リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

「ようこそ手のひら先生スタイル高麗手指鍼のクローン病潰瘍性大腸炎治療の世界へ!」

ここでは独自の研究で進化させた韓国の鍼「高麗手指鍼」を、手のひら先生スタイルとしてその効果をご紹介いたします。

高麗手指鍼自体が日本では珍しいことと思います。

手のひらだけで治療できる簡便さはありました。

また手のひらと脳が密接な関係であることを、ペンフィールド教授の研究から説明いたしました。ホムンクルスとして広く知られています。

この科学的な説明から伝統的な日本の鍼や中国鍼そのほかよりも、より高い効果を出せるのが高麗手指鍼である可能性を証明いたしました。

しかしその効果も限定的でした。

韓国人金成万師が私の先生でした。先生はがん治療で有名でしたが、その治療方法は「気」を使う名人の技術でした。

私がここ10年間自らの脳溢血後遺症を治そうとして研究を深めた結果、世界の何処にもない高麗手指鍼の理論と手法を極めました。

世界中の鍼灸師でこれを理解できる方は、今のところほとんどいらっしゃらないでしょうが。

高麗手指鍼をなんとかして進化させ、自らの病気も完治させたいと研究してきました。

その突破口としてフランス人の開発した、耳鍼の理論に出会ったのです。

フランス人医師で耳鍼の創始者ポール・ノジェ博士の研究は、今までにない独創的な理論でした。しかし博士のディメンション理論は、誰も全体が何を意味していたのか理解できませんでした。

もしかすると博士はディメンション(位相)の意味するところは、本当は理解していなかったかもしれません。

私は検証重ねることで位相とそのツボの真の意味をすべて読み解きました。

きっかけになったのは元東京芸術大学三木成夫教授の「生命形態学序説」に出会ったことでした。

その意味するところは次のことです。

人間の祖先は4億年前魚の時代でした、それが進化して鳥の時代になり、進化して人間になったということです。

それぞれの時代にそれぞれ進化した脳と臓器が出来て、それに対応するツボが出現しました。

それぞれの時代に作られ進化してきた脳と臓器、それを効果的に調整するにはディメンションを考え、効果的にツボの刺激をしなければなりません。しかし二千年前に作られた鍼灸のツボと理論は、それ以上には発展できませんでした。

それで現代の鍼灸の中心は、腰痛肩こり治療になっているのです。

なぜそうなっているかと言えば、進化していく過程で脳・免疫・臓器に対応するツボ、それは最初に現れたツボ(さかなの時代のツボ)の下に隠れることとなったからです。

このことを明らかにしたことで、それまでは治療不可能であった、免疫疾患・脳疾患・肺・子宮・心臓疾患の治療も可能になりました。

(博士はディメンション6まであるとご著書の中では書かれています。もしかすると進化の過程では6段階ぐらいの変化を、人間はしてきたかもしれません。しかし治療についてはこの3段階で十分です。ちなみに博士のご著書では、ディメンション3までのツボしか描かれていません)

これらのことがクローン病・潰瘍性大腸炎治療で、十分に生かされ成果を上げられることとなったのです。

ではその効果と成果をご覧ください。

「クローン病/潰瘍性大腸炎」の原因・症状・治療

薬を飲まず副作用もなく、炎症や潰瘍が治る治療法があったらと考えたことはありますか?

「疫学から」

1932年にアメリカのクローン医師によって報告された病気です。原因不明の炎症性の腸炎で、主に小腸の末端部に炎症や潰瘍ができ、非連続部分が生じます。これにより激しい腹痛、血便、下痢などが起こります。症年齢は男性で20~24歳、女性で15~19歳です。2002年度で全国に22010人の患者がいます。

「原因」

なぜこのような症状が起きるのかは、西洋医学的には原因不明ということになっています。ただし腸は免疫の中心とも言われるほど、リンパ節が集中しています。食物を取り込んで消化吸収する際の、防御システムが構築されている場所です。このシステムを侵害することが、即炎症反応につながっているのです。

「病状及び症状」

小腸や大腸の粘膜に潰瘍ができたり腫れたり、内腔面が狭くなったりします。その発症部位や病状は、個人個人様々な形態があるとされています。そして病状としては、多くが腹痛と下痢を起こします。その他には発熱・下血・腹部腫瘤・体重減・全身倦怠・貧血など、食物を摂取できなくなって起こるものもあります。またこの病気は様々な消化管関連の合併症も起きることがあります。

