リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

「ようこそ手のひら先生スタイル高麗手指鍼脊柱側弯症治療の世界へ!」

ここでは独自の研究で進化させた韓国の鍼「高麗手指鍼」を、手のひら先生スタイルとしてその効果をご紹介いたします。

高麗手指鍼自体が日本では珍しいことと思います。

手のひらだけで治療できる簡便さはありました。

また手のひらと脳が密接な関係であることを、ペンフィールド教授の研究から説明いたしました。ホムンクルスとして広く知られています。

この科学的な説明から伝統的な日本の鍼や中国鍼そのほかよりも、より高い効果を出せるのが高麗手指鍼である可能性を証明いたしました。

しかし現在までその効果は限定的でした。

韓国人金成万師が私の先生でした。先生はがん治療で有名でしたが、その治療方法は「気」を使う名人の技術でした。

私がここ10年間自らの脳溢血後遺症を治そうとして研究を深めた結果、世界の何処にもない高麗手指鍼の理論と技術を極めました。

世界中の鍼灸師でこれを理解できる方は、今のところほとんどいらっしゃらないでしょうが。

高麗手指鍼をなんとかして進化させ、自らの病気も完治させたいと研究してきました。

その突破口としてフランス人の開発した、耳鍼の理論に出会ったのです。

フランス人医師で耳鍼の創始者ポール・ノジェ博士の研究は、今までにない独創的な理論でした。しかし博士のディメンション理論は、それまでは誰も何を意味していたのか理解できませんでした。

もしかすると博士ご自身もディメンション(位相)の意味するところは、本当は理解していなかったかもしれません。

私は検証重ねることで位相とそのツボの真の意味をすべて読み解きました。

きっかけになったのは元東京芸術大学三木成夫教授の「生命形態学序説」に出会ったことでした。

その意味するところは次のことです。

人間の祖先は4億年前魚の時代でした、それが進化して鳥の時代になり、進化して人間になったということです。

それぞれの時代にそれぞれ進化した脳と臓器が出来て、それに対応するツボが出現しました。

それぞれの時代に作られ進化してきた脳と臓器、それを効果的に調整するにはディメンションを考え、効果的にツボの刺激をしなければなりません。しかし二千年前に作られた鍼灸のツボと理論は、それ以上には発展できませんでした。

それで現代の鍼灸の中心は、腰痛肩こり治療になっているのです。

なぜそうなっているかと言えば、進化していく過程で脳・免疫・臓器に対応するツボ、それは最初に現れたツボ(さかなの時代のツボ)の下に隠れることとなったからです。

このことを明らかにしたことで、それまでは治療不可能であった、免疫疾患・脳疾患・肺・子宮・心臓疾患の治療も可能になりました。

(博士はディメンション6まであるとご著書の中では書かれています。もしかすると進化の過程では6段階ぐらいの変化を、人間はしてきたかもしれません。しかし治療についてはこの3段階で十分です。ちなみに博士のご著書では、ディメンション3までのツボしか描かれていません)

これらのことが脊柱側弯症治療で、十分に生かされ成果を上げられることとなったのです。

ではその効果と成果をご覧ください。

「脊柱前弯・脊柱側弯」の原因・症状・治療

脊柱が曲がってしまう側湾症は、すべての年齢において起こるものです。また側湾と外見上ハッキリしなくても、すべての方に多かれ少なかれ、背骨の曲がりは存在するものです。 人間が直立歩行を始めて以来、避けてとおれないものでしょうか。この背骨の曲がり(側碗弯)がどのような原因で起こるのか?また最近は小学生にもこの側湾症が増えています。また突然に起こるので、突発性側湾症と名付けられるものまであります。

私はこう考えます。身体を直立させるのは、腹筋背筋と背骨です。いま内臓に何らかの異常が(病気とは言えないまでも)生じたとします。すると内臓体壁反射と言いますが、それを知らせる反応が、身体の表面に出ます。コリや押すと痛みを感ずる場所が出来ます。いま背筋の1箇所、胃が悪いので胃兪というつぼにコリが出たとします。すると筋肉はちじみます。このような反応が多くなれば、背筋の左右のバランスは崩れます。ツボは背中だけではないので、腹筋にも同じ事は言えます。前と後の筋肉のバランスが取れなくなれば、その歪は脊柱が負担する事になります。これが脊柱側弯症を生む原因と思っています。

