リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

手のひら先生のリウマチ相談室ブログ2012 年2月4日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生の治療日誌」と「リウマチの広場(by 手のひら先生)」もありますのでこちらもよろしくお願いたします 。このブログでは日々鍼灸師として、学び考えた事をテーマにしていきます。

本日のテーマ「韓国中国の旧正月 」

韓国の旧正月は1月20から26日あたり、大体23日前後の3日間が休暇だったそうです。 旧友の息子さんは中国で働いており、例年この時期に帰省します。 今年は2週間の休暇で、いよいよ明日出発するそうです。 中国で働いている日本人は本当に多いと、帰国する日航機の乗客が全員日本人と知って、改めて実感したそうです。 昨年はそのようなことは言ってなかったので、この一年で顕著な変化があったといううことかもしれません。 この時期中国から日本への観光客も多いとはニュースで知るところです。 彼は中国でネット関連の企業に勤めているのですが、そこのホームページには福岡に来た中国観光客のことを紹介していたそうです。 震災以後日本に来いる数が減っていたと思ったら、どうやら九州地方に変わったのかもしれません。 私が若い患者さんに言っていたことがあるのですが、これからは就職もまた商品を購買販売するのも、もはや日本国内だけを考えていてはやっていけない世界になってきた。 もうそれが本格的に展開される時代になってきた証拠でしょう。 英語はもちろん中国語や韓国語も習わなければならないかも? 遊び呆けている時じゃなくなっている日本の若者諸君大変だなー! もっとも韓国では文化系なら6ヶ国語ぐらいしゃべれないと就職できないそうだから、日本の就職事情は楽なのかもしれない。 そのくらいでも就職率は50%だそうです。
042-365-9781