リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

手のひら先生のリウマチ相談室ブログ 2012年2月3日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生の治療日誌」と「リウマチの広場(by 手のひら先生)」もありますのでこちらもよろしくお願いたします 。このブログでは日々鍼灸師として、学び考えた事をテーマにしていきます。

本日のテーマ「その後のリウマチ生物製剤の副作用 」

先日患者さんが「先生伯母がリウマチで、数年前から生物製剤を使っているのですが、話に聞くほど良くなっていないそうですよ」と教えてくれました。 リウマチの特効薬みたいに思われたが、当初から様々な副作用を危惧されてきた生物製剤でした。 日本で使われ始めたと思ったらあっというまもなく、多くの病院それもリウマチ専門病院で使われ始めました。 その後の状況はどうなったのか?久しぶりにネットで検索をしてみました。 生物学的製剤による関節リウマチ治療と感染症対策 埼玉医科大学総合医療センターリウマチ・膠原病内科 竹内勤 教授 http://radio848.rsjp.net/abbott/pdf/060908.pdf#search=%27%E7%94%9F%E7%89%A9%E8%A3%BD%E5%89%A4%E3%81%AE%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%27 2006年の調査でやや古いのですが、インフリキシマブ5000症例中副作用は28%、そのうち重篤症例4.3%の報告がありました。エタネルセプトの副作用は30.9%、うち重篤症例6.2%報告されています。 強い免疫抑制作用があるので、当初から懸念されていた高齢者の免疫、特に呼吸器系の感染症が多いようです。 その後竹内教授がアレルギーリウマチシンポジウムでの動画配信されています。これは2007年の報告なので、調査症例もさらに集約された上での報告なので、これも参考になると思われます。 アレルギーリウマチシンポジウム http://www.sympo.jp/070210/movie/part2/05.html なかなか見ごたえのある内容になっています。 統計の内容に際してもよくお分かりになっているようで、慎重にそして過大評価の誤解を受けないよう、注意をされているのは好感がもてます。 リウマチ薬で症状の寛解率が上がっているようです。 リウマチはなかなか辛い病気なので、その症状が取れることは患者さんのQOLが上がることで、それは喜ばしいことです。 しかし現状は尚厳しいものがあり、講演にあるようにさらなる新薬を待たなければ、寛解率も上がらないと言う印象を受けました。 まだまだリウマチそのものの対症療法、根本治療はなおさら難しい状況にあると言えます。
042-365-9781