骨格研究をされていらっしゃる吉田勧持氏は著作「構造医学」の中で、この事を「突発性側弯はヒト化プロセスを阻害された生体が、内臓を保護しようとして反応した代償作用といえる」とおっしゃっています。側弯は必ず右に曲がるとも述べています。

脊柱側弯を修復しようとするなら、この元の原因を正さなければ根本の治療にはなりません。高麗手指鍼は、十分にその治癒力を引きだせると考えています。またその力を引き出せるだけの技術を用意しているつもりです。

治療費

初診料 2,000円
個人専用鍼代 2,100円(治療10回毎にお支払いただきます)
治療費 6,000円

「脊柱前弯・脊柱側弯」の治療・実績

症例1女性 90歳代 の側弯症

6から7年ほど前に床に臥せってしまった。手を尽くしたが好転せず、結局灸治療を受け立ち上がれたが、体が曲がってしまっていた(前弯)。 私が当地で営業をはじめた、5年ほど前からの患者さんである。家族も健康維持程度で鍼灸治療を考えている。こちらとしては、手指鍼でどうにかして元に戻らないか苦心して治療中してきた患者である。 終戦とともに帰国し、食料自給のため畑を1人で開墾した。それらの疲れが、80歳を超え90に手の届くところで出てきたようである。頭脳も明晰、また毎朝小さな公園の周りを、いわゆるシルバーカーを押して散歩も行っている。食事も欠かさず、内容も和風の伝統食である。脊柱の湾曲さえなければ、年齢から考えてもいたって健康体である。 (治療)最初の3年間は治療も手探り状態であった。高麗手指鍼そのものは珍しいとは言っても、その効果は一般には知られていない。年はとっても手指鍼は痛い。そんなわけで週1回の治療が途絶えたり、2週に一度になったりしていた。治療室で久しぶりに会った患者さんは、「おばあちゃん、2年前よりずいぶんよくなっていますね。前は椅子から1人でたちあがれませんでしたよね。」そう言われててみれば、確かに当初よりは元気で力強さは出てきた。それでも98年後半ころから、斜め左前方に重心がかかるようになってきた。左足が棒のようになってしまった。常時体重がかかるため、膝関節は固まってしまいまったく動かない。しかし患者に治療回数を増やさせることはできない。そこで99年1月から手にテープを張ることを考え付き、始めた。治療と治療の間をつなぎ、効果を持続させるためである。真っ先に効いたのが耳鳴りである。耳鳴りで夜中に起きてしまったのが、音はするがまったく気にならなくなったのである。それで併せて脊柱彎曲治療にも使い始めることとした。やく10ヶ月、秋口には左足はかなり回復してきた。左右のバランスがとれてきたのである。やや左足を引きずるようであるが、4年前よりは状態は良いのではないか。それとともに意欲が湧いてきて、趣味の三味線をやってみました。大国魂神社にお参りに行ってきましたなど、こちらがびっくりするようなことを言うようになってきた。前湾についても少しづつ改善がみえる。いつも玄関の扉をあけるとき、ほとんど下を向かれて入って来られる。それが年末には、前を向き顔を上げてドアを開けて入ってこられたので、びっくりしてしまった。 今年はテープのほかに、昨年来使用しているレーザーと鉱石を組み合わせた、不思議で先端を行く治療器で治療速度を上げてみたい。今年中に現在前傾角度45度弱ぐらいを、30度ぐらいにまでに起きあがらせることができればと考えている。 2001年5月25日他人が見て、びっくりするほど背筋を伸ばして歩行が出来るようになってきた。それと伴に椅子より立ちあがるときに力強さが加わった。ご本人もやっとこの鍼の効果を認めたようです。また聴力がやや低下したので、その矯正もしたので、来週より週1度の治療回数になる。そうなれば側湾はすでに改善されているので、前弯がさらによくなるはずである。