「診断」

臨床症状や血液検査で貧血CRP(炎症度を表す)上昇から、このクローン病を疑い、X線造影検査内視鏡検査で診断される。その他CT検査MRI検査も行われます。

「治療法」

現在は栄養療法・薬物療法・外科療法を組み合わせて、患者のQOLを維持する処方であり、根本的な治療はまだありません。

  • 栄養療法 腸に直接栄養を与える方法か、静脈への直接投与を行う。
  • 薬物療法 ステロイド剤か生物製剤が使われます。
  • 外科療法 腸閉塞・穿孔・大量出血・中毒性巨大結腸症などに対し、切除手術が行われます。

「予後」

10年以内に7割程度の手術が行われ、再手術も行われることがあります。薬などの併用も行われていますが、緩徐に進行するものです。

「東洋医学 漢方薬と鍼」

東洋医学には漢方薬と鍼灸あんま・マッサージがあります。クローン病 潰瘍性大腸炎に効果があるのか検証してみます。

「漢方薬」 漢方薬は漢方専門医により、個人個人の体質に合わせ処方されるものです。私は鍼灸師なのでこの疾患に対し、何が効果的かは分かりません。日本で長年使われていて安全性が確かめられている、漢方薬を処方されるのが最適な方法と考えられます。

めんげんという言葉が好転反応として良い兆候とされたのはほんの昔で、いまは誤診による副作用反応とされています。漢方薬も副作用があります。青黛と言う漢方生薬が特効薬の様にネットでは扱われていますが、現在は副作用のため輸入禁止になっています。

漢方は漢方専門医にかかるのが王道です。ただしもし特効薬があり誰にでも効果的なら、この病気は効かなくなっているはずなので、やはり漢方医師の見立て次第になってよるのでしょう。

「鍼灸」

伝統的な鍼灸については、免疫調整は出来ません。したがって炎症を治療することは出来ません。ただし鍼灸はここの先生方の技術によって、効果に大きな差があるので、鍼灸を一括りにしてクローン病 潰瘍性大腸炎に効果があるか否かは断言できません。しかし鍼灸の成り立ち、経過と過去の文献、私の研究からは残念ながら伝統的は鍼では、クローン病 潰瘍性大腸炎には効果を出すのは難しいといえます。

 

「手のひら先生高麗手指鍼のクローン病・潰瘍性大腸炎治療」

手のひら先生の鍼は韓国で生まれた治療法です。伝統的鍼は二千年前に発明されたものですが、この鍼はおよそ40年前です。

どちらも一般に考えられているような、腰痛肩こり治療から中々進歩しませんでした。それを生理学病理学進化論の成果を取り入れ、伝統的鍼灸とは一線を隠す理論と方法を考えだしたのが、手のひら先生スタイルなのです。

まず東洋医学の観点から、クローン病や潰瘍性大腸炎を考えてみましょう。

まず腸は細胞分裂が進んだときを見れば分かりますが、皮膚と同じものなのです。炎症を起こすのは血流障害で、炎症は虚熱すなわち嘘の熱と見ます。

皮膚は肺がコントロールしていると東洋医学では見ます。

陰陽と分けると陰が肺陽は大腸が配当され、両者は裏表の関係になります。

肺の気が大きいと大腸の気が小さくなる、この2つはバランスが取れていないと、どちらかに障害が起きるのです。

 

症例を見るとまず腸それも大腸に発症しています。そして皮膚にも潰瘍が見られることがあるようです。肺と大腸の病気で、血流障害と炎症を伴う疾患です。

肺は腎臓とともに免疫をコントロールする臓器として、東洋医学では扱われます。

 

東洋医学では炎症は嘘の熱として捉えられています。

しかし嘘の熱とは言え身体の中では炎症として、熱を発しているのです。

根本に血流障害を伴うので冷えがそこに入り込むと、一気に冷えに変わってしまう性質があります。これは「陰極まれば陽となし、陽極まれば陰となす」と言う言葉で知られています。

