治療
循環器の病気
不整脈 治療
高血圧 治療
左室肥大不整脈 治療
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症
冷え性 治療
つわり(悪阻) 治療
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎
C型肝炎
ヘルペス(帯状疱疹)
脊髄炎 治療
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症 治療
遊走腎
腎臓疾患 治療
血尿
痛風 治療
呼吸器疾患
肺気腫 治療
間質性肺炎
消化器疾患
クローン病 潰瘍性大腸炎 治療
手術後の癒着 痛み
逆流性胃炎・逆流性食道炎
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療
舌痛症 治療
ミオクローヌス
顔面痙攣 治療
パニック障害・不安神経障害 治療
不眠症
麻痺
ベル麻痺
脳卒中(脳溢血・脳卒中・脳梗塞)後遺症 治療
関節症
顎関節症 治療
変形性膝関節症 治療
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化症 治療
四十肩・五十肩 治療
手根管症候群 治療
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療
慢性疲労症候群 治療
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療
042-365-9781