症例2 女性 60歳代 の側弯症 背骨が肋骨から曲がっています。ご主人を亡くされたあとから曲がったそうです、おそらく精神的なものが原因です。肺は関連する感情として「悲しみをつかさどる」とされています。肩を丸めて悲しんでいるうちに、背中が変形してきたと考えられます。 01/09/07/ 初診骨粗鬆症の薬、高脂血症薬、降圧剤を服用しています。声も小さく元気がありません。食欲がなく、お腹が空いた事がなく健康のため仕方なく、がんばって食べているとのことです。 背中の曲がりは、私の開発したCDという技術を使います。術後お腹が空いてきたとおっしゃいました。 01/10/05/第4回目 食欲が出てきたとのことです。 01/11/02/第7回目 体が目立つほどまっすぐになってきました。椅子からも、すっと立ち上がれるようになりまし た。血圧も安定してきているので、 アプライドキシオロジーテストで判定し、必要量と言う結果を得ました。 01/11/09/「買い物をして荷物を持っても疲れなくなりました」と感謝されました。また一段と背中は伸びた感じがします。最初の頃と比べても、顔艶は別人のようです。

症例 3 女性 40歳台 の側弯症 他の疾患で治療を受けられていたのですが、原因は10代の頃に受けた側弯治療が原因と推定し、これを治療したことで身体の歪みも修正されて来ました。 初診 01/11/10 この4ヶ月ほどベットに伏せっている状態です。精神的にも肉体的にも疲れています。10代の頃に側弯を修正するため、背骨を真っ直ぐにするための金属が入っています。前に述べたように、背骨が曲がるには、曲がるだけの理由があるのです。それを機械的にしたため、脊柱を中心として内臓神経が圧迫され、すべての機能が障害されてしまったのです。 01/12/29 第10回目午後には起き上がれるようになりました。 02/01/04 体温上昇を実感されたようです。表情や顔の色艶も出てきました。02/01/22 第16回目ご本人が「側湾が直って来たようです。」とおしゃいました。見ると体の歪が取れて来たようです。気分も生活態度も前向きになって来ました。この事が脊柱側湾の改善を物語っています。

症例 4 HN 主訴は飛蚊症ですが、側弯症が根本にあり冷え症腰痛も伴うので、こちらの症例として扱います。 08/09/13初診 血流障害度をオーリングテスト試料、トロンボキサンB2を使い計測しました。術後は600ngでした。耳鍼ほかを併用です。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ(リュウマチ)
シェーグレン症候群 治療
全身性エリトマトーデス 治療
自己免疫性肝炎 治療
橋本病 治療
アレルギー
アトピー性皮膚炎 治療
アトピーと蕁麻疹の合併症
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息 治療
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療
脊椎すべり症 治療
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰 治療
三叉神経痛 治療
肋間神経痛 治療
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)
目の病気
網膜色素変性症 治療
眼底出血 治療
飛蚊症 治療
緑内障 治療
網膜中心静脈閉塞症 治療
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療
角膜潰瘍 治療
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎
加齢黄斑変性症 治療
耳の病気
耳鳴り・難聴 治療
耳鳴り
突発性難聴 治療
メニエール病
がん・癌・ガン治療
がん治療
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病 治療
進行性核上麻痺
骨折・捻挫・肉離れ
骨折 治療
疲労性骨折 治療
捻挫・肉離れ治療
循環器の病気
不整脈 治療
高血圧 治療
左室肥大不整脈 治療
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症
冷え性 治療
つわり(悪阻) 治療
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎
C型肝炎
ヘルペス(帯状疱疹)
脊髄炎 治療
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症 治療
遊走腎
腎臓疾患 治療
血尿
痛風 治療
呼吸器疾患
肺気腫 治療
間質性肺炎
消化器疾患
クローン病 潰瘍性大腸炎 治療
手術後の癒着 痛み
逆流性胃炎・逆流性食道炎
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療
舌痛症 治療
ミオクローヌス
顔面痙攣 治療
パニック障害・不安神経障害 治療
不眠症
麻痺
ベル麻痺
脳卒中(脳溢血・脳卒中・脳梗塞)後遺症 治療
関節症
顎関節症 治療
変形性膝関節症 治療
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化症 治療
四十肩・五十肩 治療
手根管症候群 治療
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療
慢性疲労症候群 治療
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療
042-365-9781