リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

手のひら先生のリウマチ相談室ブログ 11年7月15日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生の治療日誌」と「リウマチの広場(by 手のひら先生)」もありますのでこちらもよろしくお願いたします 。このブログでは日々鍼灸師として、学び考えた事をテーマにしていきます。

本日のテーマ「 俳優原田芳雄さん闘病中 」

原田芳雄、車いす姿で試写会出席…映画「大鹿村騒動記」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110712-00000021-sph-ent 日本テレビ「高校生レストラン」松岡昌宏主演を楽しく見ていました。 唐突に父親役の原田芳雄さんが旅に出るという設定に疑問を抱いていましたが、体調不良があったのですね。 誤嚥による肺炎だったようです。 映画試写会には車椅子の出席であったようですが、まずはひと安心なのでしょうか。 3年ほど前に初期の大腸がん手術を受けているようです。 東洋医学では内蔵を陰陽に分けて考えるので、大腸と肺は裏表の関係になります。 大腸と肺の気のバランスを崩すと、一方だけではなく他方にも影響がくるので、気を付けないといけません。 肺の味は辛味とこの前相葉雅紀さんの自然気胸のところで書きましたが、辛すぎる物を食べると大腸が刺激を受け、気のバランスを崩すことになるのです。 免疫を主どるのは、東洋医学では腎と肺とされています。 小腸がメインではあるでしょうが、腸内細菌叢のバランスを崩すことが、免疫低下をきたします。 それはこの大腸と肺の関係を悪化させると言うことにもつながってきます。 原田芳雄さんには早く復帰されることをお祈りしましょう。 ところでワンポイントアドバイスです。 年齢を重ねると食道と気道の切り替えがうまくいかなくなり、むせてしまうことが度重なります。 この予防のために歯磨きをする際、歯茎のマッサージ心がけると良いそうです。他試しあれ!
042-365-9781