リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)のお悩みは「手のひら先生のリウマチ相談室」

リウマチ(リュウマチ)ほか難病治療の実績により
日本各地の患者さんよりご来訪・ご相談を頂いております

お問い合わせ

手のひら先生のリウマチ相談室ブログ 11年7月6日発行

こんにちは、ホームページ「手のひら先生のリウマチ相談室」を運営している、手のひら先生こと長谷川和正です。「手のひら先生のリウマチ相談室ブログ」として、高麗手指鍼治療にまつわるお話をいたします。このほか「手のひら先生の治療日誌」と「リウマチの広場(by 手のひら先生)」もありますのでこちらもよろしくお願いたします 。このブログでは日々鍼灸師として、学び考えた事をテーマにしていきます。

本日のテーマ「嵐・相葉雅紀さん自然気胸治る 」

ヤフーニュース 相葉、1週間で退院「元気になりました」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110706-00000003-sanspo-ent ジャニーズ事務所 嵐のメンバー相葉雅紀さんが、自然気胸が治って退院しました。 60才も超える私にとっては、ジャニーズのタレント名を覚えるのが大変です。 SMAPを覚えV6を覚えたと思ったら、もう嵐と忙しいものです。やっと最近嵐のメンバーの名前と顔が一致するようになりました。 相葉さんが自然気胸を起こしたというので、心配しましたが早くも退院と病状も軽くてよかったですね。 自然気胸の基礎知識 http://www.akiba.gr.jp/tcp/pneumo-pt.htm 嵐のテレビ番組はほとんど見ないので彼を見るのは、志村けんの番組で動物と戯れている場面ぐらいです。 タレントととは思えないふつーの気のいい青年のイメージがありますが、やや元気が足りないかなとも思っていました。 その昔同僚と食事に行ったとき。彼が何にでも辛味のスパイスをかけまくるので、肺を悪くしたことが無い?と聞くと、やはり自然気胸で入院したことがあったそうです。 やはり体型は同じように痩せていて、胸が薄い感じが有りました。また落ち着いているけれど、悪く言えば覇気がない感じが有りました。 自然気胸と原因は不明とされ再発も懸念されるところですが、東洋医学を志す立場からは再発は防げると考えます。 東洋医学の基礎、五行の色体表から肺の性質を拾って見ましょう。 まず色は白です。皮膚の色が白いときは、呼吸器系の疾患に弱いことが多い。 味は辛で、辛いものを食べ過ぎると肺を傷めます。肺と大腸は裏表、激辛ラーメンなどを食べると腸が炎症を起こします。大腸の気が実になると、肺の気が虚になるというわけです。 精は気魄の魄です。肺が弱ると気魄が無くなると言うわけです。 という訳で、肺が健康になるには食に気を付けることがまず大切です。 次に心掛けるのは呼吸です。 呼吸が意外と出来ていないと警鐘を鳴らしていたのが、明治大学教授斎藤孝氏です。 現代人特に子供たちは正しい呼吸法を学んでおらず、これを正すことで成績も簡単に上がることをテレビで教えていました。著書もありますが、その呼吸法は私のものとは合いませんでしたが。 私も呼吸を忘れていることが有りました。指摘されたのは右肺を使っていないよということでした。意外と両肺を使えていない人もいるようです。 入院してベットの上で気がついたのは、「あ!俺呼吸の仕方を忘れている」と言うものでした。正直焦りましたね。死にませんでしたが。 呼吸を改善するには腹式呼吸を取り入れるのが必要です。これによってかなり肺は活性化されるはずです。 最近手に入れた本がありますので、ご紹介いたしましょう。 「呼吸を変えるだけで健康になる」昭和大学医学部教授 本間生夫著 http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2727188 呼吸筋ストレッチと言う、新しい視点での呼吸改善方法です。お試しあれ! 相葉さんには早く元気になってと願いますが、ほかのメンバーを覚えるのも大変ですよ。 二宮和也をニノミヤカズナリと読めるようになったのは、「フリーター家を買う」を見てからです。あとリーダーの大野、松本潤、あと桜井翔さんは夜のニュース番組で知っていました。 年齢が行ってくると覚える速度も遅くなるし、見る番組も限られてくるので大変です。時代の速度に追いつくのも骨が折れます。 このことについて行けなくなったときは老化が始まると思い、頑張っている次第です。 しかし昔のジャニーズ事務所のタレント(ジャニーズ古いなほんと)からたどってくると、SMAP辺りからでしょうか、メンバー全員がかなり個性的であるのは驚きます。 日本の芸能界も成熟して来たのかとも思うのです。 ともあれ浮き沈みが激しい世界、何かと健康を阻害する環境に或わけです。是非東洋医学の視点を取り入れて、頑張って欲しいものです。
042-365-9781