伝統的な鍼ではこのような熱を取り除く方法がありませんでした。それが韓国の舎岩というお坊さんが(昔は医療をお坊さんが担っていたのです)、日本にも中国でも完成されなかった、完璧な理論構築をしていました。この理論もあって高麗手指鍼の効果が高い一員にもなっています。

 

さて私の研究の成果をお話いたします。

 

人間は魚・鳥・人間へと進化してきた動物ですから、免疫のシステムも伴って進化してきました。

原始免疫システムから、進化した獲得免疫ステムの2つを持っています。

この2つのシステムを調整することで、炎症を起こしている根本の対策ができます。そして高麗手指鍼の炎症を取る処方、血流の改善、関連するすべての臓器の改善を行います。

これらを手のひらの中で治療できるのが、手のひら先生スタイル高麗手指鍼のクローン病・潰瘍性大腸炎治療になります。

「食事療法」

クローン病 潰瘍性大腸炎ともにアレルギー反応による疾患です。そこで基本的に行われ確実な処方は、食事療法ということになります。ただしこれは個人差があるので、個人個人の個体差に合わせた食事療法、アレルギーを避けながら体力を維持できる食事をとる、医師の指導のもとに行うことが大事になります。

治療費

初診料 2,000円
個人専用鍼代 2,100円(治療10回毎にお支払いただきます)
治療費 6,000円

「クローン病」の治療・実績

この原因不明の難病指定の病気に対し、高麗手指鍼治療がどの程度の高い効果をもたらすか、治療例を通し皆さんにお目にかけましょう。

症例 1 20歳代 な のクローン病

04/07/17 初診 2002年にクローン病手術後の癒着で来られた患者さんです。2003年5月までは定期的に健康管理で来られていました。今回は炎症度を現すCRPの値が高くなったと言うことで治療に見えました。 アップライドキネシオロジーテストを使って、術前の値は120ngでした。術後は90ngに下がりました。04/07/24 CRPは術後に30ngと低下しました。お腹が動き出した感じがし、体調は良い方向へ向かっているのが実感できるそうです。 04/07/31 CRPは術後 5ngに低下しました。 04/08/07 CRPは落ち着いたので、この病気によく見られると言う、細菌感染等があるか否かをテストいたしました。最初は手元にある重金属の水銀でテストいたしましたが、これはまったく反応しませんでした。次に細菌のクラミジアトラコーマチス(Chlamydia trachomatis C.Tr) とクラミジアニューモニア(Chlamydia pneumoniae C.pn) を計測しました。術後C.Tr は90ng、C.pnは80ngでした。 04/08/14 Ch.Tr は40ngに、Ch Pn は40ngへと下がってきました。体調は良くなりました。顔つや表情とも安定してきました。 04/08/19 Ch.Tr は15ng Ch.Pne は15 ngに下がりました。顔に生気のある赤みが戻りました。 04/08/28 Ch.Tr は1ng Ch.Pneは1ng と正常値になりました。 04/09/16 第9回目。夏休みを利用して小旅行をされて来ました。体調に特に問題はなく、やや軟便から下痢気味までで治まっていたそうです。顔艶もよく赤みも差し安定して来たことが伺われます。 05/04/09 第17回目。血行障害度を計るトロンボキサンは1ngとなり、正常な状態になりました。 05/09/02 仕事が忙しく、少々治療間隔が空きました。トロンボキサン値は術後手のひらでは500ng、おなかの患部では700ngと少々値は戻ってしまったようです。 05/11/12 第25回目。トロンボキサン値は手のひらでも、患部でも1ngとなりました。顔の皮膚も一時のてかてかとした油が表面を覆うようなこともなく、きわめて健康な状態に戻りました。また不快な諸症状もまったくありません。

症例 2 KO

24年前にクローン病で手術を行ないました。引続き治療中です。またこの手術と痔の手術の影響もあるのか、癒着があって腹痛がします。 08/12/13 初診 血流障害度を、オーリングテスト試料トロンボキサンを使って術後に計測しました。730ngと高い値でした。 08/12/15 トロンボキサン値は術後、400ngになりました。250ng 08/12/16 トロンボキサン地は術後、190ngになりました。まだ変化はありませんが、お腹が動いています。

