リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

手のひら先生のリウマチ相談室ブログ 11年10月11日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生の治療日誌」と「リウマチの広場(by 手のひら先生)」もありますのでこちらもよろしくお願いたします 。このブログでは日々鍼灸師として、学び考えた事をテーマにしていきます。

本日のテーマ「イ・ウンミ刺されて死亡 」

韓国ガールズグループのイ・ウンミさん、交際相手に刺され死亡「別れ話切り出され…」 http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110624/ent11062408000005-n1.htm 少し前の事件ですが今日初めて知り驚いています。 韓国MV エインイッソヨ(イ・ウンミ) – YouTube http://www.youtube.com/watch?v=52u9A7Sq0dQ イ・ウンミ – 恋人…います – YouTube http://www.youtube.com/watch?v=Hx3sFd5cmUk 7,8年前彼女の歌声に魅せられて、CDやDVDを韓国から取り寄せたことが有りました。 それまではバラードの帝王と言われている、シン・スンフンのCDは集めていたのですが、彼女を知ってからはそのDVDも購入するようになりました。 日本の上手い歌手の多くが韓国系であることは知られています。 一説には彼らを排除したらNHKの紅白歌合戦は成り立たないとも言われています。 上のリンクで彼女の歌声を聞いたなら、たちどころに彼女の実力が理解できます。 音域声量それとなんとも艶のある声、夢中になりました。 バラードに魅せられたのですが、取り寄せたDVDの映像には彼女がロックを歌っているのには驚きました。 そして舞台では「はだし・裸足」でパフォーマンスをしていました。 釜山港へ帰れのチョーヨンピルさんも韓国ではロック歌手であったことを知れば、それほどの衝撃ではないのですが。 ビジュアルが例えばテレサテンみたいだったら、日本に招かれて今頃大スターになっていたでしょうに。 韓国のマーケットは日本に比べて狭いので、CDでも発売日から遠ざかったものは在庫がほとんどありません。 彼女のCDでさえそうでした。 日本に韓流ブームに乗って次々とグループが日本上陸するのは、自然の流れです。 また実力もありますしね。 でも良く知れば、そのバックには日本の音楽業界も関わっているようなので、案外日本製韓流スターであったりするのではないでしょうか? 興味がわいたら是非彼女の歌声を聞いてみてください。
042-365-9781