リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

手のひら先生のリウマチ相談室ブログ 2012年2月21日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生の治療日誌」と「リウマチの広場(by 手のひら先生)」もありますのでこちらもよろしくお願いたします 。このブログでは日々鍼灸師として、学び考えた事をテーマにしていきます。

本日のテーマ「TBSテレビ夢の扉 日本人は素晴らしい 」

最近テレビが云々と言われていますけれど、この番組は日本人って改めて素晴らしいと感じさせてくれます! 夢の扉 TBSテレビ http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/ もちろん専門家も紹介されていますが、専門外なのに思いもつかないアイデアで、発明をされている方たちが紹介されています。 興味を持って取り組んでいること、それが人々の幸福に結びついていること、独創的なアイデアが人々を感動させます。 思い出してもいくつもの番組が思い出されます。 大工を止めたあと子供の時から考えていた発電機、それが京大で超伝導で世界をリードしている教授をも驚かせる、画期的に高能率な発電機を作った。 もちろん周りには中小企業の技術者が手助けをしてくれているのだが、エネルギーに不安な日本にとって光を与えるような発明でした。 田んぼの用水路のささやかな流れを利用した、小水力発電機は伝統的な技術ゼンマイを利用するものでした。 我が家に近いところにある世界的に有名な、三鷹光器は画期的な太陽光発電機を開発しました。 もう社長は有名になったのでご存知の方も多いのではないでしょうか。 学歴なんて関係ない!情熱と技術があれば道は開けると教えてくれる方です。 鏡なんて今は機械で作っているのでしょうから、どこの国で作っても同じように思えるのですが、それが違うんですね。 技術と熟練の差は歴然、つくづく羨ましくまた日本人って素晴らしいと思います。 中国に企業進出し技術が盗まれると危惧されていますが、まだまだ日本人の持っているノウハウは盗まれるものではないでしょう。 政治が不甲斐ないので、これらの企業が買収でもされない限り、日本独自の技術は安泰です。 と言っても不断の努力は必要でしょうが。 このような番組で様々な世界で努力されている方たちを知るに付け、改めて身の引き締まる思いがいたします。 ナレーターも、中井貴一、坂口憲二、向井理といま人気ある俳優たちが勤めています。彼らもナレーションしながら感動しているのが、よくわかります。
042-365-9781