症例 3 SA 再発のクローン病

20年以上前に発症し入院によって完治していたが、ここで再発し来院しました。過去に2回の開腹手術歴があります。

15/01/17 初診 おへその上から下腹部まで、右わき腹から左わき腹まで、広い範囲でオーリングテストで反応がありました。治療は2年前から行っている心臓の調整法を行いました。さらに免疫調整は、ディメンションⅡまでの治療を取り入れて調整しました。

15/02/10 治療6回目。大きな痛みはすでに消えて、たまに起こる程度になりました。本日はオーリングテスト試料のCRPを使って、炎症の程度を計測しました。数値は340ngでした。目標は一けた台です。

15/02/17 第7回目。オーリングテストで計測すると、自分が違和感を感じているところは問題がありません。おへその上の大腸、横行結腸のところに最大の問題が残っています。CRP値は250ngに下がりました。順調に回復していると考えます。

15/03/17 第10回目 体調は良いそうです。お通じなども問題は無くなりました。術後のCRP値は100ngでした。潰瘍性大腸炎のプレパラートを使い、患部のオーリングテストを行いました。上行結腸と横行結腸は問題ありません。下行結腸も半分から下に問題がありそうなだけです。

15/04/11 第12回目 便の状態お腹の状態はすこぶる良くなっています。オーリングテストで計測すると、下行結腸の1点2センチ角の反応のみになりました。オーリングテスト試料CRPを使うと、10ナノグラムに低下しました。あと一息で一けた台です。あと少しで完治になります。ここで間隔をあけて1,2回で終了の見込みです。

膠原病 免疫疾患
関節リウマチ(リュウマチ)
シェーグレン症候群 治療
全身性エリトマトーデス 治療
自己免疫性肝炎 治療
橋本病 治療
アレルギー
アトピー性皮膚炎 治療
アトピーと蕁麻疹の合併症
温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹
喘息 治療
花粉症
様々な神経痛
坐骨神経痛 治療
脊椎すべり症 治療
坐骨神経痛手術後遺症 治療
慢性腰痛 治療
ぎっくり腰 治療
三叉神経痛 治療
肋間神経痛 治療
頚椎症(頚椎ヘルニヤ)
目の病気
網膜色素変性症 治療
眼底出血 治療
飛蚊症 治療
緑内障 治療
網膜中心静脈閉塞症 治療
糖尿病性網膜症 治療
視神経萎縮症 治療
角膜潰瘍 治療
近視
ぶどう膜炎
アレルギー性結膜炎
加齢黄斑変性症 治療
耳の病気
耳鳴り・難聴 治療
耳鳴り
突発性難聴 治療
メニエール病
がん・癌・ガン治療
がん治療
リンパ浮腫
神経性難病
パーキンソン病 治療
進行性核上麻痺
骨折・捻挫・肉離れ
骨折 治療
疲労性骨折 治療
捻挫・肉離れ治療
循環器の病気
不整脈 治療
高血圧 治療
左室肥大不整脈 治療
婦人病
子宮筋腫 治療
不妊症
冷え性 治療
つわり(悪阻) 治療
更年期障害 治療
ウィルス性疾患
B型肝炎
C型肝炎
ヘルペス(帯状疱疹)
脊髄炎 治療
微熱
インフルエンザ
泌尿器疾患
前立腺肥大症 治療
遊走腎
腎臓疾患 治療
血尿
痛風 治療
呼吸器疾患
肺気腫 治療
間質性肺炎
消化器疾患
クローン病 潰瘍性大腸炎 治療
手術後の癒着 痛み
逆流性胃炎・逆流性食道炎
糖尿病 治療
様々な神経症
線維筋痛症 治療
舌痛症 治療
ミオクローヌス
顔面痙攣 治療
パニック障害・不安神経障害 治療
不眠症
麻痺
ベル麻痺
脳卒中(脳溢血・脳卒中・脳梗塞)後遺症 治療
関節症
顎関節症 治療
変形性膝関節症 治療
手・肩・首・膝の障害
後縦靭帯骨化症 治療
四十肩・五十肩 治療
手根管症候群 治療
肩の痛み
脊柱前弯・脊柱側弯 治療
各種症状
めまい
味覚障害 治療
慢性疲労症候群 治療
寝違い
ほか
病院で原因不明とされた病気 治療
042-